メニュー
ゲストさん
 

教えて!「産地直送の旅」の魅力ア・ラ・カルト カリフォルニア編

こんな旅したかった!

教えて!「産地直送の旅」の魅力ア・ラ・カルト

 旅行会社エイチ・アイ・エスの現地駐在員が実際に足を運んで企画した「産地直送の旅」。Slownet編集部が、世界各地の現地駐在員にパンフレットには書かれていない企画への思い、都市の見所などをうかがい、旅好きなSlownetの皆様の趣味にあった、体感の旅の魅力をご紹介いたします。
 第3回は、カリフォルニア。

カリフォルニア編

現地駐在員
ロサンゼルス在住5年
高橋 伸介
はじめまして。アメリカ ロサンゼルス支店の高橋伸介です。
私は、子どものころから遠出をするのが好きでした。これが自分の原点になっていると思っています。
ツアーに参加されるお客様は、一人ひとりが異なった目的、状況下で現地にいらしています。お客様一人ひとりに現地でできるかぎりのサポートをすることで、お客様の「感動」を身近で感じ、共感できる。こんなに魅力的な仕事は、ほかにはないと思っています。
趣味はサッカーです。地元のサッカーチームでプレーしています。マイブームは25セントコインの収集です。今、州をテーマにしたもの、国立公園をテーマにしたものを集めています。州をテーマにしたものはあと1枚で完成というところまできました!

地図

産地直送の旅 その1

いま一番、旬のエリア

高橋さんが再発見した、カリフォルニアの魅力を教えてください。

ゴールデンゲートブリッジ
フィッシャーマンズワープ

旅行会社が紹介している商品のすべてが、本当のカリフォルニアを紹介しているものなのか? という素朴な疑問を持ったことから、再発見の旅が始まりました。私が最も惹かれたのは、車で郊外に出た時に感じた景色の美しさです。ガイドブックで紹介されていない世界がまだたくさんありました。
また、旅行会社に長く勤める者として不思議に感じていたのが、お客様から「○○がどうしても食べたい」という言葉を耳にしないことでした。カリフォルニアにはそういう類のものが本当にないのか、食事目的で旅行する人はいないのか。一度感じた違和感はなかなか拭えませんでした。
「カリフォルニアの料理」とは? 一体何が名物なのか?
このテーマに巡りあってからは、旅行先で必ずその土地の名物を見て回るようになりました。
沿岸部、内陸部を散策すると、やはりいろいろと名物が出てきます。その場所で堪能できる「食」こそが良き思い出となり、味わうことが旅行の醍醐味だと思っています。
また、「食」についてまわったのが様々な特徴を持った「ワイン」でした。「食」を知れば知るほど、どの料理にもかかわってくるのが「ワイン」。自然とワインの虜になったことは言うまでもありません。

ナパワインの魅力はどのようなところにありますか?

ナパワイナリー

カリフォルニアワインの中でも、ナパのワイナリーは非常に洗練されていて、気品をもった雰囲気があります。
過去に訪れたワイナリーで、原種葡萄をつまみにワインをテイスティングするというめずらしい体験をしました。わざわざ畑から葡萄を採ってきてくれたんです。そういった心意気にとても感動しました。そして、葡萄の収穫について嬉しそうに話す、ワイナリーの店員さんの笑顔は忘れることができません。ワインテイスティングがとても身近に感じた瞬間でした。 そして、ナパはワインだけではなくグルメな街としても知られ、美食がたくさん集まっているのが特徴です。ワインとともに食文化も切磋琢磨している印象を強く受けます。ワインの味は言うまでもないですが、ワインが作られるまでのストーリー、葡萄畑を走るワイントレイン、どこか懐かしさをもつナパの街並み、そしてワインのために作られる食。ワインを引き立たせるために様々なものが集まってきているという点では、非常に面白い土地とも言えます。

ワインを使った名物はあるのでしょうか?

オーパスワン

珍しいワイン石鹸があります。1個十数ドルと高めですが、お土産としておすすめです。カベルネやシャルドネなど、まるでワインをそのまま石鹸にしたようないい香りが漂います。

この旅行で、お客様にぜひ体験していただきたいことは何ですか?

