メニュー
ゲストさん
大倉様_ザグランリゾートプリンセス有馬_02
 

【Slownetアンケート結果】朝食はパン派?お米派?

先日、Slownet特集記事の【米・パン・酒好き要注意】脳が糖質中毒に?甘い飲料にご用心!にてみなさまのご意見を募集いたしました。
本日はその結果をお知らせします!

パンとコーヒー

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

夏と比べて、甘いペットボトル飲料を飲む機会は減ってきましたね。
しかし、もし、相変わらず飲み続けているとしたら、それは「ペットボトル症候群」で、脳が糖質中毒になっているのかもしれません。
これは認知症をも引き起こす危険性があるのだとか。そして、もっとも身近な糖質といえば「炭水化物」。
「炭水化物」といえば、パン類、お米類ですね。

今回は、朝食で「パン派」「お米派」どちらが多いのか調査しました。Slownet会員58名様にご意見をいただきました。

意外とパン派が半数以上!

出所:Slownetアンケート調査より

Slownetのアンケート調査では、半分以上の53%の方々が『パン派』だとお答えくださいました。

その理由として挙げられた意見としては・・・

・元々何も食わなかったが頑張ってトースト+バナナまではこぎつけた。朝から米は重くてムリ。(50代・男性)
・パンの方がお腹に軽くて準備も楽なので(60代・女性)
・食事の準備、後片付けが簡単です。(70代・男性)
・朝は身体が甘いものを要求してくるように感じます。ですので、レーズンパンとメープルシロップとエゴマ油を混ぜたヨーグルトと6Pチーズを2ケそしてコーヒーシロップを少し入れた温めた牛乳が私の毎朝のメニューです。(70代・男性)
・妻も私も高齢者、準備に手間暇かかる朝は「少しだけ準備に余裕ができる、パン食」 生れてより20云年「お米の朝飯」食べてました、パンには少々抵抗が有りましたが、準備する妻の手間、考えOKしました。良かったと今も思ってます。(70代・男性)

のようなさまざまな理由が寄せられました。

一方、43%で『お米派』と答えた方々の意見としては・・・

・グルテンフリーなので、お米です 五分付きです(60代・女性)
・週に1日あるいは2日位はパン食のこともありますが 基本はお米です。 お米の方が腹持ちがよく、朝食はしっかりとり エネルギー補給をしたいからです。
夕食はタンパク質(魚・肉・大豆製品)を欠かさずに お野菜中心の献立です。ちなみに炭水化物のご飯、麺類、パン類は食べません。(60代・女性)
・日本人は昔からお米を主食にしてきた。其れに逆らう必要は無い(60代・男性)
・ご飯の方が腹持ちが良い。パンは直ぐに空腹感を覚える。(70代・男性)
・お米大好き派です。お米を食べられる日本人に生まれてよかった。お米のごはんにはこれ以上ない美味しさが詰まっています。(80代・男性)

のような意見がありました。

その他は、「糖質制限のためにどちらも絶っている」や「パンやお米ではなく、じゃがいもを食べるようにしている」との意見がございました。
ご意見くださった皆様ありがとうございました。

Slownetでは毎週さまざまなテーマで『今週のアンケート』を実施しております。
同世代のシニア会員様の方々はどう思っているのか、毎週1回お知らせいたします。

ぜひ、みなさまのご意見お聞かせください!

【現在実施中のアンケート】

★ご意見募集中!★

あなたは、お酒は強い方ですか?弱い方ですか?
締め切り:1月9日(水)まで

投稿は終了いたしました。沢山のご意見ありがとうございました。

みなさまからお寄せ頂いたご意見は後日「Slownetサポートセンター」ブログやメールマガジンにてご紹介させていただきます。

 

Slownetの『今週のアンケート』はトップページ右の「今週のおすすめ記事」でご確認いただけます。

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年3月20日

健康・美容

40代以上女性の3人に1人が「尿もれ」 尿もれの原因や不安を解消するトレーニング、外出時のケアなどご紹介

年齢を重ねると、したくなくてもしてしまうのが「尿もれ」。 なかなか相談をすることもできず、毎日ひとり悩んでいるという方も多いのではないでしょうか? 「尿もれしてしまうか...
NEW!
2019年3月19日

健康・美容

テレビやパソコン、スマホが発生するブルーライト。本当に目に悪いの?視力低下の影響はどのくらいあるの?

テレビやスマートフォン、パソコンなどのLEDディスプレイが発するブルーライト。 強力な青色光のことで、紫外線と波長が近い380ナノメートルから500ナノメートルの光。 可視...
NEW!
2019年3月18日

健康・美容

耳が聞こえにくい!難聴は身体が発する危険のサイン!進行すると認知症になることも

年齢を重ねると、徐々に身体の機能は衰えてきます。 聴力もそのひとつで、知らず知らずのうちに耳が聞こえにくくなっていくのです。 75歳以上に限定すると、7割以上が難聴状態、と...
2019年3月13日

健康・美容

記憶力がアップするウォーキング術 歩くことで記憶力・思考力が増加し、認知症予防にも

最近の脳科学では運動をすることで、認知症の改善が見られることがわかったそう。 運動をすることで、筋肉や骨といった身体が鍛えられたり、肺や心臓などの心肺機能が改善することはご存...
2019年3月10日

健康・美容

うるさい「イビキ」なんとかならないの?安眠できるいびき対策グッズ

ゴーゴー爆音が響き渡るいびき。 たまのいびきなら、「疲れているのかな?」「大丈夫なのかな?」と心配になるものですが、毎日長時間のいびきともなると、イライラし、快眠できない原因...
2019年3月7日

健康・美容

健康状態を簡単にチェック!シニアの健康維持に欠かせない「三種の神器」

年齢を重ねても、いつまでも元気で、そして健康で過ごすためには、日頃の生活習慣がとても大切です。 特に運動は健康維持・増進だけでなく、筋肉をつけることもできるので、シニアにとっ...

脳トレドリル。まずはお試し980円