メニュー
ゲストさん
しょうくさんの投稿

心太・・・トコロテン

しょうくさん
しょうく さんのブログ[カテゴリ:しょうくの鶏肋日記
2019.7.25 6:58
7月25日(木)
 今朝窓際温度計は、27℃、湿度79%、高曇り、どうやら梅雨明け近し、まだ曇った空だが、雲が高い、昼間は陽が射してくる予感の空。
 昨日は女房が出かけてその間留守番というわけではないが、昼過ぎまで家で原稿などの整理、昼過ぎに少しだけ近所の散歩。暑い。

あまり川風も上がっては来ないのだが、川縁を歩くとやはり少しだが涼しい感じ、アオサギ君が暑そうにしかし水辺だからちょっと気持ち良いよ、そんな格好で歩いて行った、暫く立ち止まって見ていたら、警戒したのか飛び去った。
ところてん、漢字で心太と書くのだが、どこまでが、トコロ・どこまでテン、そう聞きたくなりますな。
海藻から作られるので、カロリーがほとんどなくて、案外喜ばれる食品ではありますね、このつるりとした食感が暑さを払うということでしょうか、酢と醤油でさっぱりしますね。
 平安時代には、古留毛波(コルモハ)といって、心太という字があてられ、ココロブトと呼んでいたのだという。そしてこの俗称が残って、ココロブト、ココロタイ、ココロテン、トコロテンとなっていったのだとか。

 女房殿の、ヒマつぶしと古布の活用で、こんな布草履を作ってます、近くの雑貨屋さんなどに差し上げ、案外喜ばれているようです、以前は相当頑張って作っていたのですが、やはり年には勝てず、気が向いたとき、古い布団の布などを使ってコツコツやっています。実は夏場は私の部屋の中の上履きとしてけっこう愛用しています。

そろそろクチナシの花も終わりに近づいています、八重のもので、それでもこのドンヨリとした中では、心を慰めてもらっています。
 いよいよ夏本番、間もなく梅雨も明けて、大汗をかく時期が迫ってきています、今日はしばらく長く歩くのをさぼっていたので、一寸遠くまでしっかり歩いてこようかなと思ってウィます。
 
ミソハギもそろそろ終わりに近い、今年も結構きれいに咲いてくれました、夏はヒマワリの季節ですね、相模川の岸辺のひまわり畑は、8月早々に行くことにして、今日はどこか近場で、名残りの蓮の花など、水辺を探しながら歩いてきましょうかな。
どんな花に出会えるか、日射病などにならぬよう気を付けながら、ぶらり歩きを楽しんできます。
彦左ほなっ日記メフィスト百獣の弱虫飛翔セキサン2シーホース信々亭 たぬきふぐのひれ酒 15人がいいねと言っています
コメント
 たぬきさん
たぬき さんのコメント
2019.7.25 10:48
こんにちは 
そうですか 古布で 草履ですか 
私が子供のころ 母から トウモロコシの皮を乾燥させたもので 草履を作ることを教わりました 
履き心地の良いものではなかったですね 

それを 冬休みの 工作の宿題で 提出したのですが どうしたわけか戻ってきませんでした   
0人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんの返信コメント
2019.7.25 14:55
古布じゃなくて、トウモロコシの皮も快適でしょうね。
藁草履より軽そうですね。
0人がいいねと言っています
ぎ~やんさん
ぎ~やん さんのコメント
2019.7.25 7:03
布草履は、昔ふうの畳の部屋には不向きですが、板張りの部屋には重宝なものです。
0人がいいねと言っています
しょうくさん
しょうく さんの返信コメント
2019.7.25 14:53
板の間が多くなった近頃の家では、快適です。
スリッパより涼しいですよね。
0人がいいねと言っています
人気記事