メニュー
ゲストさん
ようちゃんさんの投稿

「19/8/17放送分あなたに捧げる歌・加藤登紀子」兵庫県高齢者放送大学のお話です。

ようちゃんさん
ようちゃん さんのブログ[カテゴリ:学習
2019.8.27 15:29
「19/8/17放送分あなたに捧げる歌・加藤登紀子」兵庫県高齢者放送大学のお話です。

私のブログ等に、次の書き込みをしました。


*講師:加藤登紀子
 1943年12月27日ハルピン生まれ
 1965年東京大学在学中に第2回日本アマチュアシャンソンコンクールに優勝して歌手デビュー
  「ひとり寝の子守唄」「100万本のバラ」「知床旅情」などのヒット曲
 東日本大震災後に震災地を度々訪れ復興支援コンサートを行った
 最近のCDリリースは6枚組「あなたに捧げる歌」

 近著
「運命の歌のジグソーパズル」


 *2018年12月27日3回目の25歳の誕生日を生まれ故郷のハルピンで迎えました 家族11人引き連れて零下20度以下のハルピンで誕生パーティーをすることにしたのです。
人生は4幕目に突入 これまでの人生のあれこれは4幕目のための伏線
わたしの生まれた1943年12月は太平洋戦争の敗色濃厚の年の瀬 歌手デビューしてからこの秋で55年目に入るが 600曲くらい歌ってきましたが不思議なほど 生まれた故郷との縁で結ばれている 「知床旅情」を作詞作曲した森繫久彌さんは満洲で放送局でアナウンサーをしていた 森繫久彌さんはあんたの声はあのツンドラの風の冷たさを知ってる声だと言われた 50周年には「百万本のバラ」の生まれ故郷のラトビアでコンサートを開きました 人生4幕目の今年は「Love Love Love ~愛の4楽章」と題してコンサートを開きました
「あなたに捧げる歌」はこのままの気持ちたくさんの出会いに感謝を込めてつけました。これからも出会いを大切に歌っていきたいと思います。


*みなさま ぜひお聞きになってくださいませ。



 *放送ライブラリー:https://www.hyogo-ikigai.or.jp/ikigai/radio/library.html
「2019年8月17日 放送分 あなたに捧げる歌 加藤登紀子」をクリックします




 *190817放大テキスト・あなたに捧げる歌・加藤登紀子


 *私の感想文です:メール投稿しました。19/08/17放送・あなたに捧げる歌・加藤登紀子先生  「加藤登紀子さんとの違い」 高木義治 80歳 加藤登紀子さんは1943年生まれ わたしは1939年生まれ の 4つちがいの いわば 同期生 ただ 生まれたところが大きく違う 加藤登紀子さんはサハリン 生きるために大脱走の苦労が伴った わたしは 大阪から近江八幡に疎開して のほほんと終戦を迎えた  環境が人を育てるというが 加藤登紀子さんは 苦労したからこそ大きく育ったのだろう わたしは兄弟も多かったので何の苦労もなく育った。 わたしは生かされてる と思っています。何度も命を落とすようなことがあっても 80歳の現在も生きている 生かされてる 恩返しは山歩きのグループ活動や 旅のアシスト 南京玉すだれ等で みなさまにすこしでも楽しんでいただこうとの思いで今年も中央スクーリングに泊まり込みで夜のお楽しみ会 朝のラジオ体操と珈琲タイムをお世話させていただきます。




*ありがとうございます。

ほなっ日記 1人がいいねと言っています
コメント
人気記事