メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 抗がん漢方を考える会02
海食崖さんの投稿

早春賦

海食崖さん
海食崖 さんのブログ[カテゴリ:旅・自然・歴史・風土
2019.2.12 17:09
少し冷たいながら、よく晴れた大阪から、琵琶湖南部の西岸へ
車で四十数キロの道のり
山科を越えると、空がほぼ灰色に
どうもこの辺りに春と冬を分ける結界がある様


ここは守山の第一なぎさ公園
満開の菜の花の向こうは、琵琶湖を挟んで冬装束の比良山とそれに被さる雪雲
ここにも冬と春との境界が


足もとの菜の花が一瞬ぼやけて、雪山に身震いしてしまいます


それでも、若い男女からは、確実に春への足音と希望が感じられます


ここもそう、子供達はいつでも春


大人の男は、先ずは背筋を伸ばし、菜の花を背に、目の前の湖から吹き上がる足元への冷風を受けながら、遠くの雪山に対峙します

晴天下で菜の花と雪山を鑑賞するような人生でもない・・か


お酒の小瓶を買って帰る事に
☆ 福 老(ふくろう)白髪鬼ピエノクレマチスりょうほなっ日記enjoy映画の未来ねこ丸あんちゃん 28人がいいねと言っています
コメント
basyoさん
basyo さんのコメント
2019.2.17 0:59
菜の花の黄色と黒っぽい影の二人と背景の雪山が素敵な所ですね。なぎさ公園という名前も夢があります。
1人がいいねと言っています
海食崖さん
海食崖 さんの返信コメント
2019.2.17 21:51
basyo さんへ

今晩は、コメント有難うございます

この場所を訪れた時に、最初に、全体の景色を彩る人に興味が湧きました
出来るだけ人が大きくならず、全体の風景のちょっとしたポイント風になるように意識しました

どちらかと言うと「なぎさ公園」はごく普通の公園の一つの雰囲気ですが、おっしゃる通り夢があるように感じました
滋賀県はなかなか魅力的です
0人がいいねと言っています
きぃたんさん
きぃたん さんのコメント
2019.2.13 11:03
https://blog.goo.ne.jp/toyopon55/e/427623af0a35d6e83e1ce1b433149404
どうやら富田酒造のお酒のようですね
一度行った事があります。
450年以上の老舗らしい
と言っても300年以上の老舗の浪速酒造が不祥事を起こしていましたけど
古いからと言って良いわけではない
私は近江の酒米の「吟吹雪」のお酒をおすすめします。
それと近江牛がいい
1人がいいねと言っています
海食崖さん
海食崖 さんの返信コメント
2019.2.13 21:48
きぃたん さんへ

今晩は、コメント有難うございます

そう言えば確か以前のブログで、滋賀のお酒を買われた話が紹介されていたのを思い出しました
近江牛も

次回はは、お勧めのひと瓶にトライしてみます
0人がいいねと言っています
ふるちゃんさん
ふるちゃん さんのコメント
2019.2.13 8:21
海食崖さん おはようございます

寒そうな山と春の満開の菜の花の光景はすばらしい!
春はもうすぐそこに・・と言う気持になってきますね。

こちらは小降りですが、今日も雪が降っています。
1人がいいねと言っています
海食崖さん
海食崖 さんの返信コメント
2019.2.13 21:44
ふるちゃん へ

今晩は、コメント有難うございます

長野県にお住まいなんですね
本格的な雪山の麓にお住まいの方からされますと、私の写真はお恥ずかしい次第です

信州にも早く春が来るといいですね

「朧月夜」の舞台になった菜の花畑は、確か北信濃だったように記憶しております
遥かな残雪の山々が、菜の花畑のバックに浮かんでいたのでしょうね
1人がいいねと言っています
✿かれんさん
✿かれん さんのコメント
2019.2.13 4:04
素適な景色ですね。菜の花と雪山。絶景(^_-)-☆。
若者たちの春への期待・
そんな感情が見えて楽しく拝見いたしました。

石田三成のお酒。
飲んでみたいです(^_^)/
1人がいいねと言っています
海食崖さん
海食崖 さんの返信コメント
2019.2.13 21:33
★karen さんへ

今晩は、コメント有難うございます

当日に思いついて出かけてみました
今日この頃の季節感を味わってみようと

来られていた方々の思い想いの動きが、微妙な季節感のなかで生き生きしているのに魅力を感じました

お酒、お好きなんですね
ゆっくり、しみじみ味わってみたいものです
0人がいいねと言っています
★あかね★さん
★あかね★ さんのコメント
2019.2.12 20:18
海食崖さん
   こんばんは。

菜の花畑と雪を被った山々、素敵な光景ですね。

菜の花をみると春はすぐそこ…と思えますね。
1人がいいねと言っています
海食崖さん
海食崖 さんの返信コメント
2019.2.12 23:49
★あかね★ さんへ

今晩は、コメント有難うございます

この時期だけに見られる光景です
早春にはやはり菜の花の黄色が一番合うように思います
雪を被った山々を覆う空が青いといいのですが、雪と雪雲は一体と言った光景が、早春にはふさわしいと納得しています

