メニュー
ゲストさん
 

夫婦ともに楽しめる理想の旅行は?定年後たびたび夫婦旅行を夢見る人におすすめの旅行スタイルをご紹介します!

定年後は夫婦ふたりでゆるりと旅行などを楽しみたいと思う方も少なくないと思います。
しかし、夫と妻で趣味が違ったり、休みの楽しみ方は違うもの。

夫婦の絆を深める方法から、それぞれの趣味を楽しみつつ、一緒にリラックス、リフレッシュできる休みの過ごし方についてご紹介します。

定年後夫婦で一緒に旅行を楽しむことで絆を深めよう!

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

「人生100年時代」とも言われる現代。定年退職後はよりパートナーと過ごす時間が長くなることでしょう。
周囲からも仲が良い思われる「良い夫婦」を続けていくためには何が必要なのでしょうか?

一説によると、夫婦の絆を深める手伝いをしてくれるのが「共通の趣味」だといいます。

恋愛・結婚にまつわるさまざまな情報を発信している「アニヴェルセル総研」が、全国の20代~30代の既婚男女412名の人を対象に、「夫婦間の絆が深まった共通の趣味は?」というアンケート調査を行いました。

1位は43.4パーセントで「旅行」がトップとなりました。なんと4割以上の人が選び、圧倒的な結果に。2位は外食36.9パーセント、3位お酒/共通の趣味はない18.0パーセントという結果になりました。旅行をすると外食も楽しむもの。夫婦の絆を深めるために、「旅行」という趣味は良さそうですね。

結婚式・ウエディング・ブライダル情報検索サイトの調査によると、年に1回以上旅行に行く夫婦は70パーセント以上いるそうです。
同調査で旅行の目的を尋ねたところ、1位は観光旅行で23.3%、2位温泉旅行22.4パーセント、3位名物料理などの飲食19.2%という結果に。旅行の目的は観光・温泉・料理ということがわかります。
同調査で予算について尋ねると、3万円までが1位で49.6パーセントと約半数。2位は5万円までで25.1パーセントでしたが、1万円までが13.4パーセントと意外と多い結果になりました。
金額の大小ではなく、夫婦ふたりで旅行を楽しむということに意義があるのかもしれません。

これから夫婦二人で定期的にお出かけや旅行をしたいと考えている方々には会員制リゾート「ゴルフバケーションクラブ ~リソルの森~ 」です。
会員になると、年間最大30泊利用することができます。会員権の利用期間は利用開始日から10年間なので、余裕をもって旅行の計画を立てることができます。
ゴルフバケーションクラブ ~リソルの森~ ではゴルフや乗馬、フィットネスなどアクティビティと共に、美味しい料理を味わったり、天然温泉「紅葉乃湯」でくつろぐこともできます。
また、落ち着いた大人の空間の「BAR もみじ」で夫婦ともに優雅な時間を過ごすことができます。
詳しい情報が知りたい方は下のバナーからゴルフバケーションクラブ ~リソルの森~ 公式ページを確認してみてはいかがでしょうか?

夫と妻で旅行の楽しみ方、休みの楽しみ方が違う場合は?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

じゃらんリサーチセンターが行った「宿泊旅行調査2018」」調査によると、宿泊旅行の同行者が「夫婦ふたり」の割合は、以下のようになっています。

20~34歳 男性9.7パーセント 女性14.3パーセント
35~49歳 男性12.4パーセント 女性19.2パーセント
50~79歳 男性35.5パーセント 女性35.8パーセント

子育て世代では子ども連れや親連れの旅行が多い傾向。しかし、50代を過ぎる付近から夫婦ふたりでの旅行が増加していることが分かります。
また、日本交通公社の調査「旅行年報2019 日本人の旅行に対する意識」によると、旅行の目的は、50代では男女ともに「日常生活から解放されるため」「旅先のおいしいものを求めて」が上位にあがっています。

