メニュー
ゲストさん
鳥のようにさんの投稿

疑問の多い1枚 (鳥と犬)

鳥のようにさん
2019.3.16 9:50
先日の西条市加茂川河川敷で↘️
[画像は削除されました]
10羽±のセキレイの群れに四頭の犬が乱入、その様子を撮ろうとレンズを向けたけど、ファインダーからは見えず帰ってパソコン画面で確認して…
犬4頭中2頭は右にフレームアウトして写って無い、画面下側、茶色の犬の前方にどうも倒れた様に見えるセキレイ1羽驚いて腰でも抜かしたのかな?この後茶の犬が更に襲い掛かったのかは記憶無し、画面左端の下側に4羽のセキレイが画面左側を向いて別段犬から逃げようとしている様子では写ってない、
疑問① 犬に首輪が無い 野犬化した犬なのか? 毛艶は良く皮膚病などの様子も見受けられない、場所は中洲で散歩中に放された犬だとするなら、手前の膝位までの流れを渡って来たのか、普通散歩だとリードは外しても首輪は付けたまんまで放すだろうに?
疑問②茶の犬の前方のセキレイは驚いて固まってしまってる? 最初の一撃で傷付いてしまった?この後茶色犬は更に襲い掛かった記憶はない、 犬も鳥を食べるかなぁ? 戯れる積りで襲った? もし野犬で空腹なので食べようとして襲った?
疑問③画面ひだりしたの4羽のセキレイは何故逃げようとしない? これはシャッター速度が速かったから直後に飛んで逃げたのか不明

私は折に触れ口にするけど愛鳥家でも動物愛好家でも無い、自然界の営みを眺めている事が好きなだけ、だから介入もしない でもその様な場面に遭遇しないに越した事はない、彼らには彼らの掟があって、そうして営み続けている、ただヒトツ言える事は真冬の積雪時など食べる物も無くなり小鳥もお腹を空かせて気の毒だ、こんなのは愛護とかじゃ無くて助け合いお互い様なのだから…
愛護などと云う言葉は好きでは無い、其れこそ人間の思い上がり だと私は思っている。
憎まれ口^_^
クレマチスシーホースメフィスト飛翔hirohiroしょうく涼音 たぬきとんとん百獣の弱虫 15人がいいねと言っています
コメント
コキリコさん
コキリコ さんのコメント
2019.3.16 21:36
山崎川ではノラは完全に鳥をエサとして狙ってます。
野犬はいないからわからないが、我が家の飼い犬は鳥を狙ったことは
ほとんどありませんね(庭で放し飼いしてた)。

アオサギがカルガモのひなを飲み込んでる動画もあるし、モズが
雀を襲うこともあるし、カラスがスズメを食べてた現場を見たことがあるし、
それも含めて、任せておくしかないのでしょう。
1人がいいねと言っています
鳥のようにさん
鳥のように さんの返信コメント
2019.3.16 22:30
こんばんは
山崎川でも色々驚くような事が起こっているんですね^_^
自然界は見ていて驚き、感動、疑問の連続ですよね
私は鳥を狙ってる猫に石を投げてる人間を見ました、
それも自然界の一部かな^_^
0人がいいねと言っています
topkatさん
topkat さんのコメント
2019.3.16 17:40
鳥のようにさん、こんにちは。

何があったものか・・、犬も鳥も生きるのは大変。

うちの可愛いアルバちゃんだって、目の前で動くもの、特に鳥や猫を見ると狂ったように反応しますよ、幸いにまだ傷つけたりしたものはないけれど、犬の本能ですね。

そういえば昔飼ってた猫はよく野鳥を捕まえては見せに来ました。
自慢げにしてたんだけどもちろん叱ってましたよ、でも、私の知らないところでは食べてたんだろうな・・キット。

