シニアSNS『Slownet』

ミニマリストが増加中!あなたも終活にも環境にも優しいミニマリストになってみては?

SDGsの意識も高まり、最近は若者をはじめ、幅広い年齢層でミニマリストが増えているようです。
そもそもミニマリストをご存じですか? 

本日はミニマリストとは何かをご紹介します。

最近増えているミニマリストとは?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

ミニマリスト(=Minimalist)とは厳選した身の回りのものに囲まれ、必要なものだけを持って暮らすスタイルの人のこと。家にモノが多すぎると管理しきれませんし、掃除の手間も増えます。ミニマリストはこういった生活スタイルとは対極で、本当に必要なものだけを厳選して持ち続けるという生活スタイルです。

多くの人は、はじめからミニマリストではありません。不要なものを減らしていった結果、自分にとって必要最小限のモノだけを持つようになっていったのです。
なかなか聞き馴染みがない言葉という方もいるかもしれませんが、語源は「ミニマル(=Minimal)」から来ています。ミニマルとは最小限の、という意味を持つ言葉。不要なものは所持せず、最小限のモノだけを持って暮らすスタイルがミニマリストです。

ミニマリストと呼ばれる人は、誰がどう見ても不要なものはもちろん、壊れていて使えないモノ、期限が切れてしまったモノ、もしもなくても自分の生活に影響がない・少ないモノを捨てていきます。
このあたりは断捨離に考え方が近そうですね。

そもそもミニマリストという考え方は、アメリカの富裕層から生まれたと言われています。彼ら・彼女らは欲しいものは何でも買うことができますし、多くのモノに囲まれていたことでしょう。
しかし、欲しいもの、必要なものをすべて手に入れるのではなく、洗練されて厳選した質の良いものだけで生活したいと次第に考え方は変化。そういった暮らしを発信し始めたのです。
こうした流れは過去にもあって、物欲を抑えた暮らしを提案している人は多くいました。今でもそうですが、こういった暮らしは少数派で、広まることはありませんでした。現在のミニマリストと呼ばれる人達は、インターネットの普及に伴い、生活スタイルだけでなく、理念、考え方、生き方までセットで発信。それらの思想に共感する人が多く増えたことで、ミニマリストを目指す、ミニマリストの暮らしをする、という人が増えてきているのです。

ミニマリストは持ち物を最小限にして、不便な暮らしをするというわけではありません。便利で快適な暮らしにはそこまで多くのモノは必要ない、という考え方が根幹です。そのため、ミニマリストは生活スタイルのひとつだと考えられています。
断捨離は清掃の意味合いのほか、物欲を抑えるという意味も含まれています。ミニマリストとはこの点が根本的に違いますね。ミニマリストは物欲を抑えるのではなく、必要以上にモノを持たないという向き合い方。モノや物欲に対して、どう向き合っていくのか?ということをミニマリストは重視しています。

ミニマリストのメリット

世の中、便利なモノがあふれていますよね。ロボット掃除機をはじめ、こうした便利家電もあふれかえっています。もちろん、自分にとって必要な場合はロボット掃除機の所有もOK。ただ、モノが少なくなり、スッキリしたら、ロボット掃除機に頼らなくても、時間はかからず掃除ができるかもしれません。
ここからはミニマリストのメリットを詳しく見ていきましょう。

ミニマリストが所有するのは、自分に本当に必要なものだけ。今、ご自身の周りをご覧になってみてください。自分の興味、自分の好きなモノが目に留まりませんか? それは自分にとって必要なものです。不要なもの、好きではないものを排除すれば、自分にとって好ましいモノにリソースを割けるようになります。

次に浪費を避けられるというのもメリット。自分にとって最適なモノはなにか、ムダなモノは何か、ということを考えると、ムダな買い物が少なくなることでしょう。不要なものを買う機会を減らせば、お金も貯まりやすくなります。

次に時間が増えるということ。ミニマリストはやる/やらないという決断を繰り返すモノ。やること、やらないことという行動のムダを省いて生活すると、思いのほか、多くの時間が捻出できるもの。自分が納得できる時間の使い方、行動ができるようになるため、自分らしく豊かな生活が送れるようになります。

このほか、ムダを省いていけば、フットワークが軽くなります。考え方、行動がシンプルになるので、自分に大切なモノ、好きなモノとしっかり向き合え、行動力・決断力を身につけられるようになります。

【ミニマリストに関する書籍の紹介】

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

>>次ページ ミニマリストが増加している理由は?

