メニュー
ゲストさん
slownet_バナー_190527
 

【ほんとは怖い】インフルエンザ対策!シニアは予防接種が第一

今年は早くもインフルエンザが流行の兆しを見せています。

60歳以上の人は、15歳から59歳の人に比べて、約17倍も多くかかるとみられているのだそう。
シニアの予報対策の基本は、予報接種。

医療イメージ

画像提供:imagenavi(イメージナビ

肺炎球菌ワクチンとの同時接種もオススメです。

例年11月下旬から流行、今年は早い県も

冬の風物詩としえばインフルエンザ。
老若男女を問わず感染し、一度感染すると高熱関節痛筋肉痛などで苦しむ病です。
インフルエンザは例年11月下旬から流行が始まり、ピークは1月から2月

今年もすでにインフルエンザ感染者が報告されるなど、9月以降は各地の小学校を中心に学級閉鎖が出始めています。

インフルエンザは咳やくしゃみのしぶきに含まれるウイルスによって、感染を拡大していきます。
38度以上の高熱、咳・喉の痛み、全身のだるさというのが主な症状です。

罹患率は、15歳から59歳は患者1万人あたり2.1人ですが、シニア世代(60歳以上)は36人と17倍もの差があります。
60歳以上になると抵抗力が落ち、持病を持っている人も増えてくるため、罹患率が高まるといいます。

インフルエンザを含め、完成症に感染すると体内で炎症反応が起こります。
その結果、インフルエンザを起因として持病が悪化したり、炎症の際にできてしまった血栓で心筋梗塞や脳卒中を発症してしまうリスクが高まります。
インフルエンザの場合、炎症を起こしたり、気道粘膜に「肺炎球菌」など別の病原菌が感染し、肺炎や敗血症になる人もいます。

シニア世代にとっては大敵なインフルエンザ。
飲食する体力も奪われ脱水状態になってしまうなど、全く油断できない病です。
インフルエンザに罹患する前に万全の準備を整えておく必要があります。

予防接種は症状を軽くする効果も

ケーキ材料

画像提供:imagenavi(イメージナビ

そんなインフルエンザに罹患する前の準備として最適なのは「予防接種」です。

人の身体にはウイルスに感染するとそのウイルスを排除する抗体を作り出し、ウイルスが再度侵入してきたときには攻撃し、やっつける「免疫」という機能があります。

この働きを利用し、インフルエンザウイルスを攻撃しやすくしておくのが、ワクチン接種です。

インフルエンザのウイルスには香港A型など多数の種類があることをご存知の方は多いでしょう。
このウイルスの型の流行は毎年異なります
世界での進行状況から、今年はどのウイルスのタイプが流行るのか? をWHO(世界保健機構)が予測。
WHOの予測に基づいて日本の研究機関でもワクチンの開発を進めています。

一般的にインフルエンザの予防接種といえば、厚生労働省が認可した4価ワクチン1種類が摂取されます。
4価ワクチンとは、インフルエンザウイルスA型とB型のそれぞれの培養して製造されるワクチンで、より多くのインフルエンザに対応することが可能なワクチンです。

インフルエンザの流行は毎年変わるので、予測が100%当たることはありません
予想が外れ、思わぬ型のインフルエンザが流行してしまっても、50%から60%は予防接種の効果があるそう。
予防接種をするだけでそれなりの効果は期待できそうです。

ただし、気をつけなければならないのが、予防接種をしたからといってインフルエンザに罹患しないわけではないということ。

インフルエンザの予防接種を行うことで、罹患の可能性が減り、罹患しても重篤化を防ぐことができます。
罹患率が下がり、重篤化が防げるということは合併症や後遺症リスクも低減することができるので、ぜひこの冬はインフルエンザの予防接種をしておいたほうが良いでしょう。

肺炎球菌ワクチンと同時接種がオススメ

サプリメントを持った女性とシニアの男性

画像提供:imagenavi(イメージナビ

少しだけ触れましたが、インフルエンザの場合、肺炎球菌感染症も心配です。
肺炎球菌に感染してしまうと、入院するリスクも高くなります。

インフルエンザ重傷者のなかには、肺炎球菌感染も同時に起こしている例は少なくないのです。

そこでオススメなのは、インフルエンザの予防接種と肺炎球菌ワクチンを両方接種すること
いずれのワクチンも不活化ワクチンなので、6日以上の間を分ければ予防接種が可能となります。

予防接種をすることで重症化を防ぐことができる「インフルエンザ」
年明けに本格的な流行を迎える前に、打っておくことをオススメします。

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年7月19日

健康・美容

甘いけど「ゼロカロリー・砂糖が入ってない」。「人工甘味料」がたっぷり!「人工甘味料」って一体なに?

ダイエット食品や健康食品の中で「ゼロカロリーで、砂糖不使用だけれど甘くておいしい!」と宣伝しているものを見かけませんか?ゼロカロリーだけどしっかりウマイ! のような広告、結構ありま...
NEW!
2019年7月18日

健康・美容

【目のけいれん】突然まぶたがピクピクする!スマホやパソコンを長時間見ていると発症することも!

突然、まぶたがピクピクしてしばらく続き、少し時間が経ったり、気がついたら止まった、という経験ありませんか? こうした症状のことを「眼瞼(がんけん)けいれん」と言います。 ...
NEW!
2019年7月16日

健康・美容

【夏の食欲不振】暑いから「そうめん」や「そば」ばかり食べていませんか?健康に悪いかもしれません

本格的な夏が到来すると、ついつい食欲がなくなって、そばやそうめんのような食べやすい麺類ばかり食べてしまう方も多いのではないでしょうか?しかし、夏はエネルギー消耗が大きい季節。しっか...
NEW!
2019年7月15日

健康・美容

シニアの多くは野菜不足!野菜不足を解決するには「見える化」がポイント。どうやって見える化する?

みなさんは1日どれぐらい野菜や果物を摂取されていますか?日本人の多くはアメリカや中国と比べ、野菜不足だそう。それも結構深刻なほど。この深刻性を知らせ、健康意識を高めるために、日本も...
2019年7月11日

健康・美容

夏の太陽の日差しで「紫外線脱毛」になる!?強い太陽から守るのは肌だけじゃない!頭皮も守ろう!

いよいよ夏本番!強い日差しには紫外線がたっぷりと含まれているので、紫外線対策、UVケアに格別に気を付けなければいけません。強い紫外線は肌だけではなく、頭皮・髪の健康にも影響を及ぼす...
2019年7月10日

健康・美容

夏はなんだかぐっすり眠れない!季節性の不眠症改善はどのように行う?

最近は熱帯夜も増えてきて、暑くてなかなか寝付けない、熟睡できないという方も多いでしょう。 ぐっすり眠れないため、次の日は疲れが取れない。 そんな方も多くいらっしゃるかと思います...