メニュー
ゲストさん
 

語学勉強で認知症予防!2020年の後半はバイリンガルを目指してみては?

在宅での時間が長くなった今、家にいる時間を活用して、勉強に挑戦してみようと考える人も少なくないのではないでしょうか?

そこでおすすめなのが「外国語」の勉強。
外国語の勉強を通してその国の文化がわかったり、今住んでいる日本の文化に気がついたりと視野が広がるだけではありません。

なんと外国語を学ぶと認知症予防になるというのです。
なぜ、外国語を学ぶと認知症予防につながるのでしょうか?

語学勉強が認知症予防になるとは?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

皆さんは普段、どのような脳トレを行っていますか?

電車の中、カフェに入ったとき、みんな結構何かの本を読んでいませんか?
読んでいる本は自己啓発本でしょうか、ナンプレでしょうか、脳トレ本でしょうか?
人によって鍛えたい事、覚えたい事の本を読むことが多いと思います。

年齢を重ねてから、新たな事を覚えるというのはとても大変。
記憶力も衰えていますし、なかなか身につかなくなっていきます。

最近は新型コロナウイルスの影響で外に出かけず、活動範囲が狭くなり、ゴールを失った気持ちになった人も多いのではないでしょうか。
自宅にずっといるくらいなら、何か新たなことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
そこでオススメなのが外国語です。

バイリンガル(=二言語を使いこなすこと・人)は認知症になりにくい

ベルギーのゲント大学の研究チームがある調査結果を発表しました。
それは、「バイリンガルの人はアルツハイマー型認知症の発症を約四年遅らせる可能性がある」というもの。

バイリンガルとは、2言語を話せる人のこと。ゲント大学の調査結果は、生まれながらバイリンガル環境だった人に限らず、大人になってから第二言語習得した人も含めていました。
わたしたち日本人の多くは、第一言語が日本語です。
さらに英語を第二言語として習得すれば、認知症予防に役立つ可能性があるのです。

第二言語習得は、認知症予防にどのような効果をもたらすのでしょうか?



第二言語習得すると認知症発症の原因となる認知処理能力の低下を防ぐ可能性が指摘されています。
さらに、認知処理能力の向上まで期待できるといわれているのです。
実際のところ、バイリンガルの人たちは、モノリンガル(=単一言語しか扱えない人)と言語へのアクセス方法が異なると言います。

例えば、リンゴを見たとき。
日本語しか話せないモノリンガルであれば、日本語でリンゴと答えるでしょう。
しかし、バイリンガルの人たちは、リンゴという日本語と共にAppleという英語も思い浮かぶのです。

そのため、バイリンガルは会話の中で語彙を思い出す時、モノリンガルと比較すると時間がかかると言われています。
その理由は、二言語の単語が同時に頭の中で浮かび、今話したい言語に絞るという作業に時間がかかるためです。

日本語のみの話者であれば、手に持ったリンゴを友人からその手に持っているものは何?と聞かれた時「これはリンゴだよ」とすぐに答えられます。
しかし、バイリンガルの人たちが「This is an apple」という言葉も同時に浮かびます。
もしも日本人の友人に尋ねられたなら、「リンゴだよ」と答えるでしょう、外国人の友人に尋ねられたなら「This is an apple」と答えることになるでしょう。

これを「言葉の切り替え」といいます。
言葉の切り替えを行うためには、競合するもう片方の言語を抑制する必要があります。

抑制というのは、認知処理能力の一つ。
第二言語を習得すると脳は無意識レベルで抑制を繰り返し行います。
だからこそ、認知処理機能の向上につながり、認知症になりにくくなると考えられるのです。

聞くだけでも得られる効果

実は、言語は話すだけではなく聞くということにおいても、認知処理能力の向上が促されると言われています。
7ヶ月間、2種類の言語を聞いて育った乳児とモノリンガルの乳児を対象に、認知レベルを測る実験が行われました。

実験の結果、驚くことに言語を話す前から、バイリンガル環境で育った乳児の方が認知処理能力が高かったのです。
バイリンガルの乳児はひっきりなしに異なる言語を聞く環境で育っています。
その間、各言語の単語をきちんと分類しているのです。

日本語と英語という環境で育った場合、日本語・英語というのを無意識ながらもきちんと分けているそう。
常に言語の分類を行い続けているので、認知的負荷は大きなものになります。
聞き分けは認知処理能力の向上に貢献しているのです。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ 日本人が習得しやすい外国語は?

ページ: 1 2 3

コメント
  1. 「ダジャレを言う人は認知症になりにくい。」
    という説を唱える人はいないだろうか?
    一つの言葉を文字通り理解すると同時に、
    ダジャレを言うための言葉を思いめぐらす。
    これはそれにしても、言葉が出てこないことの
    なんと多くなったことか。

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2020年10月23日

趣味・文化

在宅時間が増えた今、資格取得を目標にしてみてはいかが?

今年もあと2ヶ月で終わり。 今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、あまり目標達成ができずに、もやもやしている方も多いのではないでしょうか? 少しでも2020年に何か達成したい...
2020年10月13日

趣味・文化

ラジオはもう古い!?英会話や好きな芸能人のトークは「podcast(ポッドキャスト)」が人気!暇なときのおとも・・・

テレビでは毎日新型コロナウイルス感染症のニュースばかり! もういい加減見たくない!という方も多いのではないでしょうか? しかし、家族と離れて一人暮らしをしているという方は静...
2020年9月22日

趣味・文化

意外と癒される!オンライン銭湯で癒しの時間を過ごしてみては?

新型コロナウイルス感染症拡大の影響もあり、銭湯や温泉の利用率も減ったのではないでしょうか。 そこでおすすめしたいのが、「オンライン銭湯」です。 昭和世代なら、銭湯は癒しの場所だ...
2020年9月20日

趣味・文化

2020年の「敬老の日」はいつ?敬老の日のプレゼント、みんながもらいたいと思うものは?

9月21日は敬老の日です。 みなさんは敬老の日、どのように過ごす予定ですか? なかにはお子さんやお孫さんからプレゼントをもらったり、外食をするなど、家族と過ごす方が多いと思いか...
2020年8月24日

趣味・文化

家での時間が長くなった人におすすめ!絵をレンタルしてインテリアを楽しんでみては?

暑い夏の天気+新型コロナウイルス感染症で、出来るだけエアコンが効く部屋で過ごす時間が長くなっていませんか? 毎日同じ部屋にいると、少し飽きる頃に模様替えをしたり、家具を買い替えた...
2020年8月16日

趣味・文化

夏の風物詩、花火大会や大きなお祭りはどうなる?新型コロナウイルス感染症で中止拡がる

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、全国的にイベントを自粛するとのお知らせが出されています。 夏の風物詩である花火大会やお祭りなど、毎年楽しみにしていた方も多いのではないでしょ...