メニュー
ゲストさん
slownet_バナー_190527
 

洗ってもなくならないフケ。間違った頭皮ケアをしているかもしれません。頭皮ケアや生活習慣を見直そう!

頭皮は身体のなかでも皮脂が多い場所。しっかりとした頭皮ケアをしなければ、ニオイやフケの原因になってしまいます。頭皮の皮脂が極端に増加するとフケが多くなり、肩にフケが積もる、なんてことも。不潔な印象を与えてしまうフケを防ぐ頭皮ケアについてご紹介します。

フケの悩みにはどんな対策が必要?

フケの悩みにはどんな対策が必要?

画像提供:imagenavi(イメージナビ

年齢を重ねると、これまではあまり気にしてこなかった体の悩みにも気がつくものです。

そのひとつが頭皮、頭髪環境。白髪や薄毛など、髪の悩みは尽きません。身だしなみのひとつとして毎日気をつけておきたい頭皮の悩みのひとつが「フケ」。
粉状の細かなフケは頭皮の乾燥が原因で、頭皮の皮脂が不足しているため発生します。頭皮や髪の毛にくっつく湿った大きなフケは反対に皮脂が多いのが原因です。

頭皮環境は人それぞれ。さまざまな原因が重なり合って、フケが発生してしまいます。
そして、どんなフケが発生するかによって必要な対策も人それぞれです。
例えばフケが大量発生するからと洗いすぎて、却ってフケを増やしてしまう場合もあります。
乾燥によるフケは洗いすぎることで発生してしまいます。そのため、洗いすぎないよう注意する必要があるのです。

また、洗いすぎないよう注意したために頭皮に皮脂が大量に残り、大きなフケが発生する場合も。
自分の頭皮環境に合わせた対策が必要となるのです。フケが大量に発生してしまう場合は皮膚科に相談するのが一番です。

しかし、なかなか皮膚科に行く時間がない、という場合は次の対策を行ってみてはいかがでしょうか?

シャンプーを変えてみる

フケの原因で最も多いのはシャンプー。
フケや皮脂をしっかりと取り除きたいからと洗浄力の強いシャンプーを使用すると、却って皮脂を落としすぎたため乾燥し、フケが発生する場合があります。

女性に比べ男性は皮脂が多いので、シャンプーも洗浄力が高めに設計されています。男性で細かなフケが出ている場合は、女性用シャンプーに切り替えてみてはいかがでしょうか?

洗髪後はしっかりと乾かす

しっかりと頭を洗い、清潔な頭皮にしても、洗いっぱなしでは意味がありません。洗いっぱなしにすると雑菌が繁殖してしまうため。
シャンプー後は清潔なタオルでしっかりと拭いたあと、ドライヤーできちんと乾かしましょう。

寝具も清潔に

寝具を変えるのが面倒だからと長期間同じ寝具を使っている場合は要注意。特に枕カバーは清潔に保つようにしましょう。
寝ている間はとても汗をかくものです。

汗によって雑菌が繁殖した枕カバーを長期間使用すると、寝るたびに頭皮に雑菌をこすりつけているのと変わりません。
せっかく頭皮環境を清潔にしたのですから、寝るときまで清潔に保てるようにしましょう。



頭皮環境はちょっとした工夫で大きく改善することが可能です。次の項で、身体の中から頭皮、頭髪環境を良くする方法についてご紹介します。

健康な髪と頭皮を維持するためには毎日のケアが大切

健康な髪と頭皮を維持するためには毎日のケアが大切

画像提供:imagenavi(イメージナビ

頭皮全体に栄養を行き渡らせ、髪や頭皮を清潔に、健康に保つためには毎日のちょっとしたケアがとても大切です。
また、それと同じくらい大切なのは栄養補給。身体のなかから改善することで、頭皮までしっかりと栄養を届けやすくなります。

さて、健康な頭髪を育てるために必要なのは良質なタンパク質(アミノ酸)です。魚や肉、豆類、野菜などに含まれるタンパク質を摂取することで、体内で一度アミノ酸に分解。
その後ケラチン(タンパク質)に再合成されます。このケラチンこそが髪の毛に最も必要な成分なのです。

髪の毛や肌の主成分はケラチンで、ケラチンのなかでも硬いケラチンが髪の毛に、柔らかいケラチンが肌を作っています。
つまり、良質なタンパク質を摂取することで、髪も、頭皮も美しい環境を作ることができるのです。

とはいえ、大切なのは「良質な」タンパク質。ただのタンパク質ではないのです。
具体的に良質なタンパク質はどのようなものから摂取できるのでしょうか?

人間の体は20種類のアミノ酸で構成されています。なかでも必須アミノ酸と呼ばれるアミノ酸は、「体内で合成することが出来ない」のです。そのため、必要な必須アミノ酸は食事から摂取するしかありません。

肉や魚、豆類、乳製品、卵といった食材は必須アミノ酸が多く含まれており、1日おおよそ100グラムをバランスよく摂取することで良質なタンパク質を摂取することができます。



タンパク質のことだけを考えるとインスタント食品や加工食品での摂取は量がわかりやすく便利に感じますよね。
しかし、これらの食品は体内での分解に時間がかかったり、分解しにくかったり、分解できなかったりするものも多いので、可能ならフレッシュな食材を入手し、自分で調理するようにすると良いでしょう。
また、髪の毛が新たな髪の毛を生み出す際に必要なミネラルは亜鉛やマグネシウムを多く含む食品から摂取するのが最適。
牡蠣や卵、納豆、レバー、ナッツ類といった食品は亜鉛やマグネシウムを多く含んでいるのがおすすめです。

