メニュー
ゲストさん
OHUFJ オートバックスペダルの見張り番Ⅱ差し替え
 

ボケてたまるか!週3回のカレーで認知症予防!?最新研究ご紹介

カレーを食べると、認知症予防になるという研究成果が発表されました。

歩く、瞑想する、マージャンをするなど、認知症予防は人それぞれ、自分にあったことをすればいいのです。

あなたはどんなことを心がけていますか?

カレーを食べて認知症予防!?

ビーフカレー

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

カレーを食べることで認知症予防につながる。

にわかには信じられませんが、最近そんな話を聞く機会が増えた、または聞いたことがある、という方も多いのではないでしょうか?

実際にカレーを主食とするインド人は認知症の発症率が少ないとも言われています。
インド人の認知症発症率は、アメリカ人の4分の1ほどなのだとか。
認知症予防には食生活もとても大切なことがわかりますよね。

カレーに含まれているウコン(ターメリック)
このウコン(ターメリック)に含まれる黄色のポリフェノールの一種である「クルクミン」は、認知症の発症を予防すると言われています。

クルクミンはスパイス食品の黄色着色剤として広く一般的に用いられており、特にカレーには多量に含まれているのです。



クルクミンは抗酸化作用や抗炎症成分があることは以前から知られています。
実際にアルツハイマー型認知症の脳の変化とクルクミンの作用について調べたところ、アルツハイマー型認知症の脳の病変状態をクルクミンが阻止することがわかりました。

このことから、カレーを食べると「認知症予防につながる」と言われています。

アルツハイマー型認知症はアミロイドβ(=脳のゴミ)というタンパク質が脳に蓄積することで発症。
アミロイドβタンパク質を一気に減らすことはできませんが、クルクミンを摂取することで、蓄積を抑えることができる、というのが最新の研究でわかったのです。

このことから、「カレーを食べると認知症予防につながる」と言われるように。
実際にはカレーでなくてもよく、クルクミンを効率よく摂取できればよいのですが、カレーが最も手軽にクルクミンを摂取できるので、積極的にカレーを食べていきたいところです。

ほかにも認知症予防によい食材いろいろ

鮭ときのこ

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

クルクミンに代表されるように、「認知症を予防できる食材(成分)」は数多く見つかっていますが、残念ながら「認知症を治療する」ことは現代医学では出来ません。

参考過去記事

認知症予防はウォーキングから!1週間150分で認知症リスクが低減
https://slownet.ne.jp/c/health/post-24161/

昼寝で認知症予防!毎日ぐっすり眠るために
https://slownet.ne.jp/c/health/post-23114/

しかし、初期状態であれば完治の可能性もあると言われています。

大切な記憶や思い出を守るために、認知症はしっかりと予防していきたいですよね。

認知症予防に効果のある食事はどのようなものがあるのでしょうか?
またどのような食事はNGなのでしょうか?

アツアツのご飯+納豆はNG!

和食の定番である納豆。

皆さんは普段どのように食べていますか?

納豆は健康効果がとても高い食品ですが、納豆の食べ方によっては認知症予防に全く効果がない可能性があります。

納豆を食べるときのNG行為は、アツアツのご飯の上に乗せること。

納豆に含まれるネバネバ成分である「ナットウキナーゼ」は、血液をサラサラにし、脳に栄養が届きやすくしてくれます。
このほか、脳内の神経伝達物質を作る「レシチン」も含まれているので、納豆は認知症予防にとても効果があるのです。



しかし、ナットウキナーゼもレシチンも熱に弱い性質があるため、納豆チャーハン、納豆汁など加熱してしまうと効果がとても低くなってしまいます。
同様の理由でアツアツのご飯に乗せるのも成分が壊れてしまうので、推奨される行為ではありません。

納豆を食べる際はご飯に乗せるのではなく、別々に食べると良いでしょう。

ブロッコリーは体に良い食品

脳内の活性酵素を除去する「抗酸化作用」が期待できる食材の代表格がブロッコリーです。

ブロッコリーには「βカロテン」「ルテイン」「グルタチオン」など抗酸化作用のある成分が多く含まれています。
なかでもβカロテンは油で炒めると、体への吸収がとてもよくなるので、ブロッコリーはぜひ炒めて食べたいところ。

1日1食で構いませんので、食事メニューにブロッコリーを追加すると良いでしょう。

「きのこ+サーモン」は最高の組み合わせ

きのこに多く含まれるビタミンDには神経細胞の成長を助ける作用があります。
また、サーモン(鮭)にはビタミンB12が多く含まれています。

このふたつを同時に摂取することで、不足しがちなビタミンD、B12を同時に摂取できるので、「きのことサーモンのホイル焼き」などで効率よく食べると良いでしょう。

脳の神経細胞の活性化も役立つ

脳

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

食事で認知症予防はとても大切。

しかし、食事だけでは認知症を予防することは出来ません。

予防のカギは前述のアミロイドβタンパク質にあります。

有酸素運動(ジョギングやウォーキングなど)や、他者とのコミュニケーション、指先を動かす、頭を使うといった行為をすることで、脳の神経細胞が活性化されます。

食事と運動、両方に気をつけて、認知症にならないシニアライフを送りましょう!

 

あなたが行っている認知症予防はありますか?
ぜひスローネットブログで教えてください。



【関連商品】

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年8月24日

健康・美容

夏は冷たいものばかりでお腹が冷えやすくなる!夏こそお腹をポカポカにする腸活を!

夏は暑くて冷たい飲み物やそうめんやアイスをついつい食べるようになりますね。 また、夜は寝苦しいから薄着で布団も被らずに寝てしまったりするものです。 しかし、翌朝目が覚めると...
NEW!
2019年8月22日

健康・美容

【病気】突然体の震えが。あちこちが震えるその病気とは?パーキンソン病など身体が震える病気をご紹介

ある日突然身体が震えることがあるかも知れません。 寒気がして、ぶるっと震えるのではなく、小刻みな震えは病気のサイン。 首や手が震える症状は「本態性振戦」かもしれません。 ...
NEW!
2019年8月19日

健康・美容

最近の冷凍弁当はハイクオリティ!配膳の手間もいらず、夫婦ふたり、ひとり暮らし世帯に特にオススメ!

子供たちが独立し、配偶者とふたり暮らしになったり、ひとり暮らしになった場合、3食を準備するのはとても面倒ですよね。 また、これまでよりも食材を効率よく使うことができなくなるので、...
2019年8月16日

健康・美容

【認知症】配偶者と離別した人は認知症リスクが高くなる!老後のお一人様の認知症予防のために何が有効?

配偶者やパートナーと死別や離別などでお別れし、一人暮らしになった場合、認知症になるリスクが高くなるとの研究結果が出ました。 認知症は誰にでも起こりうる病気ですが、生活習慣などに気...
2019年8月2日

健康・美容

あなたの体に潜む「悪玉コレステロール」。知らぬ間に心疾患のリスクを向上させることも…

悪玉コレステロールと呼ばれる「LDLコレステロール」について詳しく知っていますか? スローネットでも過去に何度かご紹介してきました。 LDLコレステロールが増加すると、動脈...
2019年7月31日

健康・美容

【夏の天敵】熱中症ってどんな症状?こんな症状は直ちに病院へ!熱中症対策は何が有効なの?

暑い日はテレビやラジオで「熱中症に気を付けてください」という案内が頻繁に流れるようになりました。 また、全国各地で何名の方が熱中症で亡くなった、というのも盛んに報道されていますよ...