メニュー
ゲストさん
 

教えて!「産地直送の旅」の魅力ア・ラ・カルト オーストラリア(ワイン編)

こんな旅したかった!

教えて!「産地直送の旅」の魅力ア・ラ・カルト

毎回ご好評いただいている、「産地直送の旅」の魅力を紹介する本コーナー。今回もSlownet編集部が、旅行会社エイチ・アイ・エスの世界各地の現地駐在員に、パンフレットには書かれていない現地に住んでいるからお届けできる都市の見所、企画への思いをうかがい、あますところなくご紹介いたします。

今回は、ワインの銘醸地が多数ある南オーストラリアです。

現地駐在員
パース在住10年
佐々木 徳丈
エイチ・アイ・エス オーストラリアパース支店の佐々木と申します。
1998年に渡豪して以来こちらにおりますが、実はこの時がはじめての海外旅行でした。
当時はこの広大なオーストラリア大陸を長距離バスが今より多く縦断・横断しており、そのバスを利用しぐるっと一周、各地を観光しながらゆっくり気ままに旅をしたことがきっかけで、オーストラリアに魅了されました。それが今の仕事の糧になっております。この仕事を通じ、多くの方にオーストラリアの魅力を味わっていただきたいと願っております。

地図

オーストラリアってどんなところ?

※画像はすべてイメージです。

1 産地直送の旅 いま一番、旬のエリア

白浜の続くきれいなビーチでのんびり、リラックスがおすすめ

クリフトップ

クリフトップ


コアラ
聖ピーターズ教会

上:コアラ
下:聖ピーターズ教会
(南オーストラリア観光局提供)

ーー

南オーストラリアの特徴と魅力を教えてください。

佐々木

佐々木

南オーストラリアは日本の約3倍の面積を持ち、オーストラリア中央部に位置します。アデレード近郊には白浜の続くグレネルグ・ビーチ、オーストラリアワインの産地バロッサバレー、野生動物の宝庫カンガルー島、オーストラリア最大の河マレー河、世界一のオパール産出地クバーペディなど魅力は尽きません。もちろん州都アデレードの街も、四方を公園に囲まれ、また文化、芸術の都として、とても魅力的ですよ!

ーー

佐々木さんのお気に入りスポットはどこですか?

佐々木

佐々木

意外と知られていないのが、きれいなビーチがたくさんあることで、個人的にはヘンリービーチ、セマフォーン・ビーチ、少し遠いですがモアナ・ビーチなどは人も少なくのんびりできるので気に入っています。

オーストラリアワインはピュアできれいなスタイルが楽しめる
ヤラバレー

ヤラバレー


ドメインシャンドン

ヤラバレーワイナリー

上:ドメインシャンドン
下:ヤラバレーワイナリー

ーー

日本でも人気が高まっているオーストラリアワインですが、人気の秘密はどこにあるのでしょうか?

佐々木

佐々木

西ヨーロッパがすっぽり入るほど広大な大陸には、5億年の歴史を持つ多様な土壌と、ブドウの栽培に適した気候や地形、日照条件を持つ銘醸地が多く点在しています。
いまやフランスやイタリアなどからも学生が学びに来るほどの高い技術で作られたオーストラリアワインは、世界中のワイン品種の味わい、オーストラリアらしいピュアで「きれい」なスタイルが楽しめます。そんなところがワイン好きを魅了しているのではないでしょうか。

ーー

オーストラリア有数のワイン産地、バロッサバレーとヤラバレーは、それぞれどういった特徴がありますか?

佐々木

佐々木

ともにオーストラリアを代表するワイン産地で、中でもバロッサバレーはもっとも歴史的に継続しており、また産地としての血統がよく、懐が深い産地として有名です。
バロッサバレーでは、赤ワイン(品種)のシラーズ、グルナッシュなどが世界的な評価を得ています。白ワインではセミヨン、リースリングが、またポートワインもおすすめです。
ヤラバレーはオーストラリアを代表する冷涼気候の産地で、力強さよりも繊細なワインを産しています。ヤラバレーのピノ・ノワール、シャルドネ、スパークリングワインなどは特筆すべきワインです。

佐々木

佐々木

オーストラリアワインを詳しく紹介しているWebサイトがあります。ご興味のある方はぜひご覧ください。
ワインオーストラリア
http://www.wineaustralia.net.au

2 産地直送の旅 人気のグルメ

南オーストラリア産の牡蠣は身が大きくてプリプリ!

アデレード ウィンディポイント

アデレード ウィンディポイント


バロッサバレー ジェイコブスレストラン
アペレーション(イメージ)

上:バロッサバレー ジェイコブスレストラン
下:アペレーション(イメージ)

ーー

オーストラリアの食といえばオージービーフやシーフードを想起しますが、伝統的なオーストラリア料理はどのようなものでしょうか?

佐々木

佐々木

もともと英国の背景を持つオーストラリアですが、現在では多民族国家となり、世界の食文化や調味料にアクセスできる恵まれた環境にあります。今では、特にアジアの食文化を意識したフュージョン料理や、シンプルに素材を活かした料理が、オーストラリアでのグルメの主流と言われているようです。
専門家の方がおっしゃるのは、いわゆる「本場の」料理にこだわってしまうと楽しめない、現在進行形がオーストラリア料理だそうです。

ーー

お客様にぜひ召し上がっていただきたいお料理、もしくは食材がありましたらご紹介ください。

佐々木

佐々木

食材として、ぜひアデレードでお召し上がりいただきたいものは、やはり牡蠣でしょうか。南オーストラリア産の牡蠣は、身が大きく、プリプリして最高です。

大切なパートナーや友との旅だからこそ出会える1本がある?!
デ・ボルトリ

デ・ボルトリ


バロッサバレー アペレーション
ジェイコブスクリーク

上:バロッサバレー アペレーション
下:ジェイコブスクリーク

ーー

佐々木さんが実際に召し上がったお料理とワインで、感動したものは何ですか?