そして髪を作り出す細胞の再生力を高めるためにはビタミンB群が必要。
こちらはレバーやマグロ、アサリやシジミなどに多く含まれているので、これらの食品を摂取するようにすると良いでしょう。
大切なのは髪の再生力だけを高めたいからビタミンB群だけを摂取する、というのではなく、すべてをバランスよく摂取すること。
卵やレバーはさまざまな効果で重複しているので、これらの食品を積極的に摂取すると良いでしょう。

髪の毛を元気にするということは頭皮環境を良くするということ。次の項では頭皮を直接元気にさせるおすすめグッズをご紹介します。

自宅でできる頭皮ケア!おすすめグッズをご紹介

自宅でできる頭皮ケア!おすすめグッズをご紹介

画像提供:imagenavi(イメージナビ

日頃の食事に気をつけるのはもちろんですが、頭皮そのものもしっかりとケアしてあげたいところ。そんなときにオススメなのが約要発毛促進剤です。

とくにVitabrid C12は、961%の医師が使い続けたいと回答するほど、発毛効果に優れた発毛促進剤です。
日本でもすでに200万本以上販売されているほどの人気商品です。

薬用発毛促進剤ビタブリッドCヘアーは、男女ともに少可能で、人間が本来持っている頭皮の健康サイクルに着目した商品。
身体を鍛えることと同様に、頭皮も鍛えることで健康な頭皮を手に入れることができます。
健康習慣に気をつけて、毎日頭皮ケアを行っていても、髪に元気がなくなってきたり、抜け毛が増えてきたりするもの。これは加齢が原因の場合もありますが、頭皮まできちんと栄養が行っていないことが原因の場合もあります。

髪の毛の本数は約10万本と言われており、「薄毛」と呼ばれる状態は髪の毛の成長期が短くなった状態を指します。栄養不足などから毛根が小さくなり、髪が産毛のようにか弱い状態のまま成長を終えてしまうことが、ボリューム減少の原因です。
頭皮は畑にたとえられることが多く、毛髪は4~6サイクルで成長と脱毛を繰り返しています。頭皮が元気になると、成長が早く終わってしまうようになった頭髪も元気な姿に戻るのです。

ビタブリッドC最大の特徴は栄養を頭皮に直接塗るだけ、ということ。
通常こういった商品は、塗った直後に栄養が浸透しそれでおしまいです。
しかし、ビタブリッドCは約12時間、継続的に栄養を与え続ける点がほかの商品と大きく異なります。

育毛や発毛といった頭皮環境を正常化するために食事に気をつけるのはもちろん大切です。しかし、口から摂取するよりも、直接頭皮環境を良くするほうがはるかに効果が出るのは早いのです。

国際的にも注目されているビタブリッドC
ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

毛髪サイクルで考えると使用は3ヶ月以上がオススメ。通常6,960円ですが、定期コースに申し込むことで初回1,800円になるなどかなりお得な内容です。


頭皮環境を改善すると、結果的に発毛や育毛にも繋がります。各種雑誌やテレビなどでも取り上げられるほど人気のビタブリッドC
ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

【免責事項について】
「Slownet特集記事」に掲載されている情報は可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。「Slownet」は読者様が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、責任を負いかねますので御了承ください。
「Slownet特集記事」に記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にてお願い致します。
「Slownet」からリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。「Slownet特集記事」上の情報やURLは、予告なしに変更または削除される場合があります。
その他、上記項目に含まれない事項については、当社が定める「利用規約」に準拠するものとします。

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年7月21日

健康・美容

身だしなみを整えるのは常識?暑くてだらしなくなりがちな夏の服装に清潔感を与え、良い印象を与えるには

涼しい日が続いていますが、おそらく夏本番になると例年通りうだるような暑さが続くことでしょう。そんな夏は汗だくになって、身だしなみにまでしっかりと気を回せなくなりがちです。乱れた身だ...
NEW!
2019年7月19日

健康・美容

甘いけど「ゼロカロリー・砂糖が入ってない」。「人工甘味料」がたっぷり!「人工甘味料」って一体なに?

ダイエット食品や健康食品の中で「ゼロカロリーで、砂糖不使用だけれど甘くておいしい!」と宣伝しているものを見かけませんか?ゼロカロリーだけどしっかりウマイ! のような広告、結構ありま...
NEW!
2019年7月18日

健康・美容

【目のけいれん】突然まぶたがピクピクする!スマホやパソコンを長時間見ていると発症することも!

突然、まぶたがピクピクしてしばらく続き、少し時間が経ったり、気がついたら止まった、という経験ありませんか? こうした症状のことを「眼瞼(がんけん)けいれん」と言います。 ...
NEW!
2019年7月16日

健康・美容

【夏の食欲不振】暑いから「そうめん」や「そば」ばかり食べていませんか?健康に悪いかもしれません

本格的な夏が到来すると、ついつい食欲がなくなって、そばやそうめんのような食べやすい麺類ばかり食べてしまう方も多いのではないでしょうか?しかし、夏はエネルギー消耗が大きい季節。しっか...
2019年7月15日

健康・美容

シニアの多くは野菜不足!野菜不足を解決するには「見える化」がポイント。どうやって見える化する?

みなさんは1日どれぐらい野菜や果物を摂取されていますか?日本人の多くはアメリカや中国と比べ、野菜不足だそう。それも結構深刻なほど。この深刻性を知らせ、健康意識を高めるために、日本も...
2019年7月11日

健康・美容

夏の太陽の日差しで「紫外線脱毛」になる!?強い太陽から守るのは肌だけじゃない!頭皮も守ろう!

いよいよ夏本番!強い日差しには紫外線がたっぷりと含まれているので、紫外線対策、UVケアに格別に気を付けなければいけません。強い紫外線は肌だけではなく、頭皮・髪の健康にも影響を及ぼす...