メニュー
ゲストさん
セキサン2さんの投稿

名残りの里花たち

セキサン2さん
セキサン2 さんのブログ[カテゴリ:里の花木たち
2019.5.4 10:42
雷注意報が出ているが天気は晴れ、
日中の最高は25℃というから、昨日同様、汗ばむ「夏日」がつづきそうである。

そんな今朝も、出がけの13℃にヒンヤリ感を覚えながらいつもの池畔を歩いて名残りの里の彩をウオッチングした。

   ○竹秋が進む池畔の奥には薄っすらと立つ水蒸気を見た 
   ○道中でチョイスしたクレマチスたち 
   ○出会った白いオダマキとアザミが珍しい! 
   ○ブッシュで目を引いたのはアブラギリとノイバラ、白い小花のツユクサだった
 
   ○最後に寄った極楽寺のナンジャモンジャと再登場のヒメヒオウギアヤメ 
                ※ウオークメモ:7,977歩の5.97km
       
信々亭しょうくまるえシーホースtetsuo たぬきふぐのひれ酒諒観 8人がいいねと言っています
コメント
セキサン2さん
セキサン2 さんのコメント
2019.5.4 17:42
いいね! をくださった皆さん
      ありがとうございました。
0人がいいねと言っています
 たぬきさん
たぬき さんのコメント
2019.5.4 15:30
こんにちは

こちらには 竹がありませんから この時期に葉が黄色くなるということは知りませんでした 

散歩の道すがら いろいろと花が 見られるのですね 

こちらでは 道路に面したお花畑が見られない(今のルートでは)ので 野生の野の花以外は 見られないですね 
0人がいいねと言っています
セキサン2さん
セキサン2 さんの返信コメント
2019.5.4 17:39
ようこそ!

自然の営みって大したものですよね。
竹さえも、わが子(筍)を育てんと自らの葉を振るい落とすんですから・・・
私たちはこの現象を”竹の秋”とか”竹秋”と呼び、秋の紅黄葉と同様に季語として下手な俳句づくりに励むんです。

有り難うございました。
1人がいいねと言っています
人気記事