メニュー
ゲストさん
 

【本気の肌対策】見た目が若い人は長生きする?!

最近、テレビCMで中年男性が肌対策を訴えるているものを、見かけるようになりました。

シニアにとっても、男女にかかわりなく肌の美しさは気になりますよね。
見た目が若い人は、実際に長生きするという説もあるそうです。

泡

肌が乾燥しやすい冬、本気の肌対策しませんか?

男性向けスキンケア商品が相次ぎ発売

最近では見た目を気にする若い男性が増えてきています。

薄毛対策をしたり、化粧水や乳液で肌の保湿に気を使う20代から30代の男性が増えているそうなのです。

リクルートライフスタイルが2017年に実施した調査によると、20代男性の66.7%が顔や体の美容ケアをしていると回答。
2014年に行われた同調査と比較すると、11ポイントも上昇していたそうです。

美容にかける金額は月5,224円と2014年の同調査から倍増。
若年層を中心に美容意識が高まってきています。

これには理由があり、30歳前後の世代は子どもの頃から男性用洗顔料やあぶらとり紙、汗ふきシートなどの商品に触れて育ってきた世代ということ。
若い頃から美容関連グッズに囲まれてきたので、「視覚的な印象を気にする意識が浸透している」と言えます。

また、就職活動が難しかった世代は、第一印象を特に大切にしています。
肌荒れをしていると、第一印象があまりありません。
そのため、少しでも印象をよくするためにスキンケアに力を入れ始めたのだと考えられます。

テレビや雑誌、インターネットなどで男性の美容について触れる機会が多くなった結果だといえるでしょう。

こうした動きを受けて、美容業界では男性向けスキンケア用品に力を入れ始めています。

第一三共ヘルスヘアは9月に初めて男性向けスキンケアブランド「ミノンメン」を立ち上げ、化粧水や乳液など4商品を市場投入。
マンダムも8月に主力のギャッツビーシリーズでスキンケア商品を刷新。
マンダムはカバンに入れて持ち運び、人と会う直前に使うことを想定した「ギャッツビークリアアップスキンローション」を発売しています。

人と初めて会ったときの印象はとても大切です。
スキンケア、ニオイケアをしっかりとし、清潔感ある人材が求められている現代が反映されているといえるでしょう。

見た目が若い人は長生きする?

食事シーン

こうしたスキンケアは若々しい見た目に欠かせない要素のひとつ。
見た目が若々しいと心まで若々しくなるものです。

実際に年齢より若く見られると長生きすることが双子研究で明らかになりました。

年齢を重ねると、鏡を見るたびに

「ああ、歳をとったな」

と感じることはありませんか?

これは多くの人に共通する心情で、女性に限らず、男性でも感じている人は多いのです。

なぜ、見た目の老化が気になるのか、というと「見た目が老化の目安」だから。
アンチエイジング医学において、暗黙知として知られていることです。

これまではあくまで暗黙知。
裏付けはないけれど、なんとなくそうだろうな、という想像だった見た目の老いと長生きの相関関係が、2009年に報告された双子の研究によって実証されました。

この研究は70歳以上のデンマーク人の双子1,826人を対象にした疫学研究で、実年齢より若く見える人は長生きする傾向にあり、双子の見た目年齢の差が大きい場合、老けて見えたほうが早死にする傾向がある、ということがわかりました。
また、見た目年齢が若い人ほど、細胞の寿命と関係する染色体テロメアが長いことも判明。
このほか、硬化リスク、肌のたるみ、骨密度の減少といった項目で、見た目年齢が相関することがわかっています。
若年性脱毛が悪性度の高い前立腺がん発症リスクと関係することなども明らかになったのです。

この研究によって、「見た目は健康のバロメーター」ということが実証されました。

肌は内臓の鏡、まず内臓をきれいにする食事を

玉ねぎ

同じ遺伝子を持っていても、喫煙習慣、飲酒習慣、空気、紫外線、肥満、うつなどの要因によって見た目年齢が大きく変わってしまいます。

生活習慣の中でも、特に見た目と関わりが深いのは食事、運動、精神、住環境の4つ。
これらを充実させることで、見た目年齢を若く保つことができるでしょう。

見た目年齢(肌)を若く保つには、以下の食材を積極的に摂取するのが良いそう。

  • 生野菜
  • 緑野菜(特にアブラナ科)
  • 生果物(特にベリー類、ざくろ、さくらんぼ、オレンジなど)
  • きのこ
  • 生ナッツ類
  • 豆類
  • 玉ねぎ
  • にんにく
  • 発酵食品

これらの食品を日常の食事に摂り入れていくほか、添加物仕様の加工食品、動物性食品、酸化した油脂、トランス脂肪酸を含む油脂、薬品を添加して製造された油、砂糖、人工甘味料、清涼飲料水、精白された白いパン屋や米、パスタ、高脂肪乳製品などをなるべく避けることがポイントだそう。

内蔵をキレイにすることが若々しくあることへの近道です。
健康的な食事でキレイな内臓を保ちたいですね。



コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年5月19日

健康・美容

1日に必要な野菜摂取量は350グラム!日本人は野菜不足?効率的に野菜を摂取するには

記事をご覧の方は、普段どのくらい野菜を食べていますか? 農林水産省「食料需給表(平成29年度)」によると、一人あたりの野菜消費量(kg)は、昭和60年代の111.7キロをピー...
NEW!
2019年5月18日

健康・美容

髪の毛が細くなってきた、爪が割れやすくなってきた…。その原因タンパク質不足かもしれません

なんだか最近髪の毛が細くなってきて、薄くなったような気がする、爪が割れやすくなってきた、という方。 その原因はタンパク質不足かも知れません。 シニア世代はたんぱく質が不足し...
2019年5月16日

健康・美容

日本人の3人に1人は「痔主」?痔の種類と治療方法、痛み、予防法など「痔」を詳しくご紹介!

日本人男性の3人に1人が患うと言われている「国民病」、「痔」。 実際にこの記事をご覧の方も「痔」だという方は多いのではないでしょうか? 痔はバランスの悪い食生活や運動不...
2019年5月9日

健康・美容

【ニオイのエチケット】足臭や水虫の原因と予防策!足臭対策に有効なのは一体何?

暖かくなる季節。 花々が咲き誇り、散歩したり、運動したり、ピクニックしたり、外出する機会は増えるものです。 ピクニックに出かけ、レジャーシートに乗ろうと靴を脱いだ時に「ムワ...
2019年4月29日

健康・美容

緊張やストレスで発生する「ストレス臭」とは?加齢臭とはどう違うの?発生のメカニズムと予防法

加齢臭対策をしっかりと行っているのに、なんだか臭う気がする。 他人から臭いについて指摘されることがある。 万全の対策をしているはずなのに、臭いについて指摘されると、傷つくも...
2019年4月27日

健康・美容

多種多様な「宅配食事サービス」 自分の健康状態に合わせた食事が選べる「宅食サービス」の便利さとは?

2018年10月時点で、日本の人口は1億2,644万3,000人。 この内65歳以上の人口は3,557万8,000人で、2017年10月と比較すると42万6,000人(1.21%...