メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

シニアが殺到する「おれんじ食堂」とは? 観光列車「肥薩おれんじ鉄道」

なかなか予約の取れないことで有名な「四季島」「ななつ星」など、豪華な鉄道旅が楽しめるクルーズトレインが人気です。仕事勤めの時は移動は快適さより速さやコスト重視で、夜行バスや飛行機が多くなるもの。しかし、仕事も終え時間に余裕ができてからは、車窓からの景色ものんびりと眺める旅行を楽しむシニア世代が増えています。今回はそんなクルーズトレインと、九州の人気観光列車「肥薩おれんじ鉄道」をご紹介します。

鉄道の旅が人気! じわじわ増える高級列車旅

勤め人、とくに電車通勤という方は「列車は移動手段」としか見ていない人も多いでしょう。しかし、列車に乗ること、それ自体が目的になるような豪華な列車が日本にはたくさんあるんです。
豪華な寝台列車から、足湯がついた列車まで。日本の鉄道は日々進化を続けています。

1年先まで予約が埋まる「ななつ星in九州」

九州7県の名前に由来する「ななつ星in九州」。九州の主な7つの観光素材(自然、食、温泉、歴史文化、パワースポット、人情、列車)7両編成など、とにかく7にこだわった列車です。
「九州の魅力を世界に発信する」という思いの元作られたこのななつ星は、匠の心と技が結集した世界にひとつだけの列車です。

ラウンジカー「ブルームーン」は、昼間には休憩所、夜はバーと2つの顔があります。ジャパニーズモダンな雰囲気、ピアノの生演奏など、まるで列車の中ということを忘れさせてくれるくらい素晴らしい空間です。
ダイニングカー「木星」は、木目調の落ち着いた佇まい。ここでは四季折々の旬食材を味わうことができます。
ゲストルームは14室あり、すべてがスイート。これだけ贅沢な列車をたった14組しか1度に利用することができないのです。
大正時代のようなレトロモダン雰囲気の車内は必見ですよ。

そのほか、トワイライトエクスプレスのDNAを受け継いだ「瑞風(みずかぜ)」や、上質な旅の時間を過ごせる「四季島(しきしま)」など、今、日本の鉄道旅をゆっくりとあじわうクルーズトレインがシニア世代から大人気なんです。

密かに注目。シニアの心を掴んで離さないのは「おれんじ食堂」

「おれんじ食堂」は、熊本県八代と鹿児島県川内を結ぶ第三セクター鉄道、肥薩おれんじ鉄道が提供する観光列車。
水戸岡鋭治氏デザインの人気の観光列車で、元JR九州鹿児島本線の一部(熊本県新八代駅〜鹿児島県川内駅間)をゆったり、のんびり走るスローな列車です。
地元食材の料理や各駅でのお買い物時間など、とくにシニア世代の女性に人気が高く席数が少ないことからも予約がすぐに埋まってしまう人気列車です。

観光列車「おれんじ食堂」公式ホームページより

観光列車「おれんじ食堂」公式ホームページより

これまで紹介してきた豪華列車と比べ、おれんじ食堂はダイニングカーとリビングカーの2両編成。コンパクトですよね。
おれんじ食堂と名前がついているとおり、食事が楽しめるというのが醍醐味。
2両編成で厨房機能もない列車ですが、舌のこえたシニアをもうならせる料理が提供されます。
その秘密は、沿線の駅ごとで料理を積み込むということ。
沿線の駅ごとで積み込んでいくことで、常にできたてを「ダイニングカー」「リビングカー」で提供してくれます。
そんなおれんじ食堂では、どんな旅が行われているのでしょうか?