ミニマリストが増加している理由は?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

そんなミニマリストは今、なぜ増加しているのでしょうか?

ミニマリストという言葉自体は2015年、流行語大賞にノミネートされ、多くの人に知られるようになりました。同年に出版された佐々木典士さんの「ぼくたちに、もうモノは必要ない」という本が15万部超えの大ヒットとなったのも大きいでしょう。
なぜ、ミニマリストが増加しているのか、さまざまな要因があるので見ていきます。

まずはモノや情報が爆発的に増えたことがあげられるでしょう。特にここ10年はスマートフォンが普及し、個々人が得られる情報が爆発的に増えました。2000年代はまだまだインターネットを多くの人が、当たり前のように利用する時代ではありませんでしたよね。しかし、スマートフォンが普及した2010年代は、当たり前のように、誰もがインターネットを利用し始めました。総務省の「通信利用動向調査」によると、2000年には人口普及率が37.1パーセント、2010年には78.2パーセントとなり、2020年には83.4パーセントの普及率となっています。
これだけインターネットが普及すると、得られる情報がものすごく増えることが想像できるかと思います。

昔はお店に出向かなければ最新の製品などの情報を得づらかったですが、今ではインターネットで簡単に情報を得るだけでなく、購入までできてしまいます。また、近所のお店には売っていなかったようなアイテムも比較・検討して購入できるようになりました。

するとモノの価値というのがちょっと下がりそうですよね。部屋にどこの土産品かわからないようなグッズ、謎の便利グッズ、あまり着ない服などありませんか? とにかく大量のモノが家にあるという方も多いかと思います。
たとえば2人〜3人の世帯で引っ越しをする場合、一般的に引っ越しで使われる100サイズ〜140サイズのダンボール30枚〜40枚ほどにもなるのだとか。引っ越しすると、自分がどれほど多くのモノを所有していたのかがわかりますよね。

モノや情報が増えすぎた結果、これらに意識が向けられ、無意識下であってもストレスを抱えている場合があるそうです。
ミニマリストはそんなストレスから解放される、という思いもあって誕生した考え方なのです。

モノや情報が増えすぎた21世紀だからこそ、「最小限で暮らす」という考え方が非常にマッチしたとも言えそうですね。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

>>次ページ いざ、ミニマリストになろうとしたときに真っ先にすべきことは?

いざ、ミニマリストになろうとしたときに真っ先にすべきことは?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

ミニマリストという考え方に共感し、シンプルに暮らそうと思っても、何から手を付けて良いのかわからないもの。
まずは衣替えと合わせた断捨離から始めて身軽になってみてはいかがでしょうか?

なぜ衣替えは大変なのでしょうか?衣替えが大変になる理由のひとつは衣服が多すぎること。
衣服が多いと自分でも「こんなもの持っていたっけ?」というものが出てきたり、収納が足りずクローゼットやタンスに収まりきらないなんてことも起こりえます。衣替えの機会にぜひ衣類を断捨離してみてはいかがでしょうか?

断捨離するとすっきりとした気持ちになりますし、物が少なくなるので家の掃除も楽になります。はじめは捨てることに抵抗を感じますが、一度捨て始めると「捨てるハードル」が下がって、次々と捨てられるようになるのです。まずはひとつ捨てるところから始めましょう。

衣類を捨てる基準は古くて傷んでいる物、2年以上着用していない物、体型に合わなくなった物、流行に合っていない物、黄ばんでしまった物など。こうした洋服は大切にとっておいても、次に着られるのは20年後なんてことはざらにあります。ひどいと一生出番がないなんてことも。20年後のために大切にとっておくのではなく、思い切って捨ててしまえば収納もスペースが空きますし、模様替えも楽になります。

