メニュー
ゲストさん
大倉様_ザグランリゾートプリンセス有馬_02
 

【ハゲ対策】薄毛対策に男性は5,442円、女性は3,205円

男性は5,442円、女性は3,205円、髪のケアに費やしているのだとか。

薄毛や白髪対策にはお金がかかりますね。

今では白髪が美しくまじった髪は「グレイヘア」とも呼ばれ「染めて隠す」ものから、「生かして楽しむ」ものに変わりつつあります。

あなたは髪のお手入れ、どうしていますか?

ときに薄毛は男女共通の悩み

頭を抱えるシニア男性

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

全国の20歳から69歳までの男女を対象に実際されたアンケート調査によると、男性では4人に1人を超える26.7%が「薄毛」だと回答しました。

一方で女性は8.6%の人が「薄毛」だと回答。
男性と比べると女性の方が薄毛だと回答した割合は少ないですが、2年前と比べて0.7ポイント上昇しました。

薄毛、もしくは薄毛を気にしていると回答した人のうち、2,063人に詳しく訪ねたところ、誰からの視線が気になるか? という質問に対し、男性は「他人の目すべて」と回答した人が42.5%でトップ。
女性でも「他人の目」が54.0%でトップでしたが、「同性の友人」(30.7%)「異性の友人」(15.8%)が男性の比べて高い傾向にあり、特に異性の友人は過去3年間で初めて「配偶者」を超えました。

薄毛が気になりだしたきっかけは男女とも「自分で鏡を見ていたとき」がトップですが、比率は昨年よりも低下。
「家族からの指摘」は男性が18.8%、女性は23.1%と、1年前と比べ大きく上昇。
薄毛について家族が抵抗なく話すようになり、早くから薄毛に気がつくようになっていることがわかります。

薄毛に対する意識の高まりとともに、対策にかける費用も上昇傾向。
特に20代男性がかけている費用は月額5,442円に上り、7,000円をかけても良いと考えている、と回答した人も多いのが特徴。
男性は年齢が上がるとかける金額が減少しますが、反対に女性は年齢が上がると金額が増える傾向にあります。
女性では50代が最も高く次いで60代という結果に。
40代までは2,000円未満でしたが、60代では3,000円以上、費用をかけている、という結果になりました。

こうした調査から男性は今まで以上に周囲の目を気にしていることがわかります。
特に若い男性(20代)は薄毛に対する抵抗感からか、より多くの費用をかける傾向にあるようです。
一因としては女性の就業率増加が挙げられるでしょう。
職場での女性の目を気にする男性が増えた、ということも考えられます。

女性の場合は、年齢による薄毛だけでなく、女性の社会進出による生活バランスの崩れや、飲酒・喫煙なども薄毛の原因となっていると考えられます。

ときに男女それぞれの違いを知って効果的な薄毛対策を

錠剤

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

そもそも薄毛とは、何らかの原因によって髪の毛が早く抜けたり、細くなったりし、髪のボリュームが減る状態のことをいいます。
日本では成人男性の4人に1人が薄毛の症状があると言われており、薄毛は男性にとって、とても身近な問題になっているのです。

髪の毛は本来1日あたり50本から100本ほど抜けるものですが、薄毛になると1日に100本から200本抜ける、なんてケースもあるようです。

男性の薄毛の原因は男性ホルモンやストレス、生活習慣などさまざまな原因によって起こります。

男性の薄毛の最も多い原因がAGA
ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが髪の毛の成長を促す毛母細胞に作用し、ヘアサイクルに影響を与えることで起こります。

次いで多いのがストレス。
強いストレスを受けると、脱毛が起こることがあります。
円形脱毛症がその代表。
ストレスと脱毛のメカニズムはまだ明らかになっていませんが、自律神経に影響が出ることで、頭皮の血流が悪くなることが原因のひとつだと考えられています。

このほか偏った食生活や寝不足などの生活習慣も薄毛の原因。
上部な髪の毛が映えるにはタンパク質など十分の栄養が大切。
また、毛髪は眠っている間に成長するので、しっかりとした睡眠もとても大切です。

AGAの治療は専門外来の受診が必要です。
多くの専門外来ではプロペシアやザガーロ、ミノキシジルといった投薬による治療が行われています。
これらの薬を服用することで、薄毛改善が期待できるのです。
ミノキシジルは「リアップ」としてドラッグストアなどでも販売されているので、馴染みの深い方も多いのではないでしょうか?

