メニュー
ゲストさん
京都リカレントステイ
 

誤嚥防止など、健康に効果のある「声磨き」してみませんか

「誤嚥を防ぐにはどのようなことを行えばよいのだろう?」

「声磨き」という言葉を初めて聞く方も多いかもしれません。
良い声のコンディションを作ることです。

クラフト(夫婦)

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

トレーニングを受けることで、呼吸法、発声法、口の開き方、滑舌が改善されるだけではなく、顔のたるみや歪み、姿勢の改善、嚥下機能の向上や気分のリフレッシュなど、心と身体の健康に効果が期待できるといいます。

最近、声に自信がないあなた、声磨きの講座はいかがですか。
また、笑顔のトレーニングもお薦めです。

声磨きにはどんな効果があるの?

声磨きとは、一般社団法人日本声磨き普及協会(http://koemigaki.com/)が提唱している話し方を磨くことで、さまざまな効果があるというもの。

発声発語機能を向上させることで、話し方が好印象になることは、人生経験豊富なシニア世代の方ならよくおわかりでしょう。
コミュニケーションを良好にしてくれますよね。

コミュニケーション不足で蔓延するストレス社会の弊害が問題化する昨今では、コミュニケーションの架け橋である「声」は相互の信頼関係を構築する上で特に重要な要素となります。

シニア世代に限らず、現役世代でも8割が人前で話すことに苦手意識を持っているといいます。

そもそも日本の学校教育では「正しい声の磨き方・話し方」を教わることなく、自己流のまま大人になってしまっていることに起因します。



声を磨くことは単にコミュニケーション方面を活発にするだけでなく、口内環境の改善、嚥下機能向上、呼吸機能改善による健康増進、脳の活性化、メンタルヘルス(精神的な健康)、美容やアンチエイジング分野といった副次効果が非常に多く、特にシニア世代ではQOL(Quality Of Line=ひとりひとりの人生の内容の質や社会的に見た生活の質=人間らしい生活や自分らしい生活を送り、人生に幸福を見出しているか)向上の鍵を握っています。

人生100歳時代を迎え、誰もがいつまでも元気に暮らすために「声磨き」は大きな可能性を秘めています。
「声磨き」は子どもからシニア世代まで老若男女、声の悩みを抱え、コミュニケーション不足に悩むビジネスパーソンから、生産性向上のための企業研修、子どもたちの話し方教育、長寿社会における健康寿命の支援に至るまで、社会の様々な場面で必要とされています。

日本声磨き普及協会の活動+インストラクターを目指す人も

ガッツポーズをするビジネスウーマン

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

日本声磨き普及協会では、こうした「声磨き」を全国に広めるべく、企業などで講習を行うほか、インストラクターの養成も行っています。

声磨きインストラクターと名付けられており、1級、2級があり、それぞれ決まった時間の講習を受け、試験に合格することで取得することができます。

声磨きインストラクター講座は、「娘たちが小学生になり、徐々に『社会復帰』という道を考え始めました。しかし、退職後のブランクも長く、特別な資格があるわけでもありません。また、社会復帰したとしても子育ての時間も大切にしたい。そんなか、『インストラクター』という仕事は自分のライフステージに合わせて長く続けていける理想形なのではないかと思った」という主婦の方や、「定年退職後に時間があるので、声を使った仕事をしてみたかった」というシニア世代の方まで幅広い方が受講し、インストラクターになっています。

単に声を磨く、ということだけでなく、新たな人生のステップとしてインストラクターになる方が多いようです。

最近では介護施設老人ホームなどにも講師を多く派遣しています。

さいたま市をはじめ、行政からの受託講演、講座実績も多数あり、申込みは常に満員なのだとか。

現役世代とシニア世代では「退職後ちゃんと話す機会がめっきり減って、滑舌が悪くなってきた」「夫婦だけの生活で会話が減り、声が出づらくなってきた」「口が動きづらくなって、しゃべるのが面倒になってきた」「こもった暗い感じの声になってきた」など、違った悩みがあるものです。

加齢による体の変化や声をだす環境の変化によって、声に悩みを抱えるシニア世代はとても多いものです。

声磨きを行うことで、正しい呼吸でしっかりと発声できるようになり、発声・発語機能の向上だけでなく、嚥下機能の向上、口内環境の改善、免疫力の向上による健康増進、脳の活性化といったさまざまな副次効果があります。
また、声の悩みを解決することで会話をすることが楽しくなり、コミュニケーションを積極的に行う、という精神面での改善も見られるのです。

ぜひ、声磨きを行って、生活の悩みを改善してみませんか?

笑顔も一緒に作ろう

シニアイメージ

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

話す、という幼少から当たり前に行ってきたこと。
しかし、きちんと話すことで相手に与える印象は大きく変わるものです。

発生機能を鍛えることで、体の機能も改善するということがわかっているので、ぜひ声磨きをより詳しく知ってみませんか?

参考リンク:日本声磨き普及協会



【免責事項について】
「Slownet特集記事」に掲載されている情報は可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。「Slownet」は読者様が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、責任を負いかねますので御了承ください。
「Slownet特集記事」に記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にてお願い致します。
「Slownet」からリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。「Slownet特集記事」上の情報やURLは、予告なしに変更または削除される場合があります。
その他、上記項目に含まれない事項については、当社が定める「利用規約」に準拠するものとします。

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年11月21日

健康・美容

軽い歯周病が肺炎につながることも!歯周病予防のために普段からできること

歯の健康に普段から気をつかっていますか? 歯の病気のひとつである歯周病は生活習慣病とも深い関わりがあるそうです。 また、高齢者が亡くなる原因でもある誤嚥性肺炎とも関係がある...
NEW!
2019年11月20日

健康・美容

【仮面高血圧】病院ではかったら正常、家で測ったら高血圧。どっちが正しいの?

血圧を日頃家で測定している方も多いかと思います。 家で測定すると正常の範囲内に収まっている血圧ですが、病院で測定すると高くなることってありませんか? また、その反対の場合もあり...
NEW!
2019年11月18日

健康・美容

【寒がり】他の人より寒さを強く感じる…。寒がりな人にオススメの対策方法とは?

特に夜は肌寒く、厚着して出かけている、という方も多いのではないでしょうか? 各地で雪の便りが届きはじめるなど、本格的な冬の足音が聞こえてきます。 そんな時期は「冷え」で悩む...
2019年11月14日

健康・美容

目の健康を守るために大事な成分とは?「ルテイン」の積極的摂取が有効!

早いと40代から始まる老眼。 手元のものがぼやけて見えたり、複数に見えたりなど、不便が生じますよね。 また、最近ではパソコンやスマートフォンを日常的に見る人も多くなっている...
2019年11月13日

健康・美容

足の筋肉が「ピクピク」、寝るときい「つる」。もしかすると「マグネシウム不足」かもしれません

ちょっと歩いたり、立ったりしていただけで疲れてしまったり、足の筋肉が突然ピクピク動いたり、寝るときに腕や足がつるといった症状が起きる方。 原因は「マグネシウム不足」かもしれません...
2019年11月12日

健康・美容

【予防接種】季節の変わり目、インフルエンザに引っかかる前に予防ワクチンを!

そろそろ流行の兆しが見えるインフルエンザ。 毎年重篤な症状となり、亡くなる方が多数いる大変恐ろしい病気です。 特に気をつけたいのが免疫力の弱い子どもや高齢者。 症状が重症...