メニュー
ゲストさん
NHK学園生涯学習_02 slownet_バナー_190527
 

送料無料や映画見放題のAmazonプライムが値上げ!1,000円の値上げで4900円に。それでもお得!

アマゾン・ジャパンは2019年4月12日、Amazonの有料会員サービスである「Amazonプライム」の年会費を3,900円(税込み)から4,900円(税込み)へと値上げすることを発表しました。
合わせて月額会員の月額料金を400円(税込み)から500円(税込み)へと値上げすることとなりました。

しかし、年会費または月会費を支払っても安すぎる! という声が多数。

Amazonプライム会員ではどのようなことができるのでしょうか?
また、本当にオトクなのでしょうか?

おすすめのAmazonプライム会員になると何ができる?家族会員アカウントって?

おすすめのAmazonプライム会員になると何ができる?家族会員アカウントって?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

「Amazonプライム」をご存知ですか?
アメリカでのプライム会員は約9,000万人で、アメリカ人の4人に1人がプライム会員に加入しているそうです。
日本におけるAmazonプライム会員は約300万人から600万人ほど。
全世界ではおおよそ1億人がAmazonプライム会員になっているようです。

そんなアマゾンプライムの会員料金は日本だと年会費3,900円でした。
しかし、アメリカやイギリス、ドイツでは1万円を超える価格に設定されています。
サービスは年々拡大していくのに、日本だけが異常に安い会員料金だったのです。

年間4,000円近くの会員料金を払うメリットはあるのでしょうか?
プライム会員になることで、以下のことができるようになります。

  • Amazonプライムビデオの無料視聴ができる
  • Amazonミュージックで音楽を無料で聞ける
  • Kindleが無料で読める
  • 配送料無料・時間指定無料などが可能になる

といったサービスを受けることができるのです。
普段利用していない人からすると、どのくらいお得なのかイマイチピンときませんよね。
詳しいプライム会員の特典は次の項でご紹介していきます。

ここでは家族会員についてご紹介します。

家族会員として、プライム会員本人以外にふたりの同居の家族を登録することが可能です。
家族会員はプライムサービスの一部を受けることができます。
受けられるサービスは「お急ぎ便無料」「日時指定無料」「特別取扱商品の取扱手数料無料」「先行タイムセール」「Amazonパントリー」の5つ。
Amazonプライム本会員よりはサービスのグレードが落ちますが、それでも通販サイトとしてAmazonを利用する方なら嬉しい特典だといえるでしょう。
本会員に登録した場合は、ぜひ家族会員も登録してみましょう。

Amazonプライム・ビデオで映画が見られたり、プライムミュージックで音楽が聴き放題!驚きの特典とは?

Amazonプライム・ビデオで映画が見られたり、プライムミュージックで音楽が聴き放題!驚きの特典とは?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

さて、ここからはプライム会員は具体的に何ができるのか?
年会費に見合ったサービスなのか? を詳しく見ていきましょう。

Amazonプライム・ビデオとは?

Amazonプライム・ビデオは約7万3,000本の映像を見ることができるサービスです。
このなかでプライムの対象となっているのは2万5,000本ほど。
つまり、2万5,000本の映像コンテンツを無料で視聴することができます。
他社の映像サービス、dTVやFOD(フジテレビオンデマンド)、Netflix、U-NEXTよりも低価格なのが魅力です。
もちろん、他社のサービスは価格が高い分、配信タイトル数が多かったり、無料で見られるビデオの本数が多かったりします。
しかし、Amazonプライムビデオの場合は、無料視聴が「おまけ」のようについてくる点が魅力的です。

Amazonミュージックとは?

100万曲が聴き放題なのが「プライムミュージック」。
気分や活動に合わせたプレイリストで音楽が再生できたり、ラジオ配信を聞くことができたり、と音楽好きには嬉しいサービスが満載です。
聞けば聞くほど、自分が好みそうな音楽をどんどん紹介してくれるので、新たな出会いがあるかもしれません。
インターネットにつながってさえいれば、どこでも音楽を聞くことができるので、利用者が急増しています。

Kindleが無料で読める

KindleとはAmazonが提供している電子書籍サービスのこと。
スマートフォンやタブレットに専用のアプリケーションを入れることで、電子書籍を読むことができます。
また、Kindleを読むための専用端末も販売されているので、本好きなら注目しておきたいところ。
プライム会員になっていると、月替りで無料で読める本が配信されます。
ジャンルはさまざまですが、読書が趣味、という方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

配送料無料・時間指定無料などが可能

現在、Amazonが販売している商品は通常2,000円以上が通常配送料が無料となっています。
2,000円未満の場合は350円の配送料がかかってしまうのです。
また、通常の発送よりも早い「当日お急ぎ便」や「お急ぎ便」を利用する場合もプライム会員なら無料となります(通常500円~)。
Amazonを月1回以上利用する、という方なら3,900円という年会費はあっという間に元が取れてしまう値段ですよね。



Amazonプライム会員は値上げされてしまいますが、これだけのサービスを年会費3,900円または月会費400円で提供していたのは驚きですよね。
サービスを維持するためには値上げもやむなし、といえるでしょう。

とはいえ、本当に値上げする必要はあるのでしょうか?
会員数が増加し、オリジナルコンテンツも多数配信するなど人気になりつつあるAmazonプライムの値上げに、今踏み切る本当の理由は何なのでしょうか?

Amazonプライム会員の年会費はなぜ値上げ?

Amazonプライム会員の年会費はなぜ値上げ?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

2007年に日本上陸から初めての値上げとなる今回の値上げ。
Amazonの担当者は値上げの理由について、「11年間さまざまな努力を重ね、会費は一度も改訂してこなかった。しかし、2007年と比較し、商品数やサービス数は大幅に増加し、外部環境も大きく変わった。今後の新たなイノベーションを起こし続け、引き続き便利に利用してもらうために決断した」と話します。
2007年から値上げされていなかった、というのは驚きですよね。
当時よりも遥かにサービスや商品数、特典などが増加した現在では値上げもやむなしだと言えそうです。
もちろん、配送のための人件費や配送日も上昇しています。
3,900円から4,900円という、1,000円の値上げはむしろ良心的だと言えそうです。

今回の値上げに合わせ、学生向け会員サービス「Prime Student」の年会費も1,900円から2,450円に値上げとなる他、法人向けの「Businessプライム」のEssentialプランの年会費も4,900円に変更することも合わせて発表されました。
アメリカのAmazonプライムの価格は現在、119ドル(約1万3,000円)となっているので、日本では半額程度で利用できるだけありがたい、というのが現状です。

Amazon側は今後の値上げについて「決まっていることは特に無い」としていますが、将来的にはアメリカと同程度まで値上げされることは覚悟しておいたほうが良いでしょう。

それでも、Amazonプライム・ビデオは見ても見ても見きれないほどたくさんの映像コンテンツがあります。
昔懐かしい映画やドラマなどもたくさん見ることができます。
このほか、Amazonが制作したオリジナルのドラマやバラエティなども閲覧可能なので、年間4,900円を払えば暇することはなくなります。
テレビをインターネットに接続すれば、テレビでも見ることができるので、この機会にぜひ加入してみてはいかがでしょうか?

現在30日まで無料で利用することが可能です。
お得な機会にぜひ、Amazonプライムを試してみてください。

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年6月15日

趣味・文化

Whoops, looks like something went wrong.