菜の花はその黄色が温かく感じられ、好きです

今回は冬との対比に「結界」の構成でまとめました
丁度色んな人が附近の光景に同化していましたので、写真にしました
1人がいいねと言っています
涼音さん
涼音 さんのコメント
2019.2.12 20:12
海食崖さん、こんばんは

私はどのお写真も素晴らしいと思いますが、
2枚目の菜の花がぼやけているお写真が一番、気にいりましたよ。
山がすごく近く見えますもんね。

菜の花をみると…春も近いのかな⁉
なんて思ってしまいます。
1人がいいねと言っています
海食崖さん
海食崖 さんの返信コメント
2019.2.12 23:41
涼音 さんへ

今晩は、コメント有難うございます
私も2枚目好きです
冬山の冷たさ厳しさが、まだはっきりしている光景の中での、ぼんやりとした黄色い菜の花の温かさ・・・

その内はっきり写し出され、春本番になるのでしょうね
待ち遠しいです
1人がいいねと言っています
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2019.2.12 20:05
こりゃフォトポエムですね。
素晴らしい詩心。
1人がいいねと言っています
海食崖さん
海食崖 さんの返信コメント
2019.2.12 23:36
コキリコ さんへ

今晩は、いつもコメント頂き有難うございます

晴天の下なら、また別の書きっぷりになったと思いますが、そうでない状況に気持ちを合わせて、直観的にやってみました
自分には合っているように感じました

ご評価いただき、恐縮です
0人がいいねと言っています
一の糸さん
一の糸 さんのコメント
2019.2.12 18:02
詩人やな~
結界の上で演ずる人達を巧みに使っての
早春譜。
強固な結界を破るのは
春一番の嵐か!
1人がいいねと言っています
海食崖さん
海食崖 さんの返信コメント
2019.2.12 23:30
一の糸 さんへ

今晩は、コメント有難うございます

「結界の上で演ずる人」・・・拙い書きっぷりにもかかわらず、当方の意図が伝わったようで、中々嬉しいものがあります
「結界」というわざわざ寺院等でしか使わない表現を、あえて使いました
「大人の男」の所でも「結界に立つ」的表現を入れるつもりでしたが、湖からくる風を入れた時に、忘れて漏れてしまいました
よく、フォローしていただき、有難うございます

これを破るのは「春一番」それも強力な・・・
いいですね
結界破りはレボリューションでしょうか、今のご時世・・
1人がいいねと言っています
りょうさん
りょう さんのコメント
2019.2.12 17:51
菜の花の向こうは冬‼️  でも春を感じさせてくれますね~
原酒じゃあないですか・・・これは、ストレートかロックでも良いですね‼️
1人がいいねと言っています
海食崖さん
海食崖 さんの返信コメント
2019.2.12 23:18
りょう さんへ

今晩は、コメント有難うございます

この時期にはいつもどこかに菜の花を見に行ってます
一面同じ色と言うのが魅力です
どぎつくなくて、いかにも黄色が春の入り口にふさわしい感じがします
一方の冬景色との対比は、人の感情の現れの複雑さをだぶらせてしまいます

お酒は、「石田三成」と言うだけで買いました
原酒かどうかは見ていませんでした
少し棚に飾ってから頂くことにします
多分「真田幸村」でも「伊達政宗」でも買ったと思いますが「家康」は買いません、多分
1人がいいねと言っています
クレマチスさん
クレマチス さんのコメント
2019.2.12 17:32
こんばんは。
もう、こんなに菜の花が!
でも、遠くの山は冬の景色です。
若い二人、子供達、背筋を伸ばして立つ男性、
それぞれ見事に切り取っていらっしゃいますね!

私、石田三成も好きなんです。
彼の機転、彼の忠誠心、彼の差別亡き心。
大谷吉継との茶室での一件は心に沁みました。
1人がいいねと言っています
海食崖さん
海食崖 さんの返信コメント
2019.2.12 22:32
クレマチス さんへ

今晩は、コメント有難うございます

今日12日に行ったのですが、湖岸沿いは菜の花で埋め尽くされていました
そして比良山系の雪模様
本当は青空のもとでその対比を見たかったのですが、中々赴くタイミングが許してくれません
むしろ曇天の寒空が雪をかぶった山々とともに、春へのあこがれを容易に許さない季節の重みを感じ、これはこれで十分自身では納得しています
当方が現地にいたのは僅か30分ぐらいだと思いますが、年齢、性別、グループ等様々な人々がこの光景を感じ取り、各自がその中に同化していく様を感じました

石田三成・・お好きですか
近年、とみに人気が増しているようです
絶命する瞬間まで、生きる希望を失わなかったと聞いています
彼の居城である佐和山城はここからさらに北側で、賤ケ岳の近くにその城跡が残っています
この辺りは、浅井長政の小谷城もあって、中々興味の尽きない所です
1人がいいねと言っています
白髪鬼さん
白髪鬼 さんのコメント
2019.2.12 17:24
はや春だな~。
美味そーだな~。
  良い夢見るだろうナ~。
1人がいいねと言っています
海食崖さん
海食崖 さんの返信コメント
2019.2.12 22:12
白髪鬼 さんへ

今晩は、コメント有難うございます

周りに見えるものは、徐々に春めいてきているように思います
春への変わり目や夜明けは、心を前向きにしてくれます

季節の変化を楽しんでください
1人がいいねと言っています
人気記事