メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

6月14日は認知症予防の日!脳トレドリル「脳レク」で若々しい脳を保ちましょう!

認知症予防への注目の高まりから、言葉遊びや計算など脳を使って楽しむことのできるレクリエーションとして「脳トレ」の人気が集まっています。

今や、高齢者の4人に1人は認知機能に何らかの問題を抱えているともいわれています。
脳トレには多くの種類がありますが、どのようなトレーニングがあるのかいくつかご紹介します。

また期間限定のお得なキャンペーンも合わせてご案内致します。

脳トレドリル

認知機能の改善が期待できる脳トレは、例えば重なり合ったひらがなから単語を探し出す、といった国語力を鍛えるものや、隣り合った数字を足し合わせていく算数力を鍛えるものなど数多くあります。

脳トレドリル「脳レク」は、「毎月届く」という点が、これまでの脳トレ本と大きく異なります。
従来では書店などで数多くある脳トレ本から選び、購入しなければなりませんでした。どの脳トレ本が良いのか、自分に合っているのか、効果があるのか、といったことは購入してみないとわかりません。

しかし、この毎月届く脳トレドリル「脳レク」は、認知症の専門医師が監修した問題ばかりが掲載されており、1日2ページ、4週間分のクイズを解くよう設計されています
医師が監修した問題集が毎月届くので、書店で脳トレ本を前にして悩む必要はありません。
また、3ヶ月に1度、軽度認知障害のリスクを 97%の精度で判別するテストを無料で受けることも可能。
脳トレの効果測定や認知機能の低下の早期発見ができるのです。

問題をひとりで解き続けるだけでは飽きてしまい、次第にやらなくなってしまいますよね。
しかし、脳レクは週に1回、電話で相談ができます
日常生活の相談から難しい問題のレクチャー、ドリルに掲載されている電話問題も実施してくれます。

「認知症予防の日!初月無料キャンペーン」内容

毎月脳トレドリルが1冊自宅に届くサービス「脳レク」は、今年2018年から6月14日を「認知症予防の日」と制定されたことを受け、6月1日~6月30日の間、初月無料で提供するキャンペーンを開催します。

■キャンペーン内容:「脳トレドリルプラン」初月無料(送料も無料)
■キャンペーン適用期間:2018年6月1日~6月30日
■お申し込み方法:
【パソコン】特設ページからお申し込みください。
※お申し込み時に「スローネット掲載の認知症予防の日キャンペーン」と備考欄に記載してください
【お電話】0120-905-909(平日9時30分~18時30分)
※お申し込み時に「スローネット掲載の認知症予防の日キャンペーンを見た」とお伝えください

脳レクの詳しいサービス内容は、下のバナーをクリック!
脳トレドリル

「認知症予防の日」とは

認知症予防の大切さをより多くの人に伝えるのが目的として、福岡県北九州市に事務局を置く日本認知症予防学会によって制定されました。6月14日という日付は認知症の大きな原因であるアルツハイマー病を発見したドイツの医学者・精神科医のアロイス・アルツハイマー博士の誕生日(1864年6月14日)から取られています。

元気だから大丈夫ではない、元気なうちに認知症予防

内閣府より発表された平成29年版高齢社会白書によると、現在日本の高齢化率は27.3%と人口の3割近くが高齢者になる割合です。
認知症に関するニュースも多く社会的な関心は高まる一方、まだ元気だから大丈夫といった声をよく耳にします。
しかし、人間の脳は40代頃から少しずつ機能が低下していきます。今は特に不便を感じていないかもしれませんが、気づいた時にはもう発症していたでは手遅れです。
元気な今だからこそ予防のために行動してほしいと思い、今回初月無料キャンペーン実施となりました。
今元気な方も、少し物忘れが心配な方も是非この機会に、脳レクで脳トレ習慣はじめてみませんか?

自宅でできるもの忘れ対策「脳レク」サービス内容とは

「脳レク」は、自宅でできるもの忘れ対策として、2015年9月1日より開始しました。
毎月1日前後に、ご利用者様のご自宅に1日2ページ10分程度でできる脳トレクイズと回答が4週間分掲載されている、脳トレドリルをお届けするサービスです。ドリル掲載クイズは、医師監修のもと漢字のクイズや計算問題、クロスワード、間違い探しなど様々な種類が掲載されておりバランスよく脳を鍛えることができます。

■実際のクイズ例

実際に「脳トレ」にチャレンジしてみましょう。
まずは簡単な「ひらがなの並べ替え」です。

【初級】Q1.いくつかの平仮名が重なり合っています。平仮名を並び替えて1つの言葉にしてください。

脳トレドリル

いかがでしょうか?正解は次のページでご覧いただけます。
次は隣り合った数字を足し引きする「暗算トレーニング」です。

【中級】Q2.隣り合った2つの数字を足して、上のマスに答えを書いて行きましょう。一番上のマスに入る数字はいくつでしょうか。

脳トレドリル
脳トレドリル

次のページにて正解を発表します!⇒

ページ: 1 2

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年6月19日

元気のヒント

シニア世代の活力に!アスリート専用サプリメントがオススメ

「テレビや雑誌で取り上げられている健康院はいろいろ試したけど、あまり効果を感じられない」 テレビや口コミで話題になっている健康食品ってたくさんの種類があって、次々に新しい商品...
2018年6月1日

元気のヒント

【デートプラン】大人デートに使える!意外なある場所とは?

「この歳になってからのデートなんてどこに行けばいいのだろう」 シニア世代になってからの婚活で知り合った異性の相手。 いざデートをすることになったのですが、一体どこに行けば良...
2018年5月31日

元気のヒント

歯科訪問診療サービスのポータルサイト『おうちで歯科』サービス開始

「歯医者に行きたくても、なかなか動けなくて行けない…」 訪問看護や、訪問介護、訪問医療などが最近ではどんどん発達してきています。 訪問散髪なんかもありますよね。 しか...
2018年5月26日

元気のヒント

お米はまだまだ美味しくなる 炊飯器でできる美味しいお米の炊き方

「もっとお米を美味しく炊けないかな?」 高級炊飯器のブームなど、よりお米をおいしく食べようという人が増えています。 とはいえ電気炊飯器で炊くご飯に違いなんて大きく生まれない...
2018年5月17日

元気のヒント

【けんこう歳時記】5月17日――高血圧予防、食塩1日6gってどのくらい?

「減塩の日」もスタート 5月17日は「高血圧の日」です。2007年に国際高血圧学会の一部門である、世界高血圧リーグがこの日を「世界高血圧デー」として啓発活動を始めたことになら...
2018年5月6日

元気のヒント

シニア世代はお菓子好き? 気になるシニア世代のお菓子好き度とは?

「お菓子に手が伸びてしまう」 というシニア世代が今増えているんです。 こんなにお菓子好きなのは自分だけなのかな? と不安に思っている方もいることでしょう。 チョコレー...