メニュー
ゲストさん
gran-Paさんの投稿

戦争、記憶、無関心・・若い連中

gran-Paさん
gran-Pa さんのブログ[カテゴリ:気まぐれ・・徒然思い
2019.8.16 8:42
小市民、1944年生まれ、戦争も知らず貧しさはあったが平和な中で育った、今は無き父は軍人で、小市民も旧満州生まれ、父も戦争の事を話すこともなく世を去った。
何も知らない小市民は知らない、無関心、ではいられなかった、そして調べ自分なりに知識を得、先輩友人たちといろんな議論をした・・・現在の若者たちと根本的に違うところだと思う・。
15~6歳の時には安保の議論も、学生の頃には学生運動にも・・・・。
そのころにはSNSのようなものも存在せず、新聞、書籍などで『知識を得る』ことが普通だった・・・。
今のように情報も多く努力しなくとも本当か嘘かは別にしても情報はなだれ込んでくる時代ではなかった。
今はその情報を自分なりに分析し考えることがことさらに重要な時代であるのに『関心がない』『選挙に行かない』『興味がない』・・で済まそうとする連中を小市民は《全く理解できない》・・でいる。
そんないろんな事象が虐待、いじめなど『人は人として』思う、敬うような思いが欠落した人ができるのではないか・・・と昨今のいろんな事件事故を見るにつけ思うようになってきた、《人とは考える》動物なのだ・・。
考えることをしないと無防備に流されてしまう・・危ないな~~~~と・・。
終戦記念日だ、との感覚を持つことは出来ないがニュースを見聞きしていてふと思った、古いのかな~~・・・。
しょうくgrahamsロメオホープ✿かれん白髪鬼ほなっ日記真実一路 8人がいいねと言っています
コメント
白髪鬼さん
白髪鬼 さんのコメント
2019.8.16 16:25
70年安保の頃、、、懐かしいです。
 就活中 NHKでアルバイト、電源コード担ぎで国会前にいました。
  一面 ブルーの道、、、機動隊のヘルメットで埋め尽くされていました。
    当日は 終電に間に合わず、、世田谷まで歩いた、、、。
     樺さんが 無くなった事を知ったのも2~3日後だったと思う。
       いや~~~~昔の事を思い出す~~~~晩期高齢者。
1人がいいねと言っています
みやこびとさん
みやこびと さんのコメント
2019.8.16 11:06
 私は団塊の世代で、70年安保ではおとなしくデモしているのに、機動隊員に足を蹴られたことがあります。
 ネットは30年ほど使っていますが、このところ憲法について保守と革新が入れ替わった辺りから、フェイク、ヘイトが増えて困ったものです。
1人がいいねと言っています
おーさん
おー さんのコメント
2019.8.16 10:02
自分の将来を他人に委ねてしまうのは、確かに良くないと思います。
そこは自分なりに考えるべきでしょう。
1人がいいねと言っています
人気記事