メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82 -->
 

何歳になっても美しく!メークアップで「美再生」

「もう年だから、いまさら化粧をしても仕方がない」こんな風に諦めてしまっている人はいませんか? でもやっぱり心は何歳になってもレディ。「美しくなれたら嬉しい」という思いはずっと心にあるのではないでしょうか。

何歳になっても美しく!メークアップで「美再生」

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

今回はそんな女性の願いをメークアップで助けてきた、カリスマヘアメークアップアーティスト赤坂渉さんのことを中心に話していきたいと思います。

カリスマヘアメークアップアーティスト赤坂渉さんとは?

赤坂渉さんは東京の巣鴨にあるシニア専門フォトスタジオ「えがお写真館」勤めるマヘアメークアップアーティストです。3年間で約4,000人のシニア女性(60代以上)を、メークで「美再生」してきたカリスマヘアメークアップアーティストとして知られています。
また、60歳以上のシニア世代を対象にした写真館は日本初の試みで、多くのメディアから紹介されています。なんと、シルバーと呼ばれていた高齢者層をシニアと読んで、若々しくイメージチェンジさせたのも赤坂さんなんだそうです。

赤坂さんが所属している「シニア専門フォトスタジオえがお」

赤坂さんが仲間のスタイリストやカメラマンと3人で巣鴨にオープンさせたのが、シニア専門フォトスタジオ「えがお写真館」です。この「えがお写真館」の人気の秘密に迫っていきましょう。

まずは、何と言っても最大の魅力は赤坂さんによる「美再生」です。赤坂さんの手にかかれば、マイナス10歳以上の若返りも夢ではないとのこと。そんな噂を聞きつけて常に多くの予約でいっぱいというのです。
また、これだけ人気の高いお店にも関わらず、価格が良心的なのも人気を支えるポイントです。ヘアメークから服装のアドバイス、撮影まで含めて19,800円(税別)でできるのです。カリスマヘアメークアップアーティストに化粧をしてもらえるだけでもこの金額を払う価値画ありそうですが、さらに写真をして形に残せるとなると嬉しいですよね。

来店する人の目的も様々なようで、娘が母親へのプレゼントとして利用したり、記念日で利用したりするそうです。特に多いのが友人同士で来店してとても楽しそうに撮影をしていくんだとか。中には病気で入院する前の元気な姿での撮影や、病気に打ち勝ったその姿を収めようとしての来店もあるそうです。
どの女性にも共通していることは「美しくなると元気になる」ということみたいです。美しくなることで、女性は自信にも繋がりますよね。

赤坂さんのメイクの秘訣 加齢でマイナスをメイクでプラスに

マイナス10歳以上も夢ではないと言われる赤坂さん「美再生」にはどのような秘訣があるのでしょうか? その技の秘密に迫ります。

美再生メイク

どうしてそんなにキレイなの? と噂されるシニアビューティメイク (えがお写真館) 赤坂 渉

■参考リンク:どうしてそんなにキレイなの? と噂されるシニアビューティメイク (えがお写真館) 赤坂 渉

赤坂さんによればシニア女性のメークは「失われたものを取り戻すためのメーク」とのことです。年齢を重ねると、どうしてもシミやシワ、たるみがつきまとってきます。化粧を施すことで、肌に血色を与え、唇に厚みを持たせ、左右対称に顔を整えていくことで、本来の美しさを再生しているそうです。
つまりは、加齢でマイナスになってしまった部分をメイクでプラスに「その人らしい美しさ」にするのが赤坂さんのメイク術のようですね。

具体的な方法を挙げるとしましょう。

肌の血色を取り戻したいなら…
2色のチークを使用してツヤと赤みを加えるのがポイント。オレンジ系とピンク系のチークを使うのがコツです。耳の横から頬の一番高い部分までをオレンジ系のチークで伸ばします。

明るくツヤがあるように見せたいなら…
笑顔になった時に一番盛り上がる部分にピンク系のチークをのせて伸ばす

クマやくすみが気になる部分には…
ピンク系の化粧下地をピンポイントでのせてカバーすると目立ちにくくなるそう。

コツさえつかんでしまえば日頃のメークでも活用することも可能ですので、是非とも試してみてはいかがでしょうか?
赤坂さんのメイク術はYouTubeでも見ることができます。

シニア専門フォトスタジオ「えがお写真館」赤坂さんの紹介でした。どの女性も美しくなった自分をみて足取り軽くウキウキなままお帰りになるみだいです。記念日の撮影や遺影用にも利用できますので、最高の状態の自分を記念に収めてみてはいかがでしょうか。

<こちらの記事もおすすめ>

美しすぎる大変身のシニアビューティー! テレビで話題「遺影撮影」も

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年7月17日

美容

【すごい痛い】男性は要注意!痔瘻(じろう)になった話【根治編】

編集部スタッフが患った痔瘻(じろう)。シリーズとして全5回にわたり、痔瘻の闘病についてご紹介させていただきます。 今回は第3回目です。 「ついに痔瘻の根治手術をすることにな...
NEW!
2018年7月13日

美容

【すごい痛い】男性は要注意!痔瘻(じろう)になった話【通院編】

編集部スタッフが患った痔瘻(じろう)。シリーズとして全5回にわたり、痔瘻の闘病についてご紹介させていただきます。 今回は第4回目です。 「退院の翌日は必ず通院してください」...
NEW!
2018年7月12日

美容

今や歯列矯正は当たり前! 孫にも歯列矯正を

「最近の子どもは歯並びがいいなぁ」 と感じたことはありませんか? 昔ほどガチャガチャな歯並びの子どもが少なくなってきています。 その理由のひとつが歯列矯正。 今...
2018年7月9日

美容

【すごい痛い】男性は要注意!痔瘻(じろう)になった話【手術編】

編集部スタッフが患った痔瘻(じろう)。シリーズとして全5回にわたり、痔瘻の闘病についてご紹介させていただきます。 「突然手術をすることになってしまった……」 生まれてこ...
2018年7月8日

美容

【私の口、臭すぎ?】放って置くと全身疾患も!怖い歯周病の話

「なんだか歯が痛い…」 入れ歯ではなく、まだすべて自分の歯、というシニア世代の方も多いはず。 年齢を重ねても自分の歯でいられるということは、食事が楽しかったり、運動をより楽...
2018年7月6日

美容

【すごい痛い】男性は要注意!痔瘻(じろう)になった話【診察編】

編集部スタッフが患った痔瘻(じろう)。シリーズとして全5回にわたり、痔瘻の闘病についてご紹介させていただきます。 前回の【導入編】に続き、今回は第2回目【診察編】をお届けします。...