夫婦がふたりで共通の目的があれば良いですが、実際のところそれぞれが旅行に求める目的は異なるもの。
同調査によると、男性50代が旅先で実際にしたいことは1位自然観光50.8パーセント、2位温泉旅行46.9パーセント、3位歴史・文化観光43.1パーセント、4位グルメ36.9パーセント、5位海浜リゾート30.8パーセントなのに対し、女性50代は1位温泉旅行56.4パーセント、2位グルメ52.5パーセント、3位歴史・文化観光50.5パーセント、4位自然観光43.6パーセント、5位テーマパーク35.6パーセントと若干のズレが見られます。

夫婦ふたり、それぞれ楽しみたいと思っていることが違うのに同じ旅行先に赴き、同じことを行う。そのなかで新たな魅力を発見したりといったこともあるでしょう。

一方で夫はゴルフをしたいけれど、妻はしたいわけではないというケースも考えられます。
せっかく夫婦ふたりで旅行するのですから、それぞれが楽しめる旅行先が良いですよね。

リフレッシュできて、夫婦ふたりそれぞれが楽しみたいことを楽しみ、一緒に食事を摂る。そんな楽しみ方ができるのが「リゾート」です。
リゾートホテルなどに宿泊して、それぞれが趣味を満喫する。そんな楽しみ方も旅行の形のひとつ。高級なイメージがあるリゾートですが、手の届く価格で会員権が販売されていたりもします。

リゾートホテルの中でも特におすすめなのが「ゴルフバケーションクラブ ~リソルの森~ 」です。
遠いリゾートは高い頻度ではいけないもの。しかし、東京からほど近い場所に位置しているので高い頻度で利用することができます。
また、会員権を譲渡することも可能(3年経過後)で、別荘とは違い、メンテナンス費用などもかからないため、考え方によってはリーズナブルです。
ご主人はゴルフやフィットネスなどのアクティビティを楽しみ、奥様は天然温泉「紅葉乃湯」でリフレッシュしたり、地元の野菜にこだわったオーガニックなランチを楽しめるグランヴォーカフェで優雅な時間を過ごしたり、夫婦ともに楽しむことができます。
詳しい情報が知りたい方は下のバナーからゴルフバケーションクラブ ~リソルの森~ 公式ページを確認してみてください。

ご主人はゴルフなどのスポーツを楽しみ、奥様は温泉でゆっくり過ごせることができる「ゴルフバケーションクラブ ~リソルの森~ 」がおすすめ!

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

理想の休日を過ごすために理想の環境が整っている「ゴルフバケーションクラブ ~リソルの森~ 」。
ゴルフバケーションという名前ですが、ここにはゴルフ以外にも様々な楽しみが用意されています。

例えば、スイスのレマン湖を象った全長130メートルのリゾートプール「ラク・レマンプール」。夏の日差しできらめく水面と、眼前に迫る緑に癒されることでしょう。
昼間はもちろんですがナイトプールでは、今までに見たことがないような、まさに降り注ぐような星空が広がります。

プールを楽しんだ後はプールを見下ろすアウトドアカフェ「グランヴォーカフェ」へ。地元の野菜にこだわったオーガニックのランチは、体を内側から整えてくれます。
ゆっくりと景色を眺めたり、好きな本を読んだりなど、日常を忘れてくつろげる空間がここにはあります。

体を動かした後は地下600mからふんだんに湧き出る、「美肌の湯」とも称される漆黒の天然温泉「紅葉乃湯」でリフレッシュを。
独特のぬめりを持った源泉は肌を潤す優しいお湯。秋は紅葉が楽しめますし、それ以外の季節であっても四季折々表情を変える森を眺めながらゆったりとお湯に浸かることができます。

一日の最後は落ち着いたひと時を過ごしましょう。BARも用意されており、焚き火と淡い光が演出する空間で希少なスイスワインを楽しむことができます。
1日の出来事に思いを馳せたり、森の音に耳を傾けたり。リゾートを満喫した一日の最後に相応しい場所です。
この他にも、他にはない開放感を感じるテニスコートでは、体を動かすことで得られる心身のリフレッシュ感を感じられます。

また、隣接する乗馬クラブでは、「セラピーホース」として訓練された、優しい馬で初めての「ホーストレッキング」を楽しむこともできます。
上級者はブリティッシュ、ウエスタンいずれのスタイルでも楽しむことができます。

