メニュー
ゲストさん
OHUFJ オートバックスペダルの見張り番Ⅱ差し替え
 

「尿失禁」に悩んでいませんか?「尿漏れ」に悩む人々。尿失禁の原因と予防策とは

日常生活のなかで、ちょっと下腹部に力が入るだけで尿漏れしてしまう、トイレのことを考えただけなのに失禁してしまう、という症状がある方はもしかすると「尿失禁」かもしれません。

尿失禁は40代以上の多くの人が現れる症状。

その原因は一体何なのでしょうか?
対策などはあるのでしょうか?

今回は尿もれや尿失禁について改めて詳しくご紹介します。

認知症で尿失禁?尿失禁の原因には種類があった!自分の尿失禁はどれに該当する?日常に影響を与える尿漏れのガイドライン

認知症で尿失禁?尿失禁の原因には種類があった!自分の尿失禁はどれに該当する?日常に影響を与える尿漏れのガイドライン

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

尿失禁とは自分の意思とは無関係に尿漏れしてしまうこと。
実際に尿もれ、尿失禁に悩んだり、日常的に尿もれパッドや大人用紙おむつなどを使用している方もいるのではないでしょうか?

尿失禁は40歳以上の女性の4割以上が経験しており、実際に悩んでいる人はもっと多いのだとか。
基本的に尿失禁は泌尿器科を受診しますが、受信する恥ずかしさから、通院せず我慢している人も多いそう。

尿失禁の状態、原因などをきちんと知っておけば対処法、治療法はあるので、まずは病院に行くのがオススメです。
まずは尿失禁にどのような種類があるのかを見ていきましょう。

尿失禁は大きく分けて4種類あります。

  • 腹圧性尿失禁
  • 切迫性尿失禁
  • 溢(いつ)流性尿失禁
  • 機能性尿失禁

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

腹圧性尿失禁とは?

重いものを持ち上げたとき、飛び跳ねたとき、咳やくしゃみなどをしたとき。
お腹に力がはいるタイミングで起こってしまう尿もれが「腹圧性尿失禁」です。

腹圧性尿失禁は女性に特に多く、週1回以上尿もれを経験している女性は500万人以上もいるのだとか。

腹圧性尿失禁の原因となるのは骨盤底筋の筋力低下。
尿道括約筋を含む、骨盤底の筋肉が緩むために発生し、加齢や出産を機に尿もれする人が多いのだとか。

重いものを持ち上げることが日常的にあったり、排便時に強くいきんだり、喘息で咳き込んだりするとは骨盤底筋を炒める原因となり、尿もれリスクが高まるそう。

こちらは骨盤底筋を鍛えることで改善されることがほとんど。
治りやすい尿失禁だと言えます。

切迫性尿失禁(UUI)とは

排尿したい! と思ったら我慢できず漏らしてしまうのが切迫性尿失禁です。

トイレの間隔が短くなったり、トイレに駆け込まなければならなくなります。
そのため、長時間の乗り物での移動などを徐々に避けるようになる人もいるそうです。

本来、脳から司令が出されることで排尿をコントロールしていますが、何らかの原因でうまくいかなくなるため、失禁してしまう場合。

原因がわかっている場合は対処しやすいですが、原因不明で膀胱が勝手に収縮し(過活動膀胱)、尿意の切迫感を招き、切迫性尿失禁をきたしてしまうことも。

原因が明らかなケースでは、男性の場合前立腺肥大、女性の場合は膀胱瘤や子宮脱といった病気が切迫性尿失禁の原因になるそう。

対処法としては医師への相談が一番。
処方薬による薬物療法に加え、生活改善を行うことでよくなるケースも多いそう。

また、膀胱が固くなり、溜められる尿の量が減少することも原因の場合があるので、膀胱に溜められる尿の量を増やす行動療法も効果的だそう。

溢(いつ)流性尿失禁とは

自分で尿を出したいのに出せない、しかし尿が少しずつ漏れ出すのが溢流性尿失禁。
溢流性尿失禁の場合、排尿障害が必ずセットになっています。

排尿障害を起こす疾患のひとつに前立腺肥大症があります。
溢流性尿失禁は男性に多く見られる症状ですが、直腸がん、子宮がんの術後などにも起こるケースがあります。

いずれにしても行動療法での改善は見込めないケースがほとんどなので、医師に相談したほうが良いでしょう。

機能性尿失禁とは

正常な排尿機能をを持っていますが、身体運動機能の低下や認知症を起因として起こってしまう失禁が「機能性尿失禁」。

歩くのが困難なためトイレに間に合わない、認知症のためトイレに行けない場合は機能性尿失禁に該当します。

これらの治療は介護や生活環境を見直すことで、起こらなくなったり、発生リスクを下げたりできます。



尿失禁と一口にいっても原因はさまざまです。
生活習慣で改善できたり、トレーニングで改善できる場合もありますが、大病を起因として発生する尿もれに対しては早めの治療が必要。
自分で判断せず、まずは病院に行くことをおすすめします。

尿失禁を放置すると腎不全を発症してしまうかも 尿失禁は手術で治る?遺伝で尿失禁になる?

