メニュー
ゲストさん
 

2021年流行語大賞として選ばれたのは? ノミネートされた言葉をご紹介!

依然、新型コロナウイルス感染症が心配だった2021年。
みなさんはどのような1年を過ごしましたか? 昨年に引き続き、私たちの暮らしは大きく変わりましたよね。
昨年は「ソーシャルディスタンス」や「3密」など、さまざまな新しい言葉を耳にする機会が多くありました。

今年はどのような言葉が流行したのでしょうか? ユーキャン「新語・流行語大賞」が今年も発表されたので、年間大賞・ノミネートされた言葉をご紹介いたします。

流行語大賞とは?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

年の瀬の風物詩、「第38回 2021年 ユーキャン新語・流行語大賞」が2021年12月1日、大賞が発表されました。

新語流行語大賞は毎年12月1日ごろに発表される「現代用語の基礎知識」。読者のアンケートによって選出されています。

公式ホームページには以下のように書かれています。

この賞は、1年の間に発生したさまざまな「ことば」のなかで、軽妙に世相を衝いた表現とニュアンスをもって、広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語を選ぶとともに、その「ことば」に深くかかわった人物・団体を毎年顕彰するもの。

1984年に創始。毎年12月初めに発表。『現代用語の基礎知識』収録の用語をベースに、自由国民社および大賞事務局がノミネート語を選出。選考委員会によってトップテン、年間大賞語が選ばれる。

選考委員会は、姜尚中(東京大学名誉教授)、金田一秀穂(杏林大学教授)、辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)、俵万智(歌人)、室井滋(女優・エッセイスト)、やくみつる(漫画家)、大塚陽子(『現代用語の基礎知識』編集長)で構成される。

※授賞が「トップテン=大賞」の方式になったのは第11回から。それ以前は、【新語部門】【流行語部門】【表現部門】等を設け、それぞれに授賞語を選定した。

「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン新語・流行語大賞(https://www.jiyu.co.jp/singo/?eid=00096)より

いつから始まった?

そもそも新語・流行語大賞は1984(昭和59)年からスタート。新語・流行語大賞は「現代用語の基礎知識」を刊行する自由国民社が授与しています。賞が始まった頃は今ほど話題にもなりませんでした。40年近く前から新語・流行語大賞に注目していた方はほとんどいないでしょう。

回を重ねるごとに話題・関心を集めるようになり、2004(平成16)年からは通信教育のユーキャンがスポンサーとなったことで、一気に知名度が拡大。近年ではニュースやワイドショーなどで受賞語が大きく取り上げられることもあって、年間大賞にどんな言葉が輝いたのかくらいはご存じの方も多いでしょう。

年の瀬にはこのほかにも、日本漢字能力検定協会が12月中旬あたりに発表する「今年の漢字」があります。今では今年の漢字と並び、人気イベントとなっていますよね。こちらは後述いたします。

新語・流行語大賞は「この語を見ればその年何が流行ったかわかる」というコンセプト。ところが、マスコミしか使っていない言葉が選出されていたり、初めて聞くような言葉が選出されていたりとインターネットが発展した近年では、選出方法に対して不満の声もあがるようになりました。

例えば、2008(平成20)年に注目を集めたのは「食品偽装問題」。

次々食品偽装する会社が見つかったことから、国民の関心が高かった事件です。しかし、この年の新語・流行語大賞には食品偽装関連の言葉はひとつも選出されませんでした。
また、毎年必ず「プロ野球」「政治」「オリンピック(開催年に限る)」関連の言葉がノミネートされるのも特徴で、「どんな選出方法をしているんだろう?」「どんな基準で選んでいるんだろう?」と疑問に思う人も増え始めています。

2003(平成15)年からは、ノミネートだけで50語から70語も登録されることになり、なんだかピントがずれはじめた印象に。50語から70語も登録されるなら、5日〜7日程度で1つ流行語候補が生まれる計算になってしまいます。
こうした批判を受けてなのか、2016(平成28)年からは30単語のみ、登録されるようになりました。

ただ、「マスコミが流行らせたい言葉がランクインする」という批判も多く、2007(平成19)年には「ネット流行語大賞」が始動。実際にインターネット上で流行った言葉などが正確にランキング化されるため、ユーザーの納得度は高いものになっています。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ 2021年流行語大賞にノミネートされた言葉は?

ページ: 1 2 3

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2022年6月24日

趣味・文化

毎日のコーヒータイムをより楽しむ習慣は?

毎朝コーヒーを飲むのがルーティンの人も多いのではないでしょうか。 簡単・手軽に飲めるインスタントコーヒーも良いですが、よりコーヒーの香りや味をより楽しむためにドリップコーヒーに挑...
2022年6月17日

趣味・文化

時短レシピはInstagramやTik tokで見る時代?おすすめのレシピ関連アカウントを紹介します

みなさんは料理のレシピを参考にするとき、どのようにレシピを探しますか? クックパッドやNadia、楽天レシピなど、さまざまなレシピサイトから探すでしょうか? 最近、Instag...
2022年5月20日

趣味・文化

ミニマリストが増加中!あなたも終活にも環境にも優しいミニマリストになってみては?

SDGsの意識も高まり、最近は若者をはじめ、幅広い年齢層でミニマリストが増えているようです。 そもそもミニマリストをご存じですか?  本日はミニマリストとは何かをご紹介しま...
2022年5月13日

趣味・文化

自分の魅力的な声を定年後活かすには?シニア声優の世界をご紹介

定年後、現役でしていた仕事とは真逆のことにチャレンジし、第2の人生を歩む人も多いのではないでしょうか? もともと事務職をなさっていた方なら販売業にチャレンジしてみたり、デスクワー...
2022年5月10日

趣味・文化

あなたはあなたをしっかり認めてますか?最近話題の自己肯定感とは?

あなたはあなた自身を100パーセント認めていますか? 最近自己肯定感が重要視されるようになりました。 本日は自己肯定感とは何か、高めるとどんな効果があるのか、また高める方法な...
2022年4月29日

趣味・文化

5月5日は「こどもの日」!最近の子供はどんなプレゼントで喜ぶ?

5月のイベントはさまざまありますが、多くの子どもが楽しみにしているのが「こどもの日」ではないでしょうか?子どもが小さかったころ、何をプレゼントしたのかいまだに覚えている方も多いので...