忘れてはいけないのはゴルフコース。「真名カントリークラブ」は森と湖と花々が見事に調和した45ホールを誇る雄大なゴルフコース。
ひとりでラウンド回っても良いですし、早朝ハーフプレーもOK。リゾートならではの気ままなプレイを楽しめます。
屋内にも関わらず余裕のあるスペース作りや、自然が眺められる窓など、緑に囲まれた環境でのトレーニングを行える「フィットネスジム」も完備。
体を動かしたい人には最適なリゾートだといえるでしょう。

ゴルフバケーションクラブ ~リソルの森~ は都心からほど近い場所に位置しながらも、雄大な自然に囲まれた環境。だからこそ、ここを拠点に房総で遊ぶことだってできるのです。

また、リゾートホテルから車で30分の場所に位置する一宮海岸は、TOKYO2020の公式会場である「釣ヶ崎サーフィンビーチ」を擁する日本のサーファーの聖地。
世界のトップサーファーと同じステージでサーフィンを楽しめます。
房総のマッターホルンとも呼ばれる伊予ヶ岳。往復一時間半ほどのコースですが、低山ながら岩場、鎖場もあり山頂からは360度海を見渡せる、大パノラマが広がります。

九十九里といえば浜沿いに軒を並べる浜焼きのお店。その日水揚げされた新鮮な魚介をその場で楽しみましょう。
房総半島のほぼ中央に位置する養老渓谷は、約4キロの間に大小2つの滝を見ることができる癒しのスポット。
マイナスイオン効果があると言われる滝は、新陳代謝を促進し、心身をリラックスさせてくれます。

ゴルフバケーションクラブ ~リソルの森~ で楽しむのはもちろん、周辺にも様々な楽しみが広がっています。
リゾートとしてはふさわしい場所でしょう。夫婦ふたりでリゾートを訪れてみてはいかがでしょうか。
詳しい情報が知りたい方は下のバナーからゴルフバケーションクラブ ~リソルの森~ 公式ページを確認してみてください。

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2021年4月2日

趣味・文化

大人の優雅なリラックス休暇とは?定年後の息抜きとしておすすめの休暇の形をご紹介します

定年後、たっぷりある時間をどう過ごせばよいのか悩む方も少なくないのではないでしょうか? いつもの趣味に夢中になることもいいけれど、大人の贅沢なリラックス時間も手に入れたい。そう思...
2021年3月25日

趣味・文化

今年の花見シーズンはどうなる?もし行くのであればコロナ感染予防のためにこれは注意しよう!

昼間の天気もずいぶん春めいてきたと感じる人も多いのではないでしょうか?春といえば、「花見」を浮かぶ方も多いと思います。 しかし、まだ新型コロナウイルス感染症が収束していない今、花...
2021年3月19日

趣味・文化

家族旅行や家族の集まりをこれから考えている方におすすめ!会員制リゾートで楽しんでみては?

新型コロナウイルス感染症が収束したら、家族や知人など、これらかも良い関係を築いていくために、定期的な旅行を計画している人も少なくないのではないでしょうか? 旅行となると、どんな場...
2021年3月14日

趣味・文化

そもそもホワイトデーはどのような日?ホワイトデーを楽しむためには?

3月14日はホワイトデー。一般的にバレンタインデーは女性が男性に甘いものやプレゼントを贈る日ですが、ホワイトデーは逆で男性が女性に贈り物をする日です。 そもそもホワイトデーはどの...
2021年2月28日

趣味・文化

みなさんの誕生石は何?それぞれの誕生石が意味することとは?

みなさんはご自身の誕生石・誕生花は知っていますか? 生まれた月によって誕生石・誕生花が存在しています。また、より詳しく生まれた日ごとに決まって至ります。 家族や知人へのプレ...
2021年2月11日

趣味・文化

歳を取ればとるほど新しいことを学ぶことは難しくなる?そんなことはない!

今年は新しいことを学びたいけど、歳も歳だし、無理かと思い、諦めが先に立った人もいるのではないでしょうか?  特に新型コロナウイルス感染症拡大が心配な時期ですから、屋外でアクティブ...