メニュー
ゲストさん
slownet_バナー_190527
一平塾塾長さんの投稿

7月13日(土)の日暦は『ぼん迎え火』

一平塾塾長さん
2019.7.13 1:11
7月13日(土)の日暦は

心(しん)

七赤金星の中段吉凶は『さだん』
六曜星は仏滅ですが大吉日となります

神仏を祀り又は旅先きより帰宅或は吏人の御用先きより任地に帰るなど大吉日なり
但し家屋の造作又は縁組等には大凶なり 是を犯せば禍ひ来たる
又この日埋葬すれば大難あると云ふ慎むべし

本日は神仏をお祀りするなどに良き吉日となっております
お近くの神社仏閣へお出掛けになられてみては如何でしょうか
又御自宅のご仏壇・神棚、そして心の内にての合掌も充分な信心のうちとなります

中段吉凶におきましては「婚姻其の他万事定むるに良き日、旅行凶」と
なっておりますが、さだんには「物事を見極める」と云う意味合いも
含まれておりますので暦における禁忌事は確実に避けてください

本日は 『ぼん迎え火』 となっております

『迎え火』とは御精霊様をお迎えするために焚く火の事です

その昔、お釈迦様は草で編んだ寝床に病人を寝かせて治療を施されたという言い伝えがあります
この寝床に使われた草がイネ科の多年草である>『真菰(まこも)』です
その事から『真菰(まこも)』はお盆で供物とともに飾られる盆ござの材料として使われるほか
この『迎え火』でもまた真菰(まこも)を乾燥させたものが使用されるようになりました

一般的には家の玄関の前などで「こちらですよ」という目印の意味を込めて13日の夕刻に焚く場合がほとんどですが
地域によって風習は様々で、迎え火を焚かず盆提灯をもってその変わりとする事もあるようです

また行われる時期も異なります

7月ではなく一月遅れの8月13日に行うものを『月遅れ盆迎え火』と呼びますが
むしろ全国的にこちらのほうが主流となっているのは皆様も御承知の事かと思います

お盆時期である7月・8月は、御先祖様を偲び御霊をお祀りする事を通して亡き方々と語らう
特別な時期とも言えそうです

『先祖は根、子孫は枝葉、御先祖の根を大切にしてこそ子孫の枝葉は栄え、身の宝となり、家の繁盛となる』

本日も『朝に合掌ゆうべに感謝』の御心を忘れず和顔穏心にてお過ごしください

                   合掌
ほなっ日記真実一路ハーモニーマイペース織田 照ゆらり諒観ジャム 8人がいいねと言っています
コメント
人気記事