メニュー
ゲストさん
 

教えて!「産地直送の旅」の魅力ア・ラ・カルト イラン・トルコ編

こんな旅したかった!

教えて!「産地直送の旅」の魅力ア・ラ・カルト

毎回ご好評いただいている、「産地直送の旅」の魅力を紹介する本コーナー。今回もSlownet編集部が、旅行会社エイチ・アイ・エスの世界各地の現地駐在員に、パンフレットには書かれていない現地に住んでいるからお届けできる都市の見所、企画への思いをうかがい、あますところなくご紹介いたします。

今回は、悠久の遺跡と庭園が見所の、イランとトルコです。


現地駐在員
イスタンブール(トルコ)在住1年半
脇谷周平
こんにちは。エイチ・アイ・エス イスタンブール支店の脇谷です。今回イランとトルコの産地直送の旅を手掛けることになりました。イランというと皆さん何を想像するでしょうか? 答えは様々ですが、私も訪れるまではおそらく同じ考えでした。そして、訪れた後は……。
訪れる前後のギャップが、イランほど大きい国はないのではないでしょうか? ぜひ訪れてほしい、もっと世界を楽しんでほしいという思いを込めて企画しました。この熱い思いが届いてくれることを願ってやみません。

地図

イランとトルコってどんなところ?

※画像はすべてイメージです。


1 産地直送の旅 いま一番、旬のエリア

緑や花の美しい庭園がイランのイメージを大きく変えた
世界遺産エマーム広場(エスファハーン)

世界遺産エマーム広場(エスファハーン)


フィン庭園
マスジェデ・エマーム
エマーム広場

上:フィン庭園
中:マスジェデ・エマーム
下:エマーム広場

ーー

脇谷さんは実際にイランへ行って、そのイメージが変わったそうですね。イランのイメージを大きく変えたものは何ですか?

脇谷

脇谷

そうですね。整備された庭園と、そこにある緑や花です。緑とは縁遠い国だと思っていたので、実際にイランを訪れてそのイメージが大きく変わりました。
美しい庭園、そして安全な国であるイランをご体験ください。

ーー

トルコの見所を教えてください。

脇谷

脇谷

トルコと言うと何を想像されますか? カッパドキアの岩を想像される方も多いはず。

実際は海に囲まれた豊かな国、海が風景にマッチしている国だと私は思います。ぜひ、海の青とモスクの白のコントラストをお楽しみください。優雅な気分になること間違いありません。

ブルーモスク

ブルーモスク




2 産地直送の旅 人気のグルメ

世界3大料理のひとつトルコ料理で素材の味を再認識
レストラン:ハフトカーン(HAFT KHAAN)

レストラン:ハフトカーン(HAFT KHAAN)


アーブグーシュト(イランの伝統料理)

壺焼きケバブ(トルコ料理)

上:アーブグーシュト(イランの伝統料理)
下:壺焼きケバブ
(トルコ料理)

ーー

イランやトルコの料理には馴染みがありません。口に合うか心配なのですが……。

脇谷

脇谷

イラン料理は肉料理がメインになっておりますが、味付けはまろやかで日本人の口に合うと思います。
トルコ料理は世界3大料理と言われるにふさわしく、様々な味を楽しめます。素材を生かした料理が多いので、「野菜っておいしいんだな」と再認識できると思います。

ーー

脇谷さんおすすめのお料理やお酒、デザートなどをご紹介ください。

脇谷

脇谷

イランは、飲酒ができない国です。その代わりにノンアルコールビールが進化していて、中でもレモン味のノンアルコールビールがおすすめです。トルコではお酒が飲めますので、それまではしばらく我慢してくださいね。
トルコでのおすすめは、壺焼きケバブです。壺の中で煮たお肉をピラフと一緒に食します。今回はトルコ1番と言っても過言ではないレストランにて召し上がっていただきます。楽しみにしていてください。


3 産地直送の旅 人気のホテル

緑や花に囲まれた庭園でゆったりとした時の流れを楽しむのがおすすめ
アッバーシホテル(外観)

アッバーシホテル(外観)