尿失禁を放置すると腎不全を発症してしまうかも 尿失禁は手術で治る?遺伝で尿失禁になる?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

初めて尿失禁(尿もれ)をしたときは精神的なダメージが大きい、と経験者は口を揃えます。
しかし、ここまででご紹介してきたとおり、尿もれは大病のサインである、というケースも少なくありません。

腹圧性尿失禁であれば、骨盤底筋を鍛えることで改善が期待できます。

しかし膀胱に尿が溜まり溢れ出てしまう「溢流性尿失禁」の場合は特に注意が必要です。
膀胱に収まりきらなかった尿が腎臓に逆流すると腎臓に過度の負荷がかかり、腎不全を発症するリスクがあります。
尿もれだと軽く考えず、早めに泌尿器科を受診したほうが良いでしょう。

また、尿もれは骨盤底筋のやわらかさや遺伝も関係するとされています。

骨盤底筋の柔らかさは個人差があり、生まれつき柔らかく、柔軟な骨盤底筋を持っている人と、硬く伸びにくい骨盤底筋の人が存在します。
柔らかい人は出産の際に骨盤底筋が大きく伸びるため、お産が軽くなる傾向にあるそう。
反面、伸びてしまった骨盤底筋が戻りにくくなり、尿漏れを引き起こす現にもなるそうです。



遺伝も関係しています。
早い人だと、高校生くらいから運動時に軽度の尿失禁を抱えている人もいるそう。

これらは骨盤底筋を鍛えれば良い、という単純なものではないので、難しいところですね。

しかし、若い頃から骨盤底筋を鍛えておくことで、年齢を重ねてから、そして出産してからも尿失禁をする可能性は減るそうです。

尿失禁を緩和する生活習慣や予防体操とは

尿失禁を緩和する生活習慣や予防体操とは

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

とはいえ、シニア世代と呼ばれるような年令になってしまったらもう遅いのか? というとそうではありません。
シニア世代であっても、日々の生活に気をつけたり、トレーニングをすることで骨盤底筋を鍛えることができます。

骨盤底筋を鍛える体操はとても簡単なのでご紹介いたします。

体操は毎日40回から100回を目安に行うと良いでしょう。
どの動作もとても簡単に、短時間で行うことができるので、毎日のちょっとした時間に続けることで骨盤底筋を鍛えられますし、習慣化すると尿もれリスクを大きく下げることができます。

尿もれを防ぐ体操は、排尿を我慢するように肛門・尿道・膣などを縮めるだけ。
たったこれだけでOKです。
この動作をさまざまな姿勢・態勢で行うことで、骨盤底筋を鍛えることができます。

オススメの姿勢は以下のとおりです。

  • 仰向け
  • 四つん這い
  • 椅子に座った状態
  • 机に手を付きもたれた姿勢(建っている状態)

いずれの姿勢もリラックスした状態で行うのが最適です。
ちょっとした隙間でできるので、ぜひ試してみてください。

このほか背筋や腹筋をつけるのも効果的です。
仰向けで寝て、おしりをあげるような動作では背筋を鍛えられますし、起き上がる動作では腹筋を鍛えることができます。
日常の中に取り入れることで、習慣化し、鍛えることができるので、はじめは意識的に取り組んでみてくださいね。



尿失禁は人に言えない悩みの代表格。
しかし、放置しておくと思わぬ重篤な症状に悩まされるケースも少なくありません。
尿失禁が続いている場合は、早めに泌尿器科を受診しましょう。

【免責事項について】
「Slownet特集記事」に掲載されている情報は可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。「Slownet」は読者様が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、責任を負いかねますので御了承ください。
「Slownet特集記事」に記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にてお願い致します。
「Slownet」からリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。「Slownet特集記事」上の情報やURLは、予告なしに変更または削除される場合があります。
その他、上記項目に含まれない事項については、当社が定める「利用規約」に準拠するものとします。

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年8月26日

健康・美容

砂糖の10分の1カロリー!?糖質制限の人に特にオススメできる希少糖は「メタボ」の救世主になるのか?

最近太ってきた、コレステロールの数値が高い、また糖尿病を気にしている方には「糖質制限」食事法がお勧めです。 食べ物の多くには糖質が含まれているので、糖質の摂取をある程度控えてあげ...
NEW!
2019年8月24日

健康・美容

夏は冷たいものばかりでお腹が冷えやすくなる!夏こそお腹をポカポカにする腸活を!

夏は暑くて冷たい飲み物やそうめんやアイスをついつい食べるようになりますね。 また、夜は寝苦しいから薄着で布団も被らずに寝てしまったりするものです。 しかし、翌朝目が覚めると...
NEW!
2019年8月22日

健康・美容

【病気】突然体の震えが。あちこちが震えるその病気とは?パーキンソン病など身体が震える病気をご紹介

ある日突然身体が震えることがあるかも知れません。 寒気がして、ぶるっと震えるのではなく、小刻みな震えは病気のサイン。 首や手が震える症状は「本態性振戦」かもしれません。 ...
2019年8月19日

健康・美容

最近の冷凍弁当はハイクオリティ!配膳の手間もいらず、夫婦ふたり、ひとり暮らし世帯に特にオススメ!

子供たちが独立し、配偶者とふたり暮らしになったり、ひとり暮らしになった場合、3食を準備するのはとても面倒ですよね。 また、これまでよりも食材を効率よく使うことができなくなるので、...
2019年8月16日

健康・美容

【認知症】配偶者と離別した人は認知症リスクが高くなる!老後のお一人様の認知症予防のために何が有効?

配偶者やパートナーと死別や離別などでお別れし、一人暮らしになった場合、認知症になるリスクが高くなるとの研究結果が出ました。 認知症は誰にでも起こりうる病気ですが、生活習慣などに気...
2019年8月2日

健康・美容

あなたの体に潜む「悪玉コレステロール」。知らぬ間に心疾患のリスクを向上させることも…

悪玉コレステロールと呼ばれる「LDLコレステロール」について詳しく知っていますか? スローネットでも過去に何度かご紹介してきました。 LDLコレステロールが増加すると、動脈...