メニュー
ゲストさん
 

暑い夏は豪華・高級高速バスで快適な旅を!快適な高級高速バス開設

暑い夏は旅に出るのもなんだか億劫。

旅にもっとも気軽に出られるのが「ツアー」ではないでしょうか?
しかし、ツアーは定員が決まっており、人気のツアーはぎゅうぎゅう詰めでとても快適とはいえません。
特にバスや船旅は自由があまり効かないことから、リフレッシュする旅なのに、かえって疲れてしまうことも。

しかし、高級バスツアーなら身も心も楽々な旅が実現可能です。
本日は高級・豪華バスツアーについてご紹介します。

高級・豪華バスは何が違うの?個室、シャワー付きなど快適装備いろいろ

高級・豪華バスは何が違うの?個室、シャワー付きなど快適装備いろいろ

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

高速バスに対してどのようなイメージをお持ちですか?
一昔前の高速バスは安く移動できる代わりにあまり快適とはいえないものでした。
現在でも安く移動できる高速バスは存在し、格安の高速バスはあまり自由も効かず、窮屈な思いをして移動しなければなりません。

最近増えてきているのが高速バスとは思えないほど快適で、設備が整った「豪華・高級バス」です。
まるで飛行機のファーストクラスのような快適装備を備えている「豪華・高級バス」は、そのあまりの快適さにリピーターになる人急増中なのだとか。

人気の路線「東京~大阪」間は数々の豪華・高級バスが運行しています。
まずはどのようなバスが運行されているのか、見ていきましょう。

ドリームスリーパー

1万8,000円から2万円程度で乗車可能なのがドリームスリーパーです。
関東バスと両備バスの共同運行で運行されています。

このバスの特徴は、各席に扉が設けられていること。
扉を閉めることで、誰からも見られず、誰に気を遣わなくても良い完全個室になります。
床は全面カーペット敷きとなっており、バスとは思えない上質な空間に仕上がっているのです。

シートは手動でリクライニングするのではなく、自動リクライニング。
手元のスイッチを押すだけで簡単に倒すことができます。

このほか、ヘッドホン、プラズマクラスターイオン発生器、コンセント、USBジャック、Wi-Fiなどが完備されているだけでなく、ミネラルウォーター、アイマスク、耳栓、歯ブラシなどのアメニティも充実しているのが特徴。

これだけでもホテルのようではありませんか?

さらに社内にはウォシュレット付きのトイレやパウダールームも設けられています。
移動中にしっかりと寝ても、着くまでに身支度を整えるスペースが設えられているのも良いポイントですね。



ドリームルリエ プレシャスクラス

1万4,000円から1万6,500円で利用できるのがドリームルリエのプレシャスクラスです。

通常運行されているドリームルリエに4席だけ設けられたプレシャスクラスは半個室席。
プライベートな空間をしっかりと確保できるため、人気の席です。

プレシャスクラスの特徴はシートで、幅61センチ、156度までリクライニング可能なシートは快適に移動できることでしょう。

設備やアメニティも充実しており、ヒーター機能付きのレッグレスト、収納付きフットレスト、折りたたみ式テーブル、フレキシブルライトを完備。
さらに全席iPad mini4を備えているので、道中退屈することがありません。

このほか、社内用スリッパ、足をほぐしてくれるシート、イヤホンなどアメニティも充実しており、快適な移動を叶えてくれます。

ラクシア

1万3,800円で利用できるのがラクシアです。
ラクシアは社内の快適性を重視した高級バス。

ウッド調のデザインの社内にソファのようなシートが備えられています。
このシートがとても快適で、身体の部位に合わせ、クッションの堅さなどが調節されているので、座ると身体を包み込んでくれます。

シートは当然電動リクライニングで、最大146度までシートを倒すことが可能。
自宅にいるかのようにゆったりとくつろぎながら移動できます。

リボーン

1万,800円から1万3,900円で利用できるのが、「眠り」を追求したウィラーの豪華・高級バスシート「リボーン」です。

座席は3列シートとなっており、バス1台につき18席。
カーテンは備えられていませんが、身体がきれいに収まりきるデザインのシェル型パーティションで、周囲の視線を感じることはありません。
完全に個室にはなりませんが、しっかりとプライベート空間を確保しています。

最大156度まで倒せる電動ゆりかごリクライニングは、座席横のリモコンで調節可能。
レッグレスト、フットレストも備え付けられているので、限りなくフラットに近い状態で眠れます。

車高が高いスーパーハイデッカー車両のため、走行音も軽減されており、眠りに最適な環境を作り出してくれます。

夜行バスに乗車したことのある方なら、眠れない、という経験がある方も多いでしょう。
リボーンならぐっすりと眠ることが可能です。

グランシアファースト

5,600円から1万1,000円で利用可能なのがグランシアファーストです。

ここまでご紹介してきた豪華・高級バスと比べると安価なのが特徴ですね。
重厚な雰囲気の車内は足元のスペースがかなり広くとられています。
そのため、窮屈さは全くなく、足を思いっきり伸ばすことができるのです。



こちらもシートは電動リクライニング。
背もたれ、レッグレストを別々に動かせるので、自分にとって快適な角度に調整できます。

各座席にはモニタが備え付けられていて、音楽、映画などを楽しめるのが特徴です。

ここでご紹介したのは豪華・高級バスたち。
どれも快適に移動できます。

価格が安いツアーより、ウィラートラベルなどで予約でき、十分な体力で観光可能な高級バスツアーが今大人気!

