メニュー
ゲストさん
NHK学園生涯学習_02 slownet_バナー_190527
 

湿度の高い梅雨は食中毒に気をつけよう!有効な食中毒対策とは?

食中毒な主な原因は細菌です。食中毒の原因となる細菌は気温が高く、湿度が高くなる梅雨から夏場にかけて増殖が活発になルという特徴があります。
食中毒になってしまうと嘔吐や下痢、発熱といった症状を引き起こすこともあり、場合によっては死亡例もあるのです。とても怖い食中毒を予防する有効な対策はあるのでしょうか?今回は食中毒予防法について詳しく見ていきましょう。

食中毒になる主な原因は?食中毒はうつるの?感染ルートや潜伏期間、検査方法、感染した場合の投薬治療について

食中毒になる主な原因は?食中毒はうつるの?感染ルートや潜伏期間、検査方法、感染した場合の投薬治療について

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

食中毒というと「夏」に発生するもの、というイメージをお持ちの方も多いでしょう。
実際に過去の事例を見てみても、O-157やサルモネラ菌、カンピロバクター、黄色ブドウ球菌といった細菌を起因とする食中毒は夏に多く発生しています。
しかし、細菌では食中毒の発生が少なかった冬でも、ノロウイルスをはじめとするウイルス性の食中毒が発生しています。
こうしたことから、1年中食中毒対策を行うことが理想的なので、特に食中毒が発生しやすい梅雨から夏の間に食中毒対策の習慣を身につけておきましょう。

食中毒の種類

食中毒の原因は大きく分けて、「細菌性」「ウイルス性」「自然毒」「化学物質性」「寄生虫」などに分けられます。
そのなかでも多いのが「細菌」と「ウイルス」です。
両者ともなんとなく似たようなイメージがありますが、違いなどはあるのでしょうか?

細菌は糖などの栄養と水があって、条件が揃えば死んだ細菌であっても自分の力で増殖する特徴があります。
調理後の食品を食べても食中毒を起こすのが「細菌性」の食中毒の特徴です。
細菌による食中毒(感染症)の多くは、抗生物質を投与することで症状を抑えることができるので、我慢せずにすぐ病院に行きましょう。
例外もありますが、ペニシリンなどの抗生物質は細菌の細胞膜の形成を阻害し、細菌を育たなくする働きがあるので、基本的には細菌性食中毒に有効な手段です。

細菌性の食中毒は「感染型」と「毒素型」のふたつにさらに分類されます。
「感染型」は経口摂取した細菌が腸管内で増殖することで発症するか、食べ物のなかで細菌が増殖し、食べ物を食べたことで発症する食中毒のこと。
サルモネラ、カンピロバクター、腸炎ビブリオ、病原性大腸菌などがこれに分類されます。
「毒素型」は摂取した細菌が腸管内で増殖し、生み出された毒素が原因となり食中毒症状を引き起こすもの。
腸管出血性大腸菌やセレウス菌などがこれに該当します。
また、食品内で細菌が増殖し、産出された毒素が原因となるボツリヌス菌、黄色ブドウ球菌、セレウス菌なども毒素型に分類されます。

ウイルス性は名前の通り、細胞を持たずタンパク質と核酸からなる粒子のこと。
栄養豊富であっても単独では増殖できず、生物の細胞に寄生し、複製することで増殖を行います。
抗生物質は効果がなく、治療が難しいのがウイルス性の食中毒です。
予防にはワクチンが効果的。
無毒化または弱毒化したワクチンを体内に入れ、免疫力を高めることで急激な増殖を予防するというのが一般的です。



ウイルス性の食中毒は大部分がノロウイルスです。
ノロウイルスは遺伝子型がいくつもあるため、どんどん変異していくため、ノロウイルスに一度感染しても繰り返し感染し、発症してしまうやっかいないもの。
現在のところノロウイルスに有効なワクチンはないので、治療方法は対症療法となります。

食中毒はうつる?