チャイ
チュラーンパレスケンピンスキー

上:チャイ
下:チュラーンパレスケンピンスキー

ーー

脇谷さんが企画した「悠久のペルシャ・イランと魅惑のトルコを巡る旅」では、各国で特徴のあるホテルに泊まれるそうですね。それぞれの楽しみ方を教えてください。

脇谷

脇谷

イランでは、エスファハーンに泊まるアッバーシホテルの庭園での休憩をお楽しみください。イラン人はアルコールなしでもチャイでゆっくりと時が流れるのを楽しんでいます。緑や花に囲まれた庭園で、ぜひ皆さんもチャイを楽しんでくださいね。

トルコでは、チュラーンパレスケンピンスキーというホテルでの滞在がおすすめです。
宮殿に併設しているホテルは、トルコではここだけ。ぜひとも優雅な気分に浸ってください。

※画像はすべてイメージです。

最近のトルコ人のステータス

ココハジェバヒル前のスターバックスコーヒー
日本では、ブームを超えていまや私たちの生活の中に溶け込んだカフェですが、トルコでは今がまさにカフェブーム。スターバックスコーヒー(スタバ)ができると、そこにトルコ人が集まります。どうやら、スタバでコーヒーを飲むことがトルコ人のステータスのようです。

また、観光場所では、イズミールから40Km離れた海に面したリゾート地、チェシメが脚光を浴びています。
トルコ人の間では、チェシメでゆっくりするのが社会的地位の証になってきているようです。

※画像:ココハジェバヒル前のスターバックスコーヒー

イラン・トルコのベストシーズンは?

良い  ふつう

▼イラン

1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10月 11月 12月

テヘランは内陸の高地にあり、季節による寒暖差が激しく、夏は乾燥し非常に暑く40℃を超えることもあります。テヘラン旅行のベストシーズンは、草花が美しい4月~5月と、果物が実る秋10月です。この二つの季節は気候的にももっとも過ごしやすく、快適に旅行が楽しめます。
※参考サイト『ドリフト』(イラン旅行の観光ベストシーズンhttp://dlift.jp/countryinfo/country38より

▼トルコ

1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10月 11月 12月

イスタンブールはトルコ最大の都市です。東京と同じような気温で、一般に5月~9月にかけてがイスタンブールを訪れるベストシーズンです。
※参考サイト『ドリフト』
トルコ旅行の観光ベストシーズンhttp://dlift.jp/countryinfo/country46より

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年6月21日

スローな旅

【紫陽花の季節に】運が開ける 京めぐり 御朱印旅のすすめ

寺社仏閣をめぐって御朱印を集める人が増えています。 「御朱印ガール」と呼ばれる若い女性から、神仏を信心する年配の方たちまで その範囲は広く、単なるブームでは終わらない勢...
2018年6月3日

スローな旅

夫婦のデートにぴったり! 日帰り社会科見学に行こう

「遠出はできないけど、近場で日帰り旅行でもしたいな」 子供達も手がかからなくなり、だんだんと自分たちの時間ができ始めるシニア世代。 今までできなかった旅行や趣味に時間を使い...
2018年3月13日

スローな旅

いざ鎌倉! GWは古都鎌倉でエネルギーを充電

「東京から近い観光地でおすすめはあるかな?」東京から電車で一時間ほど移動すると、古都の魅力が広がる街「鎌倉」を楽しめます。鎌倉大仏、鶴岡八幡宮、銭洗弁財天など、鎌倉にある多くの観光...
2018年3月9日

スローな旅

三世代旅行に! GWみんなでわいわい楽しめる観光地Best5

「まだまだ元気なうちに旅行をめいっぱい楽しみたい」ある調査によるとシニア世代の多くは孫と旅行に行ってみたいと考えているそうです。自分の子供と孫、 親子三世代で旅行できたらとても楽し...
2018年2月26日

スローな旅

【北海道観光】絶品B級グルメと新鮮な海鮮を安価で味わおう

「北海道旅行に行きたいんだけれど、具体的にどこに行けばいいんだろう。」海外旅行と一緒でどこかに止まってじっくり見て回るスタイルが北海道旅行ではおすすめです。今回はおすすめの北海道の...
2018年2月25日

スローな旅

シニア世代にこそシンガポールがおすすめ! クリーンで快適なシンガポールへ

「海外旅行に行きたいけど、どこに行こうかな?」人生の中で特別なイベントである海外旅行。国内旅行に比べてやはり不安もありなかなか一歩を踏み出せないもの。治安が悪かったり、 衛生状況が...