メニュー
ゲストさん
 

2021年は辛丑!そもそも干支の由来と何を意味するのかご存知ですか?

年賀状を書いた方ならすぐ気づいた人も多いと思いますが、2021年は「辛丑(かのうとし)」になります。
そもそも干支は十干と十二支を組み合わせたもので、六十干支(ろくじっかんし)と呼ばれています。

新しい年になるたびに変わる干支についてご説明します。

そもそも干支の由来と歴史は?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

干支と聞いてすぐにイメージできるのは、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の十二支(じゅうにし)ではないでしょうか。
十二支は紀元前の中国で、暦や時間を表すために使われ始めたことを起源としています。

十二支に関するもっとも古い奇術は中国の殷(いん)の時代(紀元前17世紀頃 – 紀元前1046年)の甲骨文字だそうです。
甲骨文字の中において十二支は日付を記録するのに使われていました。
時代が進むと次第に年月、時間、方角などを表現するのに十二支は使われ始めます。
現代の十二進法の基礎はこの頃には存在していたわけです。
十二支の特徴と言えば動物の名前がついていること。
ねずみ、うし、とら、うさぎ、りゅう、へび、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、いのししの名前を冠しています。

不思議なのは漢字表記ではないでしょうか?

子にはねずみという意味はありませんし、丑は干支以外で出番のない漢字です。
鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪という表記ではダメだったのでしょうか?
その答えは由来にあるそうです。
元々ただの記号として使われてきた十二支を覚えやすいよう、古代中国で動物名を当てはめたという説が有力なようです。
つまり動物は後付け、というわけですね。

十干(じっかん)

十二支のほかにも十干(じっかん)も使われていますよね。

十干とは甲(こう)、乙(おつ)、丙(へい)、丁(てい)、戊(ぼ)、己(き)、庚(こう)、辛(しん)、壬(じん)、癸(き)のことで、こちらも紀元前の中国で暦や方角を表すために使われていたそうです。
十二支は十二進数に対し、十干は十進数というのが大きな違いでしょうか。

干支という文字を分解すると、「干」は十干を表し、「支」は十二支を意味するそうです。
そのため、干支は十干と十二支を組み合わせた60通り存在するのが正しい表現。
2021年は辛丑(かのとうし)が正しい干支になります。
現代では十干は使われなくなり、干支というと単純に十二支を表す場面が多いですが、正しくは辛丑なのです。

干支

上記の組み合わせで表現した干支は以下になります。

  • きのえね  …甲子 2044年
  • きのとうし …乙丑 2045年
  • ひのえとら …丙寅 2046年
  • ひのとう  …丁卯 2047年
  • つちのえたつ…戊辰 2048年
  • つちのとみ …己巳 2049年
  • かのえうま …庚午 2050年
  • かのとひつじ…辛未 2051年
  • みずのえさる…壬申 2052年
  • みずのととり…癸酉 2053年
  • きのえいぬ …甲戌 2054年
  • きのとい  …乙亥 2055年
  • ひのえね  …丙子 2056年
  • ひのとうし …丁丑 2057年
  • つちのえとら…戊寅 2058年
  • つちのとう …己卯 2059年
  • かのえたつ …庚辰 2060年
  • かのとみ  …辛巳 2061年
  • みずのえうま…壬午 2062年
  • みずのとひつじ癸未 2063年
  • きのえさる …甲申 2064年
  • きのととり …乙酉 2065年
  • ひのえいぬ …丙戌 2066年
  • ひのとい  …丁亥 2067年
  • つちのえね …戊子 2068年
  • つちのとうし…己丑 2069年
  • かのえとら …庚寅 2070年
  • かのとう  …辛卯 2071年
  • みずのえたつ…壬辰 2072年
  • みずのとみ …癸巳 2073年
  • きのえうま …甲午 2074年
  • きのとひつじ…乙未 2075年
  • ひのえさる …丙申 2076年
  • ひのととり …丁酉 2077年
  • つちのえいぬ…戊戌 2078年
  • つちのとい …己亥 2079年
  • かのえね  …庚子 2080年
  • かのとうし …辛丑 2021年
  • みずのえとら…壬寅 2022年
  • みずのとう …癸卯 2023年
  • きのえたつ …甲辰 2024年
  • きのとみ  …乙巳 2025年
  • ひのえうま …丙午 2026年
  • ひのとひつじ…丁未 2027年
  • つちのえさる…戊申 2028年
  • つちのととり…己酉 2029年
  • かのえいぬ …庚戌 2030年
  • かのとい  …辛亥 2031年
  • みずのえね …壬子 2032年
  • みずのとうし…癸丑 2033年
  • きのえとら …甲寅 2034年
  • きのとう  …乙卯 2035年
  • ひのえたつ …丙辰 2036年
  • ひのとみ  …丁巳 2037年
  • つちのえうま…戊午 2038年
  • つちのとひつじ己未 2039年
  • かのえさる …庚申 2040年
  • かのととり …辛酉 2041年
  • みずのえいぬ…壬戌 2042年
  • みずのとい …癸亥 2043年

来年は壬寅、再来年は癸卯となります。

60年かけて干支は一周します。
還暦は干支が一巡して起算点となった年の干支に戻ることからそう名付けられています。
今でもわたしたちの暮らしに干支は深く関わっていることが分かりますね。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ 2021年は辛丑(かのとうし)!辛丑が意味することは?

ページ: 1 2 3

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2021年4月2日

趣味・文化

大人の優雅なリラックス休暇とは?定年後の息抜きとしておすすめの休暇の形をご紹介します

定年後、たっぷりある時間をどう過ごせばよいのか悩む方も少なくないのではないでしょうか? いつもの趣味に夢中になることもいいけれど、大人の贅沢なリラックス時間も手に入れたい。そう思...
2021年3月26日

趣味・文化

夫婦ともに楽しめる理想の旅行は?定年後たびたび夫婦旅行を夢見る人におすすめの旅行スタイルをご紹介します!

定年後は夫婦ふたりでゆるりと旅行などを楽しみたいと思う方も少なくないと思います。 しかし、夫と妻で趣味が違ったり、休みの楽しみ方は違うもの。 夫婦の絆を深める方法から、それ...
2021年3月25日

趣味・文化

今年の花見シーズンはどうなる?もし行くのであればコロナ感染予防のためにこれは注意しよう!

昼間の天気もずいぶん春めいてきたと感じる人も多いのではないでしょうか?春といえば、「花見」を浮かぶ方も多いと思います。 しかし、まだ新型コロナウイルス感染症が収束していない今、花...
2021年3月19日

趣味・文化

家族旅行や家族の集まりをこれから考えている方におすすめ!会員制リゾートで楽しんでみては?

新型コロナウイルス感染症が収束したら、家族や知人など、これらかも良い関係を築いていくために、定期的な旅行を計画している人も少なくないのではないでしょうか? 旅行となると、どんな場...
2021年3月14日

趣味・文化

そもそもホワイトデーはどのような日?ホワイトデーを楽しむためには?

3月14日はホワイトデー。一般的にバレンタインデーは女性が男性に甘いものやプレゼントを贈る日ですが、ホワイトデーは逆で男性が女性に贈り物をする日です。 そもそもホワイトデーはどの...
2021年2月28日

趣味・文化

みなさんの誕生石は何?それぞれの誕生石が意味することとは?

みなさんはご自身の誕生石・誕生花は知っていますか? 生まれた月によって誕生石・誕生花が存在しています。また、より詳しく生まれた日ごとに決まって至ります。 家族や知人へのプレ...