「おれんじ列車」でゆったり贅沢な旅を

料理を積み込むために、何度も何度も駅で停車するおれんじ食堂。
料理を積み込むための時間は、駅に降り立つことができます。
おれんじ食堂から下りてきた乗客に炭火でメザシを焼いて振る舞ってくれたり、小さなケーキをカゴに入れて差し出してくれたり。
心が詰まったもてなしも人気の理由です。

ツイッターではこんな感想が載せられていました。

肥薩おれんじ鉄道の旅。
そこまで電車好き!ってわけではないけれど、この会社と路線が好き。
どの駅員さんも優しくて、温かみのある、素晴らしい接客をして下さる。

観光列車「おれんじ食堂」で更に好きになった。21,000円と高価だったが、また乗りたいし、今度は親を乗せてあげたいと思った。

おれんじ食堂じゃなければ寄ることのなかった場所のお土産を購入できるのもうれしいですよね。
一度にドンッと楽しむのではなく、時間をかけてじっくり楽しめるというのもシニア世代に人気の理由。まさに「スローな旅」を体現していると言えます。
おれんじ食堂に乗った人は、「少しずつ、少しずつ楽しめるのが本当に良かった。料理も美味しく、地域の食材が食べられたのが良い」と口々に話します。

のんびりと列車に乗って、車窓を眺めながらその土地のおいしいものを食べる。
最高に贅沢な鉄道旅をしてみませんか?

【お問い合わせはこちらから】
「おれんじ鉄道」予約センター 0996-63-6861
公式ホームページ:肥薩おれんじ鉄道「おれんじ食堂」

<こちらの記事もおすすめ>

【ちょこっと脳トレ!】JR九州の難読駅名にチャレンジ!

豪華客船「飛鳥Ⅱ」の楽しみ方とクチコミご紹介

リピーター続出!クラブツーリズムが仕掛ける「テーマ旅」

旅行回数多いほど夫婦は円満 「会話が増える」「惚れ直す」

シニアに人気の「プチ湯治」プラン。関節痛や冷え性に

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年3月13日

旅・イベント

いざ鎌倉! GWは古都鎌倉でエネルギーを充電

「東京から近い観光地でおすすめはあるかな?」東京から電車で一時間ほど移動すると、古都の魅力が広がる街「鎌倉」を楽しめます。鎌倉大仏、鶴岡八幡宮、銭洗弁財天など、鎌倉にある多くの観光...
2018年3月9日

旅・イベント

三世代旅行に! GWみんなでわいわい楽しめる観光地Best5

「まだまだ元気なうちに旅行をめいっぱい楽しみたい」ある調査によるとシニア世代の多くは孫と旅行に行ってみたいと考えているそうです。自分の子供と孫、 親子三世代で旅行できたらとても楽し...
2018年2月26日

旅・イベント

【北海道観光】絶品B級グルメと新鮮な海鮮を安価で味わおう

「北海道旅行に行きたいんだけれど、具体的にどこに行けばいいんだろう。」海外旅行と一緒でどこかに止まってじっくり見て回るスタイルが北海道旅行ではおすすめです。今回はおすすめの北海道の...
2018年2月25日

旅・イベント

シニア世代にこそシンガポールがおすすめ! クリーンで快適なシンガポールへ

「海外旅行に行きたいけど、どこに行こうかな?」人生の中で特別なイベントである海外旅行。国内旅行に比べてやはり不安もありなかなか一歩を踏み出せないもの。治安が悪かったり、 衛生状況が...
2018年2月24日

旅・イベント

いまどきシニアの海外旅行傾向は?

シニア世代の海外旅行が増えている昨今。「国内はいつでも行けるし、せっかくなら海外旅行に行きたい」考えている人が非常に増えてきています。人生において海外旅行に行ったことがあるシニア世...
2018年2月21日

旅・イベント

「孫」と旅行に行きたい シニア世代が思い描く旅行

「そういえば今度小学生になる孫と旅行に行ったことがないなぁ。」シニア世代が旅行に行きたい相手は子供よりも「孫」という結果が出ました。子供とは何回も旅行に行ったけれど、孫とは・・相手...