メニュー
ゲストさん
 

【本気のハゲ対策】あなたの髪は蘇る…かも!手軽にできる頭髪ケア

「最近、薄くなってきたなあ」

鏡を見て、そう思う人も多いのでは?
シニアにとって、薄毛や白髪は、ひそかな悩みのひとつ。

ボウリング場

画像提供:imagenavi(イメージナビ

いつまでも若々しい髪を保つためには、頭皮ケアが大切なのだとか。
また、白髪を目立たなくさせ、ボリュームをアップするテクニックもご紹介します。

髪の問題は頭皮の環境から

ハリやコシのある髪の毛は男女ともに5歳は若く見せてくれるものです。
肉体的には元気で若々しくとも、ハゲていてはなんだかおじいちゃん、おばあちゃんに見えてしまうものです。

元気で若々しい髪のポイントは一体どこにあるのでしょうか?

ポイントは頭皮!

頭皮の問題を解決できれば、髪の悩みの解決はもちろん、美容や全身の健康にも効果があるそう。

わたしたちの体は60兆個ともいわれる細胞で構成されており、毎日4500個もの細胞が死に、また新たに生まれていると言われています。
特に髪の毛が伸びる頭皮は細胞分裂が盛んな場所でもあります。

しかし、加齢とともに血流が悪くなり、滞ってくると細胞に栄養が運ばれにくくなり、頭皮がうっ血し、細胞の生まれ変わりサイクルが遅くなってしまいます

その結果、新たな髪は生まれず、今生えている髪が抜け落ちるため、どんどん薄毛になってしまうのです。

この細胞の生まれ変わりサイクルを正しい流れに戻すことができれば、頭皮も髪も元気になるはず!

さらに、人体から出る皮脂の6割は頭皮の皮脂腺から出ているそうです。
頭皮は汗腺の働きも活発なため、汗もたくさんかきますよね。
頭皮は人間にとって大切な器官のひとつなのです。

「今日は面倒だから頭は洗わなくていいや」

の積み重ねが頭皮環境を悪化させ、髪の毛が生えにくい環境を作り上げていっているのです。

スカルプケア商品や育毛剤といった外から栄養を与えるだけでは、体が新たな細胞を生み出していないという根本的な問題を解決しているとはいえません
今日から「頭皮」を健康にしていきませんか?

1日3回たった3分でOK オススメの頭皮マッサージ

シャンプーシーン

画像提供:imagenavi(イメージナビ

1日3回、頭をタッチするだけで、頭皮の血流が改善されます。

マッサージのタイミングは以下の3回。

  1. 朝の洗顔後
  2. 入浴中のシャンプー前
  3. シャンプー後、タオルドライをしてからor寝る前の布団のなか

1日3回、たったこれだけのタイミングでOKなのです。
頭皮はとても敏感で繊細な部位でもあります。
優しくタッチし、暖かさを頭皮に伝えることでコリが解消し、徐々に血流が改善していきます。

大切なのはこのマッサージを毎日3回継続し続けること。

このマッサージはOHBA式スカルプレッスン
株式会社大場の代表取締役である大場隆吉さんが考案したマッサージです。
セルフケアの観点から頭皮について研究し、スカルプレッスンを考案。
OHBAメソッドとして全国で講演などを行っている方です。

この方が勧めるOHBA式スカルプレッスン。
やり方を見ていきましょう。

1.4本指を軽く揃え、首の後の付け根にあてる

この時、まっすぐ上に向かって1・2・3と3箇所を刺激ます。

2.耳の下のくぼみに中指をあて、4本の指でゆっくり中心に向け、1・2・3と回す

3.1・2の工程で血流を上げたら今度は頭皮全体をマッサージ

頭皮全体を垂直に引き上げながら、頭皮を回したり、持ち上げたりします

4.両手の手のひらで頭を優しく包み、中心(頭頂部)に寄せるように頭皮を動かす

5.最後に大きく息を吐きながら、指を軽く閉じ、左右10本の指で下に向かってマッサージ

POINT

シャンプーをする際は頭皮を洗うようにしよう。
シャンプーは血流を頭に届けるためのセルフケア。
皮脂に繁殖した雑菌を清潔に保つためにも大切な行為です。
そのため、シャンプーは髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うようにしましょう。
実は髪の毛はそこまで洗う必要がなく、大切なのは頭皮を洗うことなのです。
洗い終わった後はすすぎ残しがないよう、シャンプーが直接地肌に当たることを意識し、しっかりとすすぎ落としましょう。
また、リンスやトリートメントを使っている方は頭皮につかないよう注意。
毛先からなじませ、髪全体に伸ばすようにすると良いでしょう。
洗い終わった後は、必ずしっかりと乾かし、濡れている状態がなくなってから寝るようにするのがポイントです。