価格が安いツアーより、ウィラートラベルなどで予約でき、十分な体力で観光可能な高級バスツアーが今大人気!

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

バスツアーを多く企画しているクラブツーリズムは、2019年1月から車内にバーカウンターを備えた「CLUB TOURISM FIRST(クラブツーリズムファースト)」を用いたツアーを始めました。

CLUB TOURISM FIRSTは豪華寝台列車「ななつ星in九州」を手がけた工業デザイナーの水戸岡鋭治さんがデザインを担当。
内装には木材をふんだんに使用し、車内はクラシカルな雰囲気に。
客席は横3列、縦6列の合計18席とゆったりとした仕様。

CLUB TOURISM FIRSTで行われたツアーは、東京発着で東北地方を周遊する8泊9日の旅など。
こちらは45万円からと高額なツアーでしたが、とても人気を集めました。

このほか阪急も「菫」を運行。
こちらも98万円の周遊ツアーを設定するなど強気な価格設定ですが、とても人気を集めました。

移動手段がとても快適だと、現地の観光を思いっきり楽しむことが可能です。
旅行会社が自社で高級バスを所有するケースも増えてきているので、こうしたツアーに参加してみてはいかがでしょうか?

新幹線よりもゆったりと道中の景色が楽しめますし、移動疲れも少ないのでオススメです。

バスツアーならではのメリットはたくさん!日帰り旅も楽しめる!

バスツアーならではのメリットはたくさん!日帰り旅も楽しめる!

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

バスツアーは日帰りのものから宿泊を伴うものまでいくつも各社が提供しています。

バスツアーは、観光旅行、グルメ旅行、添乗員がいるツアー、景色が楽しめるツアー、サービスエリアが楽しめるツアー、酒蔵を巡るツアーなど、ニーズに合わせた細かなツアーがたくさんあるので、気軽に旅行できます。
高級バスはもちろん、通常の観光バスを用いたツアーも豊富に組まれているので、気軽に参加してみませんか?
道中のバスで、知らない人同士が仲良くなる、なんてことがあるのも席が近いバス旅行ならではですよ。

コメント
  1. 誤変換が多すぎるのは、誠意のない文とみられる。

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2020年5月3日

趣味・文化

【2020年に読みたい】家にこもるとき、どんどん読み進められるオススメの本をご紹介

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、最近は自宅にこもっている、という方も多いのではないでしょうか? 自宅にずっといると、何をしていいのかわからないもの。 はじめや掃除をした...
2020年4月24日

趣味・文化

暇な時間にやるゲームが以外に「認知症予防」にもなる!?おすすめのゲームは?

家に長くいる時間が増えた方は、暇な時間に何をするか悩む方も多いと思います。 がっつり趣味に没頭するのも良いですが、たまには息抜きできて、楽しいと感じることをやりたくありませんか?...
2020年4月12日

趣味・文化

お坊さんに悩み相談ができる!煩悩にまみれたときに使ってみては?

誰しも家族や友人に相談できない深い悩み、ひとつぐらい抱えて生きているのではないでしょうか? 普段悩みがなさそうなあの人も、誰にも打ち明けることのできない悩みを抱えているかもし...
2020年4月1日

趣味・文化

知れば知るほど美味しく味わえるコーヒー。コーヒーの奥深い世界をご紹介

毎日コーヒーを飲まないと寂しいと感じるコーヒー愛好家の方も多いのではないでしょうか? 朝起きて最初にすることがコーヒーを淹れる、なんて方もいることでしょう。 たまには気分を...
2020年3月28日

趣味・文化

今年のさくら開花時期は?おすすめスポットをご紹介!

もう季節はすっかり春。 春といえば「お花見」が定番! 今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で自粛ムードが漂っています。 そのため、今までのような大規模なお花見はできない...
2020年3月17日

趣味・文化

ウイルス蔓延でスポーツなど、室外・屋外趣味を楽しめない…。室内でも楽しくできる趣味をご紹介します

最近はコロナウイルスの影響もあって、ウイルスの感染拡大を防止するため、政府が不必要な外出を避けてほしいとの要請していたり、開催予定だったイベントが続々と中止になってきています。 ...