どうしても捨てられない場合はリサイクルなどを活用しましょう。捨てることが心理的にためらわれる場合はリサイクルショップに持ち込んだり、出張買い取りを依頼したりするのも有効です。このほか家族に「捨てる!」と宣言するのも有効。誰かに宣言することで退路を断てるので、次々と捨てやすくなります。

また、分類をして捨てる作業を家族などに依頼するのも有効でしょう。家族は自分ほど服に思い入れはありません。思い切って捨ててくれることでしょう。自分の家の収納に見合った量になったり、次の衣替えが楽になるくらいの分量になったら断捨離は成功。これからは衣替えも楽になりますね。

衣服がすっきりとしたら、次はいよいよミニマリストという考え方にじっくりと向き合ってみましょう。

ミニマリストになる3ステップ

衣替えが終わったら、ミニマリストになるために必要な3ステップを考えてみましょう。

まずは仕分けから。自分にとって価値があるのか、本当に必要なのかを考えてみましょう。
例えば4人で暮らしていた家で、今は夫婦2人。そんな場合、大型の家具は必要ありませんよね。ソファは本当に必要でしょうか? もし不要なら処分したり、今よりも小さいモノに買い換えるのもオススメです。
食器も大量にあったりしますよね。どんな料理にも合う食器だけを残して、他は処分してしまうのもオススメ。
また、書類も本当に必要な書類は少ないモノ。不要なものは念のためデータ化して、処分しましょう。クーポンなどは今、スマートフォンで完結する場合もあります。確認して不要なら、クーポン券も処分してしまいましょう。

次は処分したものを分別しましょう。
ゴミとして出す、資源回収で出す、人にあげる、施設や街に寄付する、フリマアプリを利用する、リサイクルショップに持ち込むといった方法があります。

そして最後は整頓です。モノが少なくなった空間を維持するよう、整理整頓しましょう。
収納は埋め尽くすのではなく、余裕を残すのも大切。掃除しやすいよう、家具のレイアウトを考えるのも楽しそうですね。自分が良いと思えるお部屋作りをしましょう。

これらを行うだけで、かなり生活が気持ちよくなるのではないでしょうか。モノが少なくなると、気持ちが落ち着きやすくなります。ぜひ、試してみてください。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

>>次ページ 終活に向けてミニマリストになってみてはいかが?

終活に向けてミニマリストになってみてはいかが?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

ミニマリストは終活とも相性の良い思想です。ミニマリストになると、終活の生前整理に役立ちます。生前整理とは、生きている間にモノを減らしておくことで、遺された家族の遺品整理の負担を減らすこと。
最小限のモノで生活するため、終活の生前整理もとても簡単になります。

家族が亡くなり、気持ちの整理も付かないうちに、遺族は残された大量の遺品を整理しなければなりません。
「遺品の量」「作業人数」「故人の家との距離」など条件によって異なります。たとえば故人がワンルームに住んでいた場合、1週間程度で遺品整理が終わるでしょう。しかし、一軒家の場合、2週間以上、1年近くかかることも少なくないようです。特に故人の家が遠方にあるなら、なおさら時間がかかってしまいます。
ミニマリストとして暮らしていれば、モノが少ないため、遺族の作業も少なく済み、遺品の把握もしやすくなります。自らの死後、遺族に遺品整理の苦労をさせたくないという人は、ミニマリストとしての生活は非常にオススメです。



また、モノが買えない時代に育った人にとって、モノを捨てることは「もったいない」という気持ちが働きやすいもの。しかし、いつか使えるかもしれないと保存していた大量の不要品は、死後、大量のゴミに変わります。あらかじめ処分しておけば、遺族の負担を減らすことができるでしょう。

もしも自分ですべてを行うのが難しいという方は代行業者を利用するのも手。最近では多くの代行業者が存在するので、これらの業者に依頼してみましょう。
代行業者に依頼すれば、時間がかかりませんし、肉体的な疲労も少なく、自分で捨てる判断ができないモノに関しては、業者がアドバイスしてくれることも。

断捨離して、ミニマリストとして暮らしてみませんか?

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Exit mobile version