メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

「個人情報が洩れています」「被災地の子どもに支援物資を」高齢者支援センターを騙る新手の詐欺に注意


公的機関をよそおった詐欺の手口

「高齢者支援センター」などを名乗る団体が、「個人情報が漏れている」とウソの電話をかけて、登録の取り消しに協力すると持ちかけ、その後、さまざまな要求をして最終的に現金を送付させるという高齢者を狙った詐欺が相次いでいます。

オレオレ詐欺(振り込め詐欺)と同様、複数の人物が登場し、それぞれの役を演じる典型的な劇場型詐欺で、その手口は次の通りです。

①「高齢者消費センター」などを名乗る団体から、電話で「個人情報が漏れて複数の団体に登録されている。取り消すには別の登録者(代理登録者)が必要なので探してあげる」と持ち掛けられ、「登録番号」が伝えられる。

②被害者が、指示により代理登録者に電話をすると、代理登録する替わりに「被災地の子どもに支援物資を送りたいので、登録番号を教えてほしい」と求められる。

③別の団体から「登録番号を教えたことは名義貸しに当たり違法だ」と脅され、金融庁の査察に必要だとして、現金を宅配便で送るよう命令される。あるいは、別の被害者から送られる現金の受け子役をさせられる。

④その後、数カ月にわたって金融庁の査察状況などを報告し、被害者にお金が戻ってくると信じ込ませ、ある日突然電話がつながらなくなる。

最初に電話をかけてくるときに、公的機関と間違えやすい「高齢者支援センター」「高齢者生活支援ボランティアセンター」などを名乗ることで、あたかも善良な団体であるかのようによそおい、「被災者支援」などと銘打って被害者の良心を利用するという、巧妙で悪質な詐欺です。

「個人情報が漏れている」「名義貸しは違法」は典型的な詐欺

消費者庁では、「個人情報が漏れてる」「あなたの行為は名義貸しにあたる」などと電話をかけてきて、宅配便で現金を送るよう求めてくるのは、典型的な詐欺の手口なので、すぐに電話を切るようアドバイスしています。

また、不審な電話がかかってきたり、おかしなことに巻き込まれたと感じたりした場合は、ひとりで抱え込まず、信頼できる周囲の人や、消費者ホットライン(電話番号:118)、警察(電話番号:#9110)に相談するよう呼びかけています。

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年7月10日

くらしのマネー情報

義援金を自治体に直接送る「ふるさと納税」平成30年7月豪雨 災害緊急支援募金

「災害支援金を送りたいけど、きちんと使われるのか心配。」 この度の豪雨災害で何か手助けしたいと思っても、そのようにお悩みになる方は少なくないと思います。 この記事では、その...
2018年6月28日

くらしのマネー情報

【シニアの起業】成功の鍵はやりたいことを追求する「ゆる起業」?

「定年退職したし、起業してのんびり働きたい」 長くきびしい会社勤めを終え、セカンドライフとして、起業を考えている方も多いのではないでしょうか? 起業と一言で言っても、世界を...
2018年6月24日

くらしのマネー情報

昨年ブームの仮想通貨 いまどきシニアの考えとは?

「去年は仮想通貨がブーム。乗り遅れちゃったな」 「億り人(おくりびと)」という言葉がブームになるほど、億万長者が増えた仮想通貨。 昨年下期あたりから人気にじわじわと火が付き...
2018年6月22日

くらしのマネー情報

【老後のお金問題】無職世帯の毎月の赤字はどのくらい?

「もう仕事もしていないから貯金で生活しているけれど、赤字……」 定年退職し、年金を受給するまでの間、完全な無職という人も多いのではないでしょうか? 年金の繰り上げ受給は、受...
2018年5月18日

くらしのマネー情報

【診療報酬改定】医療費節約5つのコツ

「新聞などで診療報酬改定って見たけど、具体的に何が変わるの?」 今年4月から診療報酬が改定され、病院の窓口で支払う医療費が変わりました。 医療報酬とは、診察や検査薬などの料...
2018年5月17日

くらしのマネー情報

年金は65歳からもらわないほうがお得かも?繰り下げ受給を学ぼう

「そろそろ年金がもらえる年齢だ。楽しみ」 65歳になると支給される年金。 楽しみに待っている人も多いのではないでしょうか? しかし、この年金。 本当に65歳で受け取...