いつか沼の畔を歩いる時、二三羽の生まれたばかりのヒナを連れたお母さんカモがいたので、カメラを構えてたら、急に飛んできたカラスにヒナの一羽を咥えて連れ去られてしまったのです。
もちろんお母さんカモは右往左往してパニックになったけれど、私は他のヒナたちもカラスに取られはしないかと冷や冷やしましたよ、何にもしてあげられなかったのは気が咎めるけど、人間は介入することではないし・・、写真も怖くて撮れなかったです。
1人がいいねと言っています
鳥のようにさん
鳥のように さんの返信コメント
2019.3.16 20:08
こんばんは
自然を自然の儘に受け容れるしか無いですね、ただ犬と猫は微妙ですが、野に捨てられた犬猫、飼われている犬猫で見方や考え方が変わるのかも知れませんね、でも本能なのだから咎められませんよね、動物の本能と人間の本能は種類の違うものだと云うのにも矛盾が有りますね、我々は鯨を食べて来ましたから、しかし諸外国で受け容れられない現状、私は持論として鯨は止む無く感謝を持って頂く 、牛肉、豚肉、鶏肉何か蛋白質を得て世界は生きている訳ですから計画的捕鯨には肯定的です恥じる行為では無い、野菜も花にも命は宿っている、共存という事の本当の意味も人類のエゴで捻じ曲げられて、諸開発で彼等の生活の場を平気で奪っています、先住の少数民族も同じ事、生活の場なんて与えたり与えられたりするモノでは無く、理想は相互に介入しない事の方が大切ですよね、でも宇宙的な規模で考えるなら動植物の進化の過程として人類という種に滅ぼされ絶滅してしまった種と捉えるのかな?あ私の動植物と言うのには人間も勿論含まれて居ます^_^ 子孫を育てそれを守る行為は動植物全てが行う行為ですもんね。
どうも訳の分からぬ事を…申し訳ないです。
1人がいいねと言っています
 たぬきさん
たぬき さんのコメント
2019.3.16 11:22
犬 4頭とも 首輪が ないのなら 問題ですね 
保険所へ連絡しなくちゃ  
1人がいいねと言っています
鳥のようにさん
鳥のように さんの返信コメント
2019.3.16 11:55
こんにちは
1週間ほど前の旅先の事なんですよ、4頭とも首輪無いですね〜

たぬきさん ずーっと以前にどんな理由かは忘れてしまったのですが、散歩の途中で何かを見かけられて どうすれば良いのか悩んで居られるブログがあったように記憶があるのです、どんな事だったかなぁ?と今フト思い出しました^_^記憶違いなら御勘弁を。
0人がいいねと言っています
 たぬきさん
たぬき さんの返信コメント
2019.3.16 14:16
いいえ 記憶違いではありません 
2件ありました 
1つはハクチョウの 片方の羽の骨が むき出しになっているのが 見られたこと 
もう一つは オジロワシの 背中に ボーガンの矢のようなものが 刺さっているのを見たこと 

写真の管理がされていないので いつのことだつたか探し出すのは 無理ですが 
2件とも 写真は撮ってあるのです 

白鳥の件は 日本野鳥の会へ連絡しましたら そういうことは 役場へ連絡してくださいと 返事がきました  
1人がいいねと言っています
鳥のようにさん
鳥のように さんの返信コメント
2019.3.16 15:00
思い出しました!オジロワシの背中にボーガンでした
今でもボーガンの悪戯が時々報道されますね、捕まえて同じ事をしてやれば なんて思いますよ。
1人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんのコメント
2019.3.16 10:43
犬の首輪がミラrないのは不思議?
鶺鴒はピョンとする動作がいおおいから、その瞬間かな?。
瞬時の絵は不思議が多いですね。セキレイ、無事にチョンと飛んで行ったのではないかな。
1人がいいねと言っています
鳥のようにさん
鳥のように さんの返信コメント
2019.3.16 10:54
こんにちは
そですねセキレイってピョコピョコしますもんね、連写外して居たから前後は不明なんですよ
そうですよね犬には捕まらないと思います^_^
あと犬が何処から来たのか?です。推理するしかないですね。
0人がいいねと言っています
hirohiroさん
hirohiro さんのコメント
2019.3.16 10:13
ワタシも同じですyo
1人がいいねと言っています
鳥のようにさん
鳥のように さんの返信コメント
2019.3.16 10:49
おはようございます、こんにちはかな?
後同感有難う御座います。
0人がいいねと言っています
クレマチスさん
クレマチス さんのコメント
2019.3.16 10:02
おはようございます。
言われてみれば、不思議な光景ですね。
リードは外しても、首輪はしている筈です。
でも、綺麗で野犬には見えないし、野犬がそうそう
現れるご時世でもありませんし。
どこかのペット業者が、放置した?
犬の前方の小鳥が、逃げられますように!
やはり、小さくて弱いほうに味方してしまいます。
でも、巣から落ちた野鳥を保護してはいけないそうですね。
そんな場面に遭遇しない事を願っています。
1人がいいねと言っています
鳥のようにさん
鳥のように さんの返信コメント
2019.3.16 10:43
おはようございます
ね〜変ですよねー
また 小さくて可愛いと徳ですね〜^_^
徳って事もないか?逃げられれば良いのにって味方が増えるし小鳥も心強い♪
巣から落ちて人間が巣に戻してやっても親はもう育て無いのだと聞きました
瓢箪長屋の人情とはまた違うようです^_^
木ノ実も落ちて今頃になると ってまだ木にも残った実があるけど 今期初ツグミが裏の地面に降りてきました^_^
1人がいいねと言っています
人気記事