メニュー
ゲストさん
slownetV@\Љ
 

今年のクリスマスは何する?一人でも楽しめるクリスマスイベントとは?

12月の大きいイベントといえば「クリスマス」ではないでしょうか?

まだ子供が小さくて若かったときは子供にプレゼントをあげたり、家族だんらんでクリスマスイベントを楽しんだりした人も多いかと思います。

しかし、子供も独立し、クリスマスをどう楽しめばいいのか分からなくなってしまった方も多いはず。
そこで今回は、クリスマスを楽しむ方法についてご紹介します。

クリスマスはそもそもどんな日?クリスマスツリーなどクリスマスの意味とは?

クリスマスはそもそもどんな日?クリスマスツリーなどクリスマスの意味とは?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

キリストの誕生日である「クリスマス」。
そもそもどんな日なのかはご存じですか?

日本におけるクリスマスはケーキを食べたり、デートをしたり、ケンタッキーを食べたり、といった日。
こうした慣習は英米圏の人から見ると非常に不真面目に見えるそう。

キリスト教徒からすると、クリスマスは1年の中でもっとも大切な日といえる日。

そもそもクリスマス(Christmas)という言葉は、キリスト(Christ)とミサ(mass=カトリック教会で礼拝の時に神父が信者にパンを与えることで、パンはキリストの身体とされています。日本においては「礼拝」という意味で使われることが多いですね)を組み合わせた言葉。
「くらいすと」+「ます」を足して、「クリスマス」になっているのです。

正しい意味だと、キリストの誕生を祝う日になります。
ここでポイントは「誕生日」ではなく、「誕生を祝う日」ということ。
キリストの出生日はわかっていないため、「誕生を祝う日」なのです。

現在の12月25日がクリスマスになったのは4〜5世紀ころだといわれています。
由来などは記録に残っていないため、今もなおはっきりとはわかっていません。

考えられている説としては、もともとローマで開催されていた祭りにキリストの誕生を祝うという意味が付け加えられたというもの。
この日が12月25日だったので、民衆に広く知れ渡り、クリスマスが定着していったと考えられています。

もともとキリストの誕生日は祝われていなかった?

4〜5世紀ころに広まりだしたクリスマス。

そもそもイエス・キリストの生没年すらわかっていません。
紀元前6年または紀元前4年ころ〜起源後30年頃まで生きていた、というのが今有力な説です。

つまり、キリストが亡くなってから400年くらい誕生を祝ったりはしていなかったのです。

4世紀〜5世紀というとキリスト教が広まりはじめた時代。
この頃、充分にキリスト教が広まったことから、冬至などの祭りに合わせ、キリストの降誕祝いを行うようになってきたそうです。

クリスマスツリーはいつから?

クリスマス飾りでもっともメジャーなものは「クリスマスツリー」でしょう。
全国各地でクリスマスツリーが飾られています。

そもそもクリスマスツリーはキリストとは無関係なのだそう。
クリスマスツリーの原型は北欧に住んでいた古代ゲルマン民族の「ユール」という冬至の祭りで使われていた樫の木なのだとか。
冬での葉を枯らさない樫は生命の象徴とされていました。

当時、こうしたドイツの民をキリスト卿に改宗させる試みが行われてきましたが、樹木信仰が根強かったため、樫を樅(もみ)に変え、キリスト教を布教していったそう。
もみの木は横から見るとキレイな三角形で、「三位一体」を表していると教えていったのです。
神を頂点とし、子と精霊が底辺の両端に位置する、といった具合に。

それからしばらく時間が経過し1419年、ドイツ・フライブルクでパン職人の信心会が聖霊救貧院にツリーを飾りました。
これがクリスマスにツリーを飾る最初だと言われています。

Christmas?Xmas?

クリスマスを英語で表記するとChristmas。
省略して表記する場合は「Xmas」と表記したりします。

よく見かける表記であるXmasの「X」はどこから来たのか。
これはギリシャ語でキリストを「Χριστος」と表記するからだそう。
ギリシャ語のキリストである「Χριστος」の「X」とミサ(mass)を組み合わせ、Xmasと表記するのです。

日本においてそのとき、Xとmasの間に「’(アポストロフィー)」を入れている表記をよく見かけますが、これは間違い。
アポストロフィーは省略記号として英語では広く用いられています。
そのため、日本においては「’」を入れた方がしっくりくる、といったような理由でアポストロフィーを入れることが慣習化されてきました。

しかし、そもそもギリシャ語でキリストを表す「X」と「mass」を組み合わせた言葉なので、アポストロフィーを入れるのは誤りだそうです。
最近ではアポストロフィーを入れる表記は少なくなってきましたが、正しい表記「Xmas」を使っていきましょう。

世界を見てみると

世界を見てみると、「X’mas」という表記を使っている人もなかにはいるそうです。
「X-mas」という表記も同様に使っている人がいるそうで、最近では「X’mas」という表記は「誤りではない」という流れになってきています。

ただし、世界の流れとしては「Xmas」「X-mas」「X’mas」といった表記はもう使われておらず、「Christmas」を使おう! となってきているそうです。
ぜひ今後は略さずに、「Christmas」を使っていきましょう。

みんなはクリスマス何している?