こうしたセルフケアを欠かさず行うことで、顔のリフトアップ、むくみ解消、肌の透明感、冷え性改善などさまざまな効果が現れます。
1日3回のマッサージなので、しっかり毎日行いたいところですね。

マジックカーラーでボリュームアップ

ドライヤーでヘアセットする美容師

画像提供:imagenavi(イメージナビ

とはいえ、年齢によるボリュームを今すぐ何とかしたい! という方も多いハズ。

最後にボリュームアップのコツをお伝えします。

髪のボリュームアップのコツ1:髪を乾かす時は根本から

髪の毛をどのように乾かしていますか?
頭頂部にドライヤーを当てて乾かしてはいませんか?
頭頂部から寝かせるようにドライヤーを当ててしまうと、ボリュームが出にくくなります
そのため、ドライヤーは髪の毛を少し持ち上げて、根本から当てるようにしましょう。

髪のボリュームアップのコツ2:マジックカーラーを使えば簡単

根本にボリュームを出すときに便利なアイテムが「マジックカーラー」です。
表面が粘着テープになっており、100円ショップなどでも簡単に入手できるので、1つは持っておきたいところです。

マジックカーラーを使うコツは、割れ目を中心にカーラーの幅よりやや広めに髪を取り、根本を毛の流れと逆に立ち上げて巻きつけること。
その状態でドライヤーの温風を当てた後、冷風で十分に冷ますと形が保持されます。

ドライヤーの基本は根本に温風、その後冷風でしっかり冷ますこと。
この2つを守るだけでも髪の毛はボリュームアップするので、ぜひお試しください。



コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年5月19日

健康・美容

1日に必要な野菜摂取量は350グラム!日本人は野菜不足?効率的に野菜を摂取するには

記事をご覧の方は、普段どのくらい野菜を食べていますか? 農林水産省「食料需給表(平成29年度)」によると、一人あたりの野菜消費量(kg)は、昭和60年代の111.7キロをピー...
NEW!
2019年5月18日

健康・美容

髪の毛が細くなってきた、爪が割れやすくなってきた…。その原因タンパク質不足かもしれません

なんだか最近髪の毛が細くなってきて、薄くなったような気がする、爪が割れやすくなってきた、という方。 その原因はタンパク質不足かも知れません。 シニア世代はたんぱく質が不足し...
2019年5月16日

健康・美容

日本人の3人に1人は「痔主」?痔の種類と治療方法、痛み、予防法など「痔」を詳しくご紹介!

日本人男性の3人に1人が患うと言われている「国民病」、「痔」。 実際にこの記事をご覧の方も「痔」だという方は多いのではないでしょうか? 痔はバランスの悪い食生活や運動不...
2019年5月9日

健康・美容

【ニオイのエチケット】足臭や水虫の原因と予防策!足臭対策に有効なのは一体何?

暖かくなる季節。 花々が咲き誇り、散歩したり、運動したり、ピクニックしたり、外出する機会は増えるものです。 ピクニックに出かけ、レジャーシートに乗ろうと靴を脱いだ時に「ムワ...
2019年4月29日

健康・美容

緊張やストレスで発生する「ストレス臭」とは?加齢臭とはどう違うの?発生のメカニズムと予防法

加齢臭対策をしっかりと行っているのに、なんだか臭う気がする。 他人から臭いについて指摘されることがある。 万全の対策をしているはずなのに、臭いについて指摘されると、傷つくも...
2019年4月27日

健康・美容

多種多様な「宅配食事サービス」 自分の健康状態に合わせた食事が選べる「宅食サービス」の便利さとは?

2018年10月時点で、日本の人口は1億2,644万3,000人。 この内65歳以上の人口は3,557万8,000人で、2017年10月と比較すると42万6,000人(1.21%...