佐々木

佐々木

やはり料理はバロッサバレーにある、オーストラリアで最高峰と言われる『アペレーションレストラン』でのビーフです。とろけるように柔らかくてジューシーでした。さらにマッチングで出されたピーターリーマンのスパークリングもとても美味しかったです。

佐々木

佐々木

ワインで感動したのは、ワイナリー巡りで連れと珍しく意見が合い購入したシラーズです。何気なく買った粒ペッパー入りのチェダーチーズと一緒に宿のベランダでいただいた時の美味しさは、今でも忘れられません。そのワインとチーズは高価なものではありませでしたが、感動するほど美味しかったことを覚えています。

佐々木

佐々木

ただ、また新たに同じものを購入したときには、それほどの感動はなく、このようなことを言っては身もふたもなく、また、私の未熟からかもしれませんが、ワインの味はその時のシチュエーション、例えば場所やグラスを傾ける相手でも美味しさが加味されてしまうかもしれません(笑)
このツアーでは、私どもが考えうる最高の場所と時間をアレンジいたしました。素敵なパートナーや友と一緒にお越しいただければ、きっと最高に素敵なワインに出会っていただけると思います。

3 産地直送の旅 人気のホテル

自然と食事も楽しめるラグジュアリーな「ザ ルイーズ」で最高の贅沢を
ザ ルイーズ(客室一例)

ザ ルイーズ(客室一例)


サザンオーシャンロッジ(外観)

サザンオーシャンロッジ(外観)

ーー

佐々木さんが企画された「ワインと美食を堪能するオーストラリア」では、様々なタイプのホテルに宿泊しますが、ホテルを選定する際にこだわった点はありますか?

佐々木

佐々木

今回のホテル選択に関しましては、アデレードでも最高の贅沢を楽しんでいただけるホテルを厳選いたしました。
中でもバロッサバレーの「ザ ルーイズ」では、最高のおもてなしとお食事をお楽しみいただけるでしょう。客室から眺める広大なブドウ畑も必見です。

※画像はすべてイメージです。

子どもも大人も、トランポリン。

最近、ひそかにアデレードでブレークしかけているものにトランポリンがあります。市内近郊にトランポリンのできる施設 BOUNCE(バウンス)がオープンし、子どもから大人まで家族で楽しめるということで人気が出てきています。

オーストラリアのベストシーズンは?

良いふつう

1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10月 11月 12月

南オーストラリア州の州都アデレードでのベストシーズンは、春と秋となります。年間を通して温暖で、冬はの気温は、日本の秋口から初冬と同じくらいです。
広大な面積をもつオーストラリアの中で、地域によってベストシーズンが変わってきますね。
※上の表は、アデレードのベストシーズンです。
※参考サイト『ドリフト』
オーストラリア・オセアニア旅行のベストシーズンと気温・服装http://dlift.jp/bestseason/oceaniaより

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年6月21日

スローな旅

【紫陽花の季節に】運が開ける 京めぐり 御朱印旅のすすめ

寺社仏閣をめぐって御朱印を集める人が増えています。 「御朱印ガール」と呼ばれる若い女性から、神仏を信心する年配の方たちまで その範囲は広く、単なるブームでは終わらない勢...
2018年6月3日

スローな旅

夫婦のデートにぴったり! 日帰り社会科見学に行こう

「遠出はできないけど、近場で日帰り旅行でもしたいな」 子供達も手がかからなくなり、だんだんと自分たちの時間ができ始めるシニア世代。 今までできなかった旅行や趣味に時間を使い...
2018年3月13日

スローな旅

いざ鎌倉! GWは古都鎌倉でエネルギーを充電

「東京から近い観光地でおすすめはあるかな?」東京から電車で一時間ほど移動すると、古都の魅力が広がる街「鎌倉」を楽しめます。鎌倉大仏、鶴岡八幡宮、銭洗弁財天など、鎌倉にある多くの観光...
2018年3月9日

スローな旅

三世代旅行に! GWみんなでわいわい楽しめる観光地Best5

「まだまだ元気なうちに旅行をめいっぱい楽しみたい」ある調査によるとシニア世代の多くは孫と旅行に行ってみたいと考えているそうです。自分の子供と孫、 親子三世代で旅行できたらとても楽し...
2018年2月26日

スローな旅

【北海道観光】絶品B級グルメと新鮮な海鮮を安価で味わおう

「北海道旅行に行きたいんだけれど、具体的にどこに行けばいいんだろう。」海外旅行と一緒でどこかに止まってじっくり見て回るスタイルが北海道旅行ではおすすめです。今回はおすすめの北海道の...
2018年2月25日

スローな旅

シニア世代にこそシンガポールがおすすめ! クリーンで快適なシンガポールへ

「海外旅行に行きたいけど、どこに行こうかな?」人生の中で特別なイベントである海外旅行。国内旅行に比べてやはり不安もありなかなか一歩を踏み出せないもの。治安が悪かったり、 衛生状況が...