みんなはクリスマス何している?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

街が浮き足立ったような雰囲気感じるクリスマス。
みなさんはどのように過ごしますか?

アイブリッジ株式会社インターネットリサーチサービス“リサーチプラス”で、約160万人の自社モニター会員を活用し、20〜60代以上の男女、合計1,000人を対象に、クリスマスの過ごし方に関する調査を実施したところ、全世代で家族と過ごすがもっとも高い結果に。

60代以上に限定すると、家族で過ごすが男女ともにもっとも高く、ひとりで過ごすが次いで高い結果に。
60代以上男性に限定すると、「彼氏・彼女/夫・嫁(と二人)」「決まっていない/分からない」が同率で3番目に高いということがわかりました。
60代以上の女性は「ひとり」が3番目に高く、「決まっていない/分からない」が4番目、「彼氏・彼女/夫・嫁(と二人)」が5番目という結果に。

意外とクリスマスの過ごし方にも男女差が見られました。
また、「複数カップル(ダブルデート等)」「友人複数人」という2項目に関しては、60代以上男性は0パーセントだったのに対し、60代以上女性は1.0パーセントという結果に。
このあたりも男女でクリスマスの過ごし方に差が見られますね。

参考

クリスマスの過ごし方に関する調査
https://www.research-plus.net/html/investigation/report/index123.html

ひとりぼっちのクリスマスの楽しい過ごし方

ひとりぼっちのクリスマスの楽しい過ごし方

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

ひとりで過ごす人も多い「クリスマス」。
楽しげな街に出かけるのも気が引けますが、どのような楽しい過ごし方があるのでしょうか?

クリスマスマーケットに行ってみる

オススメなのは各地で開催されているクリスマスマーケットに行ってみるということ。
ホットワインや世界各国の料理を提供しているクリスマスマーケットも多く開催されているので、食べ歩きを楽しんでみてはいかがでしょうか?

温泉に行ってみる

また、温泉に行って、心も体も温めるというのもオススメ。
クリスマスは温泉旅館など比較的空いていることが多いので、ちょっといい宿に泊まって、ゆったりと過ごしてみてはいかがでしょうか?

クリスマスの過ごし方は人それぞれ。
すでに自分なりの楽しい過ごし方がある、という方も多いでしょう。
ぜひ今年はいつもとは少し違う、新しい楽しみを見つけてみてはいかがでしょうか?

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2020年2月23日

趣味・文化

毎日日記を書く習慣で認知症予防になる?コツコツ続けるためには?

みなさんは毎日日記を書いていますか? 毎日特別なイベントがないから日記など書けない! と考える方も多くいるのではないでしょうか? しかし、平凡な1日だとしても書き方のコツで...
2020年2月1日

趣味・文化

【ご当地グルメ】各駅の個性豊かで美味しい「駅弁」を食べるための旅行「駅弁はしご旅」はいかが?

列車を使った旅行は各地のいろいろな風景が見られ、とても楽しいもの。 新幹線には新幹線の良さが、特急には特急の良さが、鈍行には鈍行の良さがあるものです。 こうした旅につきもの...
2020年1月29日

趣味・文化

2019年、「今年の人」に選ばれたのは誰?過去に「今年の人」に選ばれたのはどんな人?

毎年、年末になると「今年の人」が発表されます。 昨年、2019年の今年の人に選ばれたのは16歳の少女。 スピーチで強い言葉を使ったことで有名になりましたよね。 2018年...
2020年1月22日

趣味・文化

新しい趣味で「チェキ」はいかが?スマホカメラの時代にあえてノスタルジックなチェキがブームに

趣味でカメラでいろんな風景を撮影する方も多いと思います。 最近はスマートフォンのカメラでも簡単で鮮明に良い写真が撮れるため、昔では考えられないほど多くの写真を撮影している方もいる...
2020年1月16日

趣味・文化

「読解力」がこれから重要!読解力を身につけることの重要さとは?

読解力はそもそのどのようなスキル? [caption id="attachment_30472" align="aligncenter" width="600"] 画像提供:...
2019年12月31日

趣味・文化

「新語・流行語大賞」2019年間大賞は「ONE TEAM」。「タピる」「闇営業」「令和」なども選出された

毎年発表される「流行語大賞」。 大賞に選ばれたのは「ONE TEAM(ワンチーム)」でした。 このほか、トップ10には「計画運休」「軽減税率」「スマイリングシンデレラ/しぶこ」...