ロバート・モンダビ

カリフォルニアの広大さ、都市部と郊外の美しい自然、そこに住む人々の様子と触れ合いを肌で感じ、地元の人が過ごす休日のような感覚で旅行する、本当のカリフォルニアの魅力とは何なのかを一人ひとり味わって見つけていただけたらと思います。
そして次に、カリフォルニアワイン。カリフォルニアのワインは一部だけが有名ですが、まだまだ素晴らしいワインがたくさんあります。400軒近いワイナリーから(1)知名度、(2)特別感(ワンランク上のワインをテイスティング)、(3)ユニークさ(ワインの原料である葡萄の育て方が普通と異なる)をポイントに訪問先を選定しました。
最後に食事。豪華な食事から、その土地で採れた新鮮な食材を使った食事まで、バリエーションを用意しています。レストランのワインリストにも注意を払い、カリフォルニアワインを多く取り扱っているレストランを選定しました。
また、「日本人ならばここでこれが食べたい!」と思うところに「蕎麦」を盛り込んだりと、実際に見て回ったからこそわかる、日本人目線を盛り込んでいます。

この旅行は、どのような興味をお持ちの方におすすめしたいですか?

ナパワイントレイン

ワイン好きの方、土地の美味しいものを食べたい方におすすめです。
また、サンフランシスコからロサンゼルスへは陸路移動になりますので、カリフォルニアの沿岸部をもっと見てみたいという人にもおすすめできます。
大陸横断鉄道「アムトラック」、葡萄畑を走る「ワイントレイン」にも乗車するので、列車好きの方にもお楽しみいただけると思います。

産地直送の旅 その2

人気のグルメ

高橋さんが見つけたカリフォルニアの名物で、ぜひお客様に召し上がっていただきたいものはなんですか?

ウニ丼
※画像はイメージです。

サンタバーバラの名産、ウニです。日本のものと比べて大きく、甘いのが特徴です。生ウニを食べる習慣があまりないアメリカでは、ウニをお寿司でだしているお店がありません。サンタバーバラ中を探しまわりようやく出会ったのが、ツアーでもご紹介する絶品「ウニ丼」です。

「スローフード」が人気。

カリフォルニアでは、「スローフード」と呼ばれるオーガニック系の料理が流行っているそうです。日本でも、2004年にスローフードジャパンが設立され、地域の食を守る活動などをしています。

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年6月21日

スローな旅

【紫陽花の季節に】運が開ける 京めぐり 御朱印旅のすすめ

寺社仏閣をめぐって御朱印を集める人が増えています。 「御朱印ガール」と呼ばれる若い女性から、神仏を信心する年配の方たちまで その範囲は広く、単なるブームでは終わらない勢...
2018年6月3日

スローな旅

夫婦のデートにぴったり! 日帰り社会科見学に行こう

「遠出はできないけど、近場で日帰り旅行でもしたいな」 子供達も手がかからなくなり、だんだんと自分たちの時間ができ始めるシニア世代。 今までできなかった旅行や趣味に時間を使い...
2018年3月13日

スローな旅

いざ鎌倉! GWは古都鎌倉でエネルギーを充電

「東京から近い観光地でおすすめはあるかな?」東京から電車で一時間ほど移動すると、古都の魅力が広がる街「鎌倉」を楽しめます。鎌倉大仏、鶴岡八幡宮、銭洗弁財天など、鎌倉にある多くの観光...
2018年3月9日

スローな旅

三世代旅行に! GWみんなでわいわい楽しめる観光地Best5

「まだまだ元気なうちに旅行をめいっぱい楽しみたい」ある調査によるとシニア世代の多くは孫と旅行に行ってみたいと考えているそうです。自分の子供と孫、 親子三世代で旅行できたらとても楽し...
2018年2月26日

スローな旅

【北海道観光】絶品B級グルメと新鮮な海鮮を安価で味わおう

「北海道旅行に行きたいんだけれど、具体的にどこに行けばいいんだろう。」海外旅行と一緒でどこかに止まってじっくり見て回るスタイルが北海道旅行ではおすすめです。今回はおすすめの北海道の...
2018年2月25日

スローな旅

シニア世代にこそシンガポールがおすすめ! クリーンで快適なシンガポールへ

「海外旅行に行きたいけど、どこに行こうかな?」人生の中で特別なイベントである海外旅行。国内旅行に比べてやはり不安もありなかなか一歩を踏み出せないもの。治安が悪かったり、 衛生状況が...