メニュー
ゲストさん
 

お正月飾りはいつまで飾れる?「明けましておめでとう」はいつまで許容できる?

いつまで明けましておめでとうの許容範囲なの?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

さて、正月やあけましておめでとうについていろいろと起源を見てきました。
本題の「あけましておめでとう」をいつまで使うことができるのかについて見ていきましょう。

歳神様を迎えるために門松や松飾りを飾っておく期間「松の内」。本来は1月15日まででした(地域によって差があります)。しかし江戸時代に1月7日までと定めたことから、現在は1月7日までというが一般的。

別の記事でもご紹介していますが、年賀状の期間は松の内までというのが一般的。
2月4日の立春までの間は「寒中見舞い」を送るというのが正しいマナーと言えるでしょう。

年賀のあいさつとしての賀詞「あけましておめでとうございます」は、年賀状の期間を考えると松の内まで使える言葉といえそうです。
とはいえ、仕事始めが1月4日だったら、1月8日以降にもはじめて会う人には「あけましておめでとうございます」といいますよね。
このあたりは結構曖昧なようで、具体的にいつまでしか使ってはいけない、というものではないようです。

このことから、元々の松の内である1月15日くらいまでは「あけましておめでとうございます」は使ってもOK。
それ以降は「今年もよろしくお願いいたします」や「送れましたがあけましておめでとうございます」などと言い換えると良さそうですね。

おまけ:年賀状の歴史

正月に送る年賀状は意外と歴史があるそうです。古くは平安時代には原型があったのだとか。

はじめは貴族だけの文化だった年賀状ですが、明治時代になると一般庶民にも広がっていきました。1871年(明治4年)に郵便制度がはじまったことで、一気に普及したそうです。
明治6(1873)年には郵便ハガキの発行がスタートしたことで、明治20(1887)年には年賀状も爆発的に数が増加。
特に元日の消印が人気で、元日の消印をゲットしようと、この日を目がけて投函する人が増加し、郵便局員は不眠不休で消印作業に当たったそうですよ。
なんだかこのあたりはものこそ変われど、現代でも思考は大きく変わっていないような気がしますね。

こうした事情から取り入れられたのが、年末に受け付け、元日に配達する年賀郵便の特別取り扱い。明治32(1899)年に導入され、次第にこの流れが全国に広がっていきました。



昭和になると年賀ハガキにお年玉がつけられる(お年玉付き年賀ハガキ)などが登場し、年賀以上は一気に国民的行事に。開始当初の特賞はミシンだったそうですよ。
その後はご存じの通り、電気洗濯機、電子レンジ、ビデオテープレコーダーなどが賞品として用意され、時代が進むとともに近年では現金や液晶テレビ、国内外旅行などに変化していきました。

こうした施策の甲斐もあって明治38(1905)年には約1億枚しか流通していなかった年賀状も、2003(平成15)年には44億5,936万枚も発行されたそうです。
ところがそこからどんどん発行部数は減っていき、2008年からは毎年マイナスが続いています。
2019年には24億4,090枚、2020年には21億3,443枚と大きく減少しました。
2021年用は前年比でマイナス約12.6パーセント(確定発行枚数で比較)だったそうです。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ 正月の飾りつけはいつまで飾る?

ページ: 1 2 3

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2021年5月4日

趣味・文化

5月4日は「みどりの日」!そもそもみどりの日は何を記念する日なの?

ゴールデンウィーク期間中の5月4日は「みどりの日」。 もう少し前、みどりの日は4月29日でしたよね。もともと5月4日は国民の祝日という祝日でした。 そもそもみどりの日は何を...
2021年4月30日

趣味・文化

新しい趣味のご提案!家で簡単に園芸を楽しんで見てはいかがでしょうか?

暖かい日々が続き、自然の豊かさが増すようになりました。 もしも、今趣味を探している方がいれば、暖かい季節を利用して植物を育ててみるのはいかがでしょうか? 部屋を自然のもので...
2021年4月2日

趣味・文化

大人の優雅なリラックス休暇とは?定年後の息抜きとしておすすめの休暇の形をご紹介します

定年後、たっぷりある時間をどう過ごせばよいのか悩む方も少なくないのではないでしょうか? いつもの趣味に夢中になることもいいけれど、大人の贅沢なリラックス時間も手に入れたい。そう思...
2021年3月26日

趣味・文化

夫婦ともに楽しめる理想の旅行は?定年後たびたび夫婦旅行を夢見る人におすすめの旅行スタイルをご紹介します!

定年後は夫婦ふたりでゆるりと旅行などを楽しみたいと思う方も少なくないと思います。 しかし、夫と妻で趣味が違ったり、休みの楽しみ方は違うもの。 夫婦の絆を深める方法から、それ...
2021年3月25日

趣味・文化

今年の花見シーズンはどうなる?もし行くのであればコロナ感染予防のためにこれは注意しよう!

昼間の天気もずいぶん春めいてきたと感じる人も多いのではないでしょうか?春といえば、「花見」を浮かぶ方も多いと思います。 しかし、まだ新型コロナウイルス感染症が収束していない今、花...
2021年3月19日

趣味・文化

家族旅行や家族の集まりをこれから考えている方におすすめ!会員制リゾートで楽しんでみては?

新型コロナウイルス感染症が収束したら、家族や知人など、これらかも良い関係を築いていくために、定期的な旅行を計画している人も少なくないのではないでしょうか? 旅行となると、どんな場...