メニュー
ゲストさん
 

時短レシピはInstagramやTik tokで見る時代?おすすめのレシピ関連アカウントを紹介します

ずぼら飯レシピでおすすめのアカウントの紹介

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

ではここからは「ずぼら飯」という簡単調理で人気を集めている国内のインスタグラマーをご紹介していきます。

リュウジ

https://www.instagram.com/ryuji_foodlabo/

まずご紹介するのは、テレビなどでも活躍しているリュウジさんのアカウント。料理研究家として活動されている方で、レシピ本などを数多く出版しています。リュウジさんの Instagram では、短い時間で手軽に作れる料理のレシピを中心に扱っており、さらにインスタント食品などの加工食品を使ったアレンジ方法や、料理だけではなくてスイーツやドリンクといったレシピも紹介しています。

ズボラ飯のずぼらめしじぇーぴー

https://www.instagram.com/zubora_meshi_jp/

次にご紹介するのはズボラ飯のずぼらめしじぇーぴーさん。

簡単で美味しく、誰でもできる料理方法を紹介しています。
電子レンジやトースター、炊飯器といったどこの家庭にもある調理器具を便利に使い、小学生でも作れるような簡単レシピを平日8時に公開しています。
この方もレシピ本を出版しているので、もしかすると書店などで書籍を見かけたことがある方もいるかもしれません。

どの調理方法も見た目は非常に鮮やかで美味しそうですが、作り方は簡単。思わず真似したくなるような料理ばかりなのでぜひ一度ご覧ください。

TikTok「#ずぼら飯」

https://www.tiktok.com/search?q=%23%E3%81%9A%E3%81%BC%E3%82%89%E9%A3%AF&t=1653361992272

Tiktok にも様々なずぼら飯レシピが投稿されています。tiktok はその性質から、かなり短い動画が多くなっています。

ツナはノンオイルがおすすめ

例えば上記の動画がわずか19秒で、簡単調理をしています。細かい分量も必要なく、適当に指定の調味料を混ぜるだけ。テンポの良い音楽が流れているので、19秒という時間以上にあっという間に感じることでしょう。
非常に参考になるので、TikTokもぜひ、チェックしてみてください。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ ダイエットにおすすめのアカウントを紹介

固定ページ: 1 2 3 4

コメント
  1. 携帯で「かんたんレシピ」や「キャンプ飯」「安上り 飯」など検索して料理作ってます。マンネリメニューから脱出できるし、ワンプレートやベランダでランチョンマットひいたり、素朴な料理もちょっとした工夫で、確実にインスタ映えしますね。。SNSで写真アップすると海外の方々からいいね!が来てテンション上がる~ですです!

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2023年2月1日

趣味・文化

四字熟語分解クイズ(1)

四字熟語分解クイズ 難易度:★★★☆☆ 字の部分を組み合わせて四字熟語を作ってください。 解答を見る 四字熟語分解クイズ 解答 ...
2023年1月25日

趣味・文化

四字熟語リレークイズ(3)

四字熟語リレークイズ 難易度:★★☆☆☆ 下の□に漢字を入れ、漢字4文字の言葉を完成させながら、スタートからゴールに進み、ゴールの言葉を答えてください。矢印でつながっている□...
2023年1月13日

趣味・文化

大人の絵本の楽しみ方

絵本は子どものものと考えがちですが、大人になってから絵本を開いてみると子どものころとはまた違った感動を得る瞬間があります。絵本そのものだけでなく、最近はアートやブックカフェなど大人...
2023年1月10日

趣味・文化

宮沢賢治の世界観は希望の力

『雨ニモマケズ』の詩や『銀河鉄道の夜』などの童話で知られる宮沢賢治。今年は没後80年の節目にあたり、現実と幻想がとけあう 独自の作品世界に注目が集まっています。時代や世代を超えて...
2022年12月27日

趣味・文化

クロスワード(3)

クロスワード 難易度:★★★☆☆ クロスワードを解き、二重枠に入る文字を並べてできる言葉を答えてください。 ☆☆☆ タテのカギ ☆☆☆ 【タテ1】つゆの長雨。...
2022年12月25日

趣味・文化

干支にはどんな意味がある?2023年は「癸卯(みずのと・う)」

年の瀬が迫ってくると、来年の干支を意識する機会も多くなりますよね。古くから干支は、未来を占うための手がかりとしても活用されてきました。もうすぐ迎える2023年は「癸卯(みずのと・う...