メニュー
ゲストさん
slownetSP_H02
しょうくさんの投稿

川崎大師まで行ってきました

しょうくさん
しょうく さんのブログ[カテゴリ:しょうくの鶏肋日記
2019.5.16 6:50
5月16日(木)
 今朝窓際温度計は、19℃、湿度63%、高曇り。さて雲が切れて青空がのぞく可能性がある空模様、昨日は雲の切れ目が見受けられたのだが、今朝は一面うすい雲に覆われている。


 先日ちょっと思い出して、浮世絵のフアイルを引っ張り出したら、フアイルは、川崎から箱根まで、神奈川県内の五十三次の絵を集めたものだったことを思い出し、そのトップ、川崎宿の絵など眺めていたら、川崎大師正式には、金剛山 金乗院 平間寺。厄除けで有名ですね、たしか10年くらいお邪魔していない、旧東海道のガイドなどして、川崎宿だけでは、というときに、足を延ばしていったことが何度かあるし、さらに午後遅くまでみたいな人には、味の素の工場見学などと絡めたりしたが、近ごろ全くご無沙汰でしたので、思い立って行ってきました。

 大抵は、川崎から歩いて行ったことが多いのですが、今回はちょっと楽をして、大師線で参道の前まで、そこから、ブラブラ歩き。

 ちょうど天気は良くなってきて、青空がのぞくし,快適な歩きで、門前町を歩き、おおきな山門まで。

境内はほとんど変わっていないが、流石に昨日あたりは参拝の方は少ない、しかも朝10時ちょっとすぎですからなおさらでした。

 ここへ来たときは、あまり知られていませんが、奪衣婆の石像があるので、しばらくぶりのご挨拶と思ってゆきかけたら、なんと百観音、お砂場歩きができていました。

 日本百観音、西国三十三か所、東国三十三か所、これに秩父の三十四か所を合わせて100観音、実はだいぶ時間をかけてですが、私は本物を全部あるたことがるので、まあ今回はらくらく、100観音を歩いてしまいました。
 もちろんここから数分もかからない、奪衣婆様にもお参りして、ご無沙汰を許してもらいました。

 百観音の脇の大きな池で、アオサギ君が片足立ちで、悠然としていました、昔といっても10年ほど前のことなど思い出して、公園やら近くのちょっとおもしろい神社など歩いてが、ど、そこの話は明日にしましょかね。
 さて、今日はどこらあたり歩くか多分家の近くをぶらぶらで済ませてしまうでしょう・・・。
飛翔信々亭ほなっ日記涼音ラベンダーコキリコクレマチスシーホース流星 たぬき 18人がいいねと言っています
コメント
 たぬきさん
たぬき さんのコメント
2019.5.16 10:57
こんにちは

1本足立の足元に 大きな魚がいますが 
これだけ大きいと アオサギも 餌とは思わないのですね  
0人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんの返信コメント
2019.5.16 13:46
アオサギも、こんな大きな緋鯉だと多分まったく食欲わかないのでしょうね。
まったくの知らん顔でした。緋鯉にすれば厄除けの大師様様?。
1人がいいねと言っています
ラベンダーさん
ラベンダー さんのコメント
2019.5.16 8:26
つい先ごろ川崎大師に行って来ました。
連休最後の日でがら空きでした。

凄いですね、百観音を歩かれたとは!
ご利益あったでしょう^_^v

アオサギ池の鯉を狙ってるのかな?!

御朱印も貰う為もありましたが
変わらずトントコ飴はやってましたね。
1人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんの返信コメント
2019.5.16 8:38
だいぶ長い事、お大師さんご無沙汰してたので、変わっているのには驚きました。
咳除けのトントン飴、人形が店番してました。
1人がいいねと言っています
ほなっ日記さん
ほなっ日記 さんのコメント
2019.5.16 7:52
なかなかの快晴に
訪ねた景色が ええでんなぁ
ちぃーと時間が 遅くかもねえ

  うんうんつ
1人がいいねと言っています
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2019.5.16 7:02
そう言われましたら、あの旅枕五十三次に準ずるご本を「川崎どまり」となったままで、読み進めなくっちゃなりません。[画像は削除されました]
1人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんの返信コメント
2019.5.16 8:36
川崎の宿場、多摩川を渡ることができないときの宿場とも言えそうなところです。
お江戸の頃は、橋はなく、渡し船か、船を並べた浮橋かだったようです。
明治天皇の東上のときは、船を並べた浮橋だったようです。
江戸の末期は、宿場はあまり盛んでなくて、本陣もだいぶ貧乏になっていて、外人も本陣は避けて泊ったようです。
0人がいいねと言っています
人気記事