メニュー
ゲストさん
京都リカレントステイ
とんとんさんの投稿

やっちゃんを偲ぶ会

とんとんさん
2019.5.18 19:56
今日は、昨年11月28日に亡くなった
ピアサポートの活動仲間だった、やっちゃんを偲ぶ会だった
11時から、水道橋の、難病ネットの事務所で15人が集まった

提案して下さった方が司会進行
まずは、最初にやっちゃんと出会った先輩が、透析のための病院への外出の他は家に居たと思うやっちゃんを、誘って外に連れだして下さったこと

聡明なやっちゃんは、本当に気働きの出来る人で、何を頼んでも出来ることは完璧にこなしてくれたという

そして、ピアサポートの活動が始まったとき、私は親ではなく患者本人だからという立場をいつも先にことわってお話しになった

今日の参加したピアの仲間の中でも、やっちゃんという人を通してうちの娘が思っているだろうことを聞き納得出来たことが幾つもあったと言われた

娘さんとやっちゃんが話をしてくれて、とても解り合えて良かったと言う方も居た

私の知らないところで、やっちゃんは多くの人の親の思いと患者本人の思いを共通なものにする手助けをしてくれていたことが良くわかった

成育医療研究センターでピアの活動をしていたとき
やっちゃんは、月水金と透析に来ていて
金曜日のピアの所に顔を見せてくれていた
私たちも、金曜日にやっちゃんに会えるのを楽しみにしていた

透析の病院が変わることになって、今度は火木土が透析日になったとき、金曜日にはお当番に入れるからと一緒にピアのテーブルに着くことができた

今日のみんなが、お食事をしたり、美術館に行ったり、白州のあおぞら共和国にお泊まりしたりした話の中

私は、浅草の虎姫一座の、ゆめまち劇場の虎姫の最後の日に誘って初めて見たこと
その後も、六本木公演、今の浅草のカフェシアターと何回か虎姫一座を見に行ったこと
虎姫のあきら君が好きと言っていたこと
心魂プロジェクトにも行ったこと
そこで知った、つかっちのライブにも行ったこと
そんな楽しみを持ったことをお話し出来た

美味しいお弁当を頂きながら、お菓子がたくさん有ったのは、今日の日にどうしても来られないからと言う人が送ってくださったお菓子だそうで、みんなの思いがとても良くわかる

途中、スライドショーでやっちゃんの写した写真や参加した食事会、白州の様子などが流れて、お茶目なやっちゃんにみんなニコニコして見た

2時間はあっという間で、最初と最後は、お母さんのような存在だったねと言う方に話して頂き

やっちゃんは、最後まで、ピアサポーターの現役だった
会の催しに行けなくてごめんなさいと病院のベッドからメールを打ちながら
ピアサポートを辞めるとか言うつもりはなかったし、今もみんなとここに生きていると
そしてここにみんなが集まってお話し出来る機会をこうして作ってくれたねと・・・

最後に色紙に寄せ書きをして、お母様に届けてくださるということで帰って来た

水道橋から帰りながら、東京に出たらいままでならどこかに寄り道したのに,まっすぐ帰るしかない、体力が落ちたことを自覚しながらなんとなく残念^^

やっちゃんは私と一回り違ったから、53歳で亡くなってしまったけれど、みんなに大切に思われて、ほんとに素敵な人だった,きっと幸せだったよね、と私は思っている
飛翔流星 2人がいいねと言っています
コメント
人気記事