メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

包茎を手術でスッキリ解消、介護の準備にも

「歳を取っての包茎。使う予定もないし、どうでもいい」

包茎手術は若い人たちだけのモノではありません。

加齢にともないペニスが委縮したり、皮が伸びたりなどして、包茎になることもあります。
そうした悩みに応える「シニア包茎手術」を行っている病院も少なくありません。

悩みをスッキリ解消して、第二の青春を楽しみませんか?

バナナ

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

高齢や糖尿病などで包茎になるケースも

年齢を重ねると、下腹部の筋肉が衰え、下腹部が張り出してきて、ペニスが埋まってしまうこともあります。

その結果、包皮が先端側に押し出され、かぶるようになってしまいます。

これを「老人性包茎」と呼びます。

このほか、加齢に伴ってペニス自体が萎縮したり、包皮にたるみが出てきて、被るようになったり、糖尿病の方は皮膚が炎症を起こしやすく、包皮先端の口の部分で皮膚が炎症を繰り返した結果、皮膚が硬く、厚くなって亀頭にかぶったまま、動かなくなり、包茎状態になってしまうことも。

若い頃から包茎だった人は、皮はもっと余ってきますよね。
また、若い頃から包茎ではなかった人でも、50~60代になって発症するケースも多くあるんだとか。

人は誰でも年齢を重ねると細胞組織が収縮します。
それは陰茎も例外ではありません
ここまでご紹介した老人性包茎は、60代以降の5人に1人が発症するという統計データもあります。

厳密にいうと、老人性包茎とは加齢と共に出てきたお腹や垂れた皮膚のなかにペニスが埋まってしまうこと。
あるいはペニス自体が萎縮して短くなり、そこのお腹が垂れてくることでペニスが包皮をかぶってしまうこと。

このような老人性包茎を治すためには、ペニスのサイズアップが欠かせません。

ペニスをサイズアップさせることで、埋没包茎や老人性包茎はもちろん、仮性包茎を治すこともできます。
埋もれていたペニスを体外に露出させることが埋没包茎や老人性包茎の治療には必要。
ペニスを大きくするだけで治療できてしまうのです。

立派なペニスでいざという時も安心

フラッシュ

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

シニア世代になってから、包茎手術を受ける人が増えてきています。
老人性包茎で恥ずかしい思いをした、若いときのペニスに戻したい、など思いは人によってさまざま。

実際に包茎手術を受ける人はどのような理由が多いのでしょうか?

シニア世代が包茎手術を受ける理由1:第二の青春を謳歌

第二の青春を謳歌するために包茎手術を受ける、という人も多いようです。
包茎手術や陰茎増大術で、自信のあるペニスを手に入れたい、という方も多いそう。

シニア世代が包茎手術を受ける理由2:お風呂を楽しみたい

孫と一緒にお風呂に入るときや、ゴルフや温泉のときなどに立派なペニスにしておきたい、という方も多いそう。

何歳になってもペニスは男性の象徴。

誇れるペニスを手に入れたいものですよね。

シニア世代が包茎手術を受ける理由3:手術や介護を受けるときに備えて

将来、手術や介護を受けることになった場合に備えて包茎手術を受ける人もいます。

病院や介護施設などで恥ずかしくないペニスを手に入れたいんだとか。

実際に90代で包茎手術を受ける人もいます。
90代で包茎手術を受ける決断をした理由は、「不衛生」だから。
一般的に包茎は露茎と比べ、尿などの水分が溜まりやすく、不衛生になりがち。
不衛生により、ニオイがきつくなったり、菌が繁殖しやすいため、膀胱炎になったりする人も多いそうです。

その状態で要介護になると、排尿に一苦労
男性用の尿瓶は使用できず、代替案としておむつや女性用尿瓶を使うこともあるそうです。

このような状況を回避するため、90代になってからでも美容整形外科の門をたたき、包茎手術を受ける人も多いんだとか。

 

