メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
 

【女のカラダ/男のカラダ】乳がん、両方とも発症しやすいのは 日本人に多い乳腺が高濃度のタイプ

乳がんは日本人女性の12人に1人がかかるがんで、最近若い世代に増えている。40~64歳までの年代では、がんの死亡率の1位だ(2014年データ、国立がん研究センター調べ)。

乳がんを発症すると、もう片方の乳房にも新しいがんができる人がいるが、乳腺が高濃度の乳房をもつ女性は、反対側の乳房にもがんを発症しやすいことを米テキサス大学のチームが突きとめた。日本人女性の乳房の半数以上が高濃度タイプといわれており、検診には念には念を入れたい。

しっかり検診を受けよう

検診でも見つかりにくいうえ…

乳房は、脂肪組織と乳腺組織からなり、乳腺の密集度によって、(1)脂肪性(2)乳腺散在(3)不均一高濃度(4)高濃度の4つのタイプに分けられる。このうち、(3)と(4)が乳腺密度の高い「デンスブレスト」(高濃度乳房)と呼ばれ、日本人女性の半数以上がこのタイプにあたる。
乳がんの早期発見のカギを握るのが検診だが、国が40歳以上の女性にすすめる乳房エックス線撮影(マンモグラフィー)だけでは、「高濃度乳房」の女性は異常を見つけにくい。乳腺の密度が濃いと画面では全体が白く写り、がんなどのしこりも白く写るため判別しづらいからだ。このため、医療機関では超音波検査との併用を勧めるところが増えている。

米テキサス大学のチームは、がん専門誌「Cancer」(電子版)の2017年6月1日号に論文を発表した。論文要旨によると、もともと高濃度乳房の女性は、乳腺密度が低い女性に比べ、乳がんの発症リスクが高いことが知られている。また、乳がんになった人の約10~20%の人が反対側の乳房にもがんができる「対側乳がん」を発症する。そこで、研究チームは、高濃度乳房の女性は「対側乳がん」の発症リスクが高くなるのではないか、という仮説を立てた。

この仮説を調べるために、初めてステージ1~3の乳がんと診断された女性を対象に、乳腺濃度と「対側乳がん」の発症リスクとの関連を調べた。女性たちのうち229人が「対側乳がん」を発症した。4種類の乳房のタイプのうち、「脂肪性」と「乳腺散在」を低濃度型、「不均一高濃度」と「高濃度」を高濃度型と分け、「対側乳がん」の発症リスクを分析すると、高濃度型の患者の発症リスクは、低濃度型に比べ、約1.8倍高かった。

研究チームは論文要旨の中で「乳がんは、早期に発見できれば、治すことができるがんです。乳腺濃度が高い女性は、まず乳がんそのものの発症リスクが高いこと、そしてもう1つの乳房にもなりやすいことを十分意識して、定期的な健診を続けることを心がけてください」と注意を呼びかけている。

提供元:J-CASTヘルスケア

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事
2017年7月2日

元気のヒント

「失ってから後悔したもの」 髪の毛をしのぐ1位は…?

「衰えを感じた」のは57.1歳 年齢を重ね、自分の体について変化したこと、失ったものは何ですか? その中で、もっとも後悔しているものは…? 矯正歯科治療を提供するアライ...
2017年8月18日

元気のヒント

【けんこう歳時記】8月18日――糸ようじが強烈にクサイ。なぜ…?

歯間清掃率低い日本 40代から増える歯周病。予防には、ブラッシングに加えて、デンタルフロスや糸ようじなどを利用して、歯間の掃除をすると効果的です。 ところが、日常的に歯...
2017年7月16日

元気のヒント

2015年の都道府県別死亡率発表 ワースト1位となったのは…

死亡率上位に多いのは東北 47都道府県別の健康度を示すランキングなどでよく登場するのが、死亡率の順位です。全死因(すべての理由を含む死亡)や各種がんでの死亡率を比較したデータ...
2017年2月14日

元気のヒント

50歳超えても「認知機能」が衰えない人 「ある行為」を続けていた!

英国でユニークな研究 認知機能を維持できる、向上させるとされる運動や食品はさまざまな研究によって数多く示唆されています。 そんな中、英国の研究者らによって、50歳以上に...
2017年3月29日

元気のヒント

既婚者と未婚者、ストレスに大差 「常識とは逆」の調査結果に驚いた

コルチゾール値でストレス度を分析 既婚者に比べて未婚者は気ままな生活ができ、ストレスもなさそう…というイメージがあるかもしれませんが、ストレスの目安となるホルモンの量を分析し...
2017年8月6日

元気のヒント

ひざからポキポキ音がする 実は変形性膝関節症のサイン

医師にも音の意味がわからなかった しゃがむ、立ち上がるなどひざを曲げる動作をしたとき、ひざから「ポキポキ」と音がしたことがありませんか。 音自体は指をポキポキと鳴らした...
関連記事
NEW!
2017年9月18日

男と女の体相談室

【女のカラダ/男のカラダ】酒が弱い女性は骨粗しょう症に 年をとると大腿部骨折が2.5倍

お酒を飲むとポッと赤くなる女性は多いが、「おしとやかで、色っぽい~」などと女性の魅力の1つに思ってはいないだろうか。実は、酒に弱い女性は年を取ると骨粗しょう症になり大腿部骨折を起こ...
2017年9月5日

男と女の体相談室

【女のカラダ/男のカラダ】糖尿病の男性の5割以上がEDに 初の世界的な大規模調査で判明

糖尿病の男性患者に勃起不全(ED)になる人が多いことが知られている。「糖尿病性勃起不全」という症状名があるほどだが、どれだけの頻度でなるかは明らかではなかった。 フランスのマ...
2017年8月29日

男と女の体相談室

【女のカラダ/男のカラダ】ラジオ体操は高齢者に危険って本当? 「膝に負担」の一方で「長寿の源」の声

子どもからお年寄りまで、幅広く親しまれている健康法にラジオ体操がある。初めて放送されたのは今から約90年前。今でも、早朝におなじみの軽快なメロディーに合わせて体を動かす人は少なくな...
2017年8月22日

男と女の体相談室

【男の相談室】自転車に乗っても「ED」は大丈夫 サイクリストはランナーよりオトコ力が上

さわやかな風を受けながら颯爽と自転車で走る季節がやってきたが、男性サイクリストの中には今ひとつ心が晴れない人もいるだろう。「自転車に長く乗り続けるとED(勃起障害)になる」という心...
2017年8月14日

男と女の体相談室

【女の相談室】恥ずかしくて相談できない突然の尿漏れ まずは「ユーユーアイ」と言い換えよう

突然、我慢できないほどオシッコがしたくなり、トイレに間に合わずに漏らしてしまう「切迫性尿失禁」。40代以上の男女、特に女性に多い病気だが、恥ずかしさもあって専門医に相談しない人がほ...
2017年8月8日

男と女の体相談室

【男の相談室】「まだまだ現役」夜も頑張る男たち 快楽と引き換えに寿命を縮めていた

「死ぬまでセックス」「死ぬまで現役」――。男性向け週刊誌が毎週のように競い合って高齢者のセックスを特集しているが、はたして健康にいいのだろうか。 最新研究では、「記憶力の向上...


御朱印旅のすすめ

モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円