女性の薄毛の原因は加齢によるホルモンバランスの乱れヘアケアによるもの。

女性ホルモンには生殖機能を維持する他にも毛髪を健康に保つ働きがあることが知られています。
特に閉経後の女性は女性ホルモンの分泌が低下するため、髪にハリやコシがなくなったり脱毛したりするようです。

このほかパーマやヘアカラー、ストレスも原因となります。
長年、これらの生活を続けてきた方は要注意です。

女性の薄毛治療も男性と同様に専門外来の受信が必要です。
男性よりも原因が複雑な場合が多いので、専門医に指導を仰ぐのが良いでしょう。

ときに白髪染めも手軽に・多様に変化している

クラフト(夫婦)

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

薄毛の悩みとともに、特に女性が悩む「白髪染め」
最近ではグレイヘアが密かなブームですが、まだまだ一般的ではありません。

最近では花王の新ブランド「リライズ」が登場。
リライズはわずか5分間で染色できるとあって、シニア世代はもちろん、若い世代からも人気の白髪染めです。

このように楽に染められる染色剤が多数登場しており、ドラッグストアなどでも白髪染めコーナーを充実させ始めています。
今までの白髪染めが面倒だ、と感じる方はこうした商品を探してみてはいかがでしょうか?

皆さんの白髪対策、薄毛対策もぜひ教えてくださいね。
また、いつから薄毛になった? いつから白髪になった? など、頭髪にまつわる話題をブログで発信してみませんか?

【現在実施中のアンケート】

★ご意見募集中!★

あなたは白髪(しらが)対策をしていますか?
締め切り:1月17日(木)まで

投稿は終了いたしました。沢山のご意見ありがとうございました。

みなさまからお寄せ頂いたご意見は後日「Slownetサポートセンター」ブログやメールマガジンにてご紹介させていただきます。

【記事関連商品のご案内】

===========================================
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年3月20日

健康・美容

40代以上女性の3人に1人が「尿もれ」 尿もれの原因や不安を解消するトレーニング、外出時のケアなどご紹介

年齢を重ねると、したくなくてもしてしまうのが「尿もれ」。 なかなか相談をすることもできず、毎日ひとり悩んでいるという方も多いのではないでしょうか? 「尿もれしてしまうか...
NEW!
2019年3月19日

健康・美容

テレビやパソコン、スマホが発生するブルーライト。本当に目に悪いの?視力低下の影響はどのくらいあるの?

テレビやスマートフォン、パソコンなどのLEDディスプレイが発するブルーライト。 強力な青色光のことで、紫外線と波長が近い380ナノメートルから500ナノメートルの光。 可視...
NEW!
2019年3月18日

健康・美容

耳が聞こえにくい!難聴は身体が発する危険のサイン!進行すると認知症になることも

年齢を重ねると、徐々に身体の機能は衰えてきます。 聴力もそのひとつで、知らず知らずのうちに耳が聞こえにくくなっていくのです。 75歳以上に限定すると、7割以上が難聴状態、と...
2019年3月13日

健康・美容

記憶力がアップするウォーキング術 歩くことで記憶力・思考力が増加し、認知症予防にも

最近の脳科学では運動をすることで、認知症の改善が見られることがわかったそう。 運動をすることで、筋肉や骨といった身体が鍛えられたり、肺や心臓などの心肺機能が改善することはご存...
2019年3月10日

健康・美容

うるさい「イビキ」なんとかならないの?安眠できるいびき対策グッズ

ゴーゴー爆音が響き渡るいびき。 たまのいびきなら、「疲れているのかな?」「大丈夫なのかな?」と心配になるものですが、毎日長時間のいびきともなると、イライラし、快眠できない原因...
2019年3月7日

健康・美容

健康状態を簡単にチェック!シニアの健康維持に欠かせない「三種の神器」

年齢を重ねても、いつまでも元気で、そして健康で過ごすためには、日頃の生活習慣がとても大切です。 特に運動は健康維持・増進だけでなく、筋肉をつけることもできるので、シニアにとっ...

脳トレドリル。まずはお試し980円