気になる包茎手術の費用ですが、概ね10万円前後
基本的には入院は必要なく、手術翌日の通院と、2週間後の抜糸のみでOKなよう。

手術前診断→手術→術後翌日→2週間後と合計4回の通院で手術が完了するとあって、その手軽さも人気の理由です。
また、こうしたメンズクリニック(男性専門の美容整形外科)は、医師、看護師ともに男性のみの場合が多いので、恥ずかしくありませんよね。

包茎手術というと美容整形に結びつけて考えてしまいがち。
しかし、見た目が美しくなるだけでなく、機能面でも優れたものなのです。

将来の介護を見据えた場合、一度診察を受けておいたほうが良いでしょう。

ED治療とともに行えば、青春が蘇る

目印

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

近年ラブホテルもシニアプランを用意するなど、シニアの性産業が活発化しています。

それに伴って、シニアがED治療をするケースも多いんだとか。

EDとは、「勃起不全」のことで、勃起機能低下を意味する英語の略となっています。
専門的には性交時に十分な勃起が得られないため、満足な性交が行えない状態のこと。

このようなEDは、年齢を重ねると誰しも感じるものです。

最も手軽な改善方法は、「」による改善方法。

バイアグラやシアリスなど有名な薬を服用することで、10代の勃起力を得ることができます。

シニアの恋愛などが活発になる現代。
こうした薬に頼ることで、よりパートナーと深い関係を築けるでしょう。

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント
  1. ワシ、70歳を過ぎたころからいわゆる過活動膀胱症で我慢ができないでパンツにチビル減少に悩むようになった。吸収帯のついた布パンツ着用とゴムの携行排尿器を持ち歩いて凌いでいたが、インターネットで紙パンツを捜し、気に入った「薄型紙パンツ」を常用するようになり、それに着脱できる「尿取りパッド昼用」を併用している。ワシは幸いなことに便秘気味で下剤を飲まないと大便は出ないので、紙パンツで大便を処理はしたことがない(とはいうものの、一度だけ下剤が効きすぎてパッドと紙パンツだけ脱げばよかったので助かったので未然に防ぐ癖がついて助かっている)

  2. コメント続き。
    80歳代になってからそれまで処方してもらっていた家庭医から紹介された泌尿器科の専門医に過活動膀胱の検査と薬を補強してもらって小康を得ている。

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年10月19日

健康・美容

【不老不死】老けない体を作る! 食生活のヒント

不老不死は人類の夢と言われます。 不死も不老も不可能ですが、できれば老いを遅らせたいのは、シニアにとって切実な願いの一つです。 実際、年齢よりも若々しい人がたくさんいるので...
2018年10月8日

健康・美容

百害あって一利なし!本気で煙草をやめる

10月1日から煙草が値上げされました。 経済的にも、健康のためにも、これを機会に「禁煙」を考えているシニアも多いのではないでしょうか? [caption id="attac...
2018年10月7日

健康・美容

【脱・デブ宣言】お腹のたるみがすっきり!こんな方法はいかが?

「昔はスタイルに自信があったのに…」 男女問わず、スタイルに自身があったという方も、いらっしゃるのではないでしょうか? [caption id="attachment_...
2018年10月1日

健康・美容

【きくち体操】いつまでも若々しく!体操があなたの健康を守る

体操というと、ラジオ体操が最初に思い浮かぶ人も多いのでは? しかし、最近はシニアに大評判の「きくち体操」をはじめ、いくつもの健康体操が紹介され、学ぶ人も多くなっています。 ...
2018年9月23日

健康・美容

いびき・腰痛改善にも! 抱き枕で健康になろう

「良質な睡眠を取るには良い枕が必要?」 いびきや腰痛で悩んでいる方も、きっと多いことでしょう。 [caption id="attachment_23449" align...
2018年9月18日

健康・美容

昼寝で認知症予防!毎日ぐっすり眠るために

「認知症にはなりたくない!」 どんな病気も嫌ですが、特に「認知症にはなりたくないなあ」というのが、シニアの本音ではないでしょうか? [caption id="attac...