メニュー
ゲストさん
 

お正月飾りはいつまで飾れる?「明けましておめでとう」はいつまで許容できる?

もうすぐ2月。

みなさんは2021年に入ってからいつまで挨拶に明けましておめでとうを言いますか?
例えば2月に入ってからその年はじめて会ったあり、連絡をした人にあけましておめでとうは言うでしょうか?また、お正月の飾りはいつまで飾りますか?

本日はみんなが少しもやもやする新年のお話をします。

そもそも何で明けまして「おめでとう」なの?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

新年のあいさつ「あけましておめでとうございます」。
昔から使われている慣用句ですが、改めて考えてみると、あけましてについては理解できますが、何がおめでとうなのでしょうか?年が明けるとなぜめでたいのでしょうか?

年が明けておめでたい理由は2つの節があるそうです。
ひとつ目は歳神様を迎えるからということ。そしてもうひとつは昔は数え年だったという理由だそうです。
少し詳しく見ていきましょう。

歳神様は古来より、日本人の暮らしのなかで伝えられてきた神様。とはいえ、ご先祖様という意味合いが強い神様だったそうです。
日本人は昔から、人間が亡くなってから一定期間が過ぎるとご先祖様の仲間入りをすると考えてきました。
ご先祖様は亡くなった後、生まれ住んだ地域の山の上に上り、山の神として山頂から子孫の暮らしを見守り、春になると山から里に降りて子孫たちの米作りを見守る田の神に。
新年になると歳神様として、子孫の家庭を訪れ、各家庭に繁栄をもたらし、見守ってきました。

現在でも行うお正月の準備は、そもそも歳神様をお迎えする行事であるといえます。
門松を飾ることで歳神様に道を知らせ、不浄なものが入らぬようしめ縄を飾って結界を作りますよね。しめ縄は秋に収穫した稲の藁を使います。
田の神に見守られて育った稲には稲魂が込められていると考えられており、その稲わらでしめ縄を作るからこそ、神聖な空間を創り出せると考えているわけです。
また、歳神様のよりしろとして鏡餅を飾ります。
神様が宿った餅を鏡開きの日にみんなで食べることで、家族が1年、平穏無事に過ごすことができると考えられています。
このほか、おせち料理は歳神様へのお供え料理という節もあり、五穀豊穣、子孫繁栄、家内安全などの願いを込めて山海の幸を盛り込んでいるというわけです。



お年玉についても意味があって、供えたお餅をお下がりとして子どもたちに食べさせる行為が基なのだとか。
歳神様の魂をいただくことを「お年魂」と呼んだことから、お年玉に変化したといわれています。
歳神様という考え方から、めでたいという理由もあるそうようです。

一方で数え年という考え方も有力。
現在では誕生日を迎えたら年を重ねますが、昔は数え年が主流でした。数え年は満年齢ではなく、毎年1月1日に歳をとるという考え方。生まれた時を1歳として、歳をまたぐと2歳になる、という考え方ですね。この考え方に基づくと、信念を迎えると全国民が一斉に1つ歳をとります。
歳を取るということはそれまでの一年、大過なく過ごせたということ。とても喜ばしいことですね。新年を迎えた瞬間、誰しもその喜ばしいことを共有できることから「あけましておめでとう」に繋がった、という節もあります。
この考え方に基づくと、前年に不幸があった場合、喪に服し、新年を祝わないというのも理にかなっているといえるでしょう。

数え年の考え方に基づくと、あけまして「おめでとう」もなんとなく理解しやすいのではないでしょうか?

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ いつまで明けましておめでとうの許容範囲なの?

ページ: 1 2 3

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2021年9月24日

趣味・文化

ゴルフを始めるのに必要に持ち物は?コロナ流行中でもゴルフ人気は収まらない!

新型コロナウイルス感染症が流行している現在、人気の冷めないスポーツが「ゴルフ」です。 ゴルフはほかのスポーツと比べ誰かと身体が接触したり、話したりする場面をほとんど設けずともプレ...
2021年8月20日

趣味・文化

新しい趣味探しに迷っている方におすすめ!50代以上の大人が楽しめる趣味は?

これから新しい趣味を探し、老後を楽しく過ごしたいと考える中高年層は多いと思います。 しかし、若かったときと比べて趣味の見つけ方に悩む人も多いのではないでしょうか。 今から新たに...
2021年8月17日

趣味・文化

ポストコロナの時代、部屋の環境が重要に!絵を飾ってより落ち着く場所に演出してみては?

部屋にいる時間が長くなってから部屋の雰囲気を一層変えたいと思うようになった方も多いのではないでしょうか? 家具を買い替えたり、リフォームしたりするのは費用的に負担になりますよね。...
2021年8月13日

趣味・文化

何かを好きな気持ちは人を元気に若々しくする!「推し活」でイキイキ楽しく過ごしてみては?

みなさんは「推し活」という言葉を聞いたことありますか? 推し活とは、好きなアイドルや芸能人などを推していくことを意味します。 若い人ほど推し活を活発的にするイメージがありますが...
2021年8月8日

趣味・文化

ガーデニングで虫が増えたことが最近悩み!一層ワイルド & サステナブルな庭はいかが?

新型コロナウイルス感染症拡大以降、庭やベランダでガーデニングをする人が増えているようですね。 しかし、植物を育てるようになってから虫が増えて悩む方も多いようです。 庭であれば少...
2021年8月6日

趣味・文化

花火がまたもや中止されるなか、おうち花火を安全に楽しむためには?

今年は花火大会を楽しめるのか思いきや、またの新型コロナウイルス感染症流行で昨年に引き続き難しくなっています。 そんな中、夏休みは家で花火を楽しむ人も多いのではないでしょうか。 ...