通常食中毒は人から人にうつることはありません。
しかし、腸管出血性大腸菌O-157や赤痢菌、ノロウイルスは感染力が強いため、人から人へ感染するケースがあります。
もしも突然の腹痛、下痢、発熱といった異常がある場合は必ず医師の診察を受けましょう。

食中毒の潜伏期間

食べてからすぐに発症するのではなく、ある程度の潜伏期間を経て発症する食中毒がほとんどです。
原因菌によって潜伏期間は大きく異なるので、ここでは一例をご紹介します。

  • 腸炎ビブリオ菌 … 10時間~20時間
  • カンピロバクター … 1日~7日
  • 腸管出血性大腸菌 … 3日~9日
  • セレウス菌 … 30分~6時間
  • 黄色ブドウ球菌 … 2時間~4時間
  • ボツリヌス菌 … 4時間~36時間

感染型の場合は菌の種類によって潜伏期間に幅があります。
しかし毒素型の場合は細菌型よりも早く発症する傾向が見られます。
原因となる食べ物は存在するはずなので、忘れずに覚えておきましょう。

食中毒を予防するための方法は?アルコール消毒は有効?

食中毒を予防するための方法は?アルコール消毒は有効?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

食中毒を過程で予防するために厚生労働省は、「つけない」「増やさない」「やっつける」という3原則を提唱しています。
「つけない」は原因菌やウイルスを食べ物につけないよう、手洗いをこまめに行うこと。
肉や魚と接する機会の多い包丁、まな板といった調理器具は使用ごとに洗剤でしっかりと洗い、可能なら殺菌を行いましょう。
肉や魚のドリップ(汁)がほかの食品につかないよう注意も必要です。

「増やさない」は菌を増殖させないということ。
細菌の多くは10度以下だと増殖のペースがかなりゆっくりになり、マイナス15度以下になると停止します。
肉や魚、野菜などの生鮮食品はすぐに冷蔵庫へ。
冷蔵庫内の温度上昇を防ぐためにも、冷蔵庫に入れる際は扉の開け閉めは素早く行いましょう。

「やっつける」は菌をしっかりと死滅させること。
ほとんどの細菌やウイルスは加熱すると死滅します。
しっかりと火を通してから食べるよう心がけましょう。



手洗いもこまめに行うのがベストです。
原因菌はどこで付着するかわかりません。
だからこそ、こまめに手洗い、うがいをおこない、家庭に持ち込まないようにしましょう。
手を洗ったらしっかりと清潔なタオルなどで拭いて、アルコール消毒が有効です。
ドラッグストアなどにも売られているので、1家に1つはアルコール消毒があっても良いでしょう。

これだけしっかりと行っても感染するときはしてしまうのが食中毒。
しかし、対策を行うと感染率は下がります。
家庭でもしっかりと食中毒対策を行いましょう。

食中毒対策の決定版!梅肉エキスで食中毒に強くなる!

食中毒対策の決定版!梅肉エキスで食中毒に強くなる!

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

昔から梅干しを食べると食あたりしない、しにくいという言い伝えがありますよね。
これには科学的根拠もあって、梅干しは黄色ブドウ球菌や病原性大腸菌などの食中毒菌の増殖を抑制する働きがあります。
梅干しを食べていると食中毒になりにくいのです。

健康な胃をつくると食中毒菌が増殖しにくくなり、結果的に菌が身体に入っても食中毒にならないこともあります。
体調を崩したときは胃液の分泌も乱れ、食中毒になりやすくなります。
そんなときは梅干しを食べると、クエン酸の殺菌力で発症を予防できるのです。

梅干しを常にストックして、食べる習慣を身につけましょう。
せっかく梅干しを食べるのなら美味しい梅干しを食べたいですよね。
梅の産地でもある【紀州梅専門店 五代庵】の梅干しがオススメです。

銀座や天満天神に店を構えている五代庵は紀州の梅を使用した梅干しや梅酒を扱っています。
どの梅を使った商品も深みのある味わいで食べやすいのが特徴。
梅干しを毎日食べるのなら、美味しいものを食べたいもの。
質の高い梅干しを取り扱う五代庵の梅干しなら間違いありません。
ギフトにも対応しているので、梅干しが食中毒を予防できるという話と合わせて贈ってみてはいかがでしょうか?



食中毒は一度かかるともう二度とかかりたくない! と思うほどつらいもの。
家庭でもしっかりと予防はできるので、ぜひ試してみてくださいね。

まるでお菓子の感覚!紀州の梅をこだわりの製法で漬け熟成♪紀州梅専門店 五代庵

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年6月16日

健康・美容

カフェイン摂取量には上限があった!?1日何杯のコーヒーなら良い?日本茶はどのくらいが適量?

眠いときや元気がないとき、カフェインが含まれているコーヒー、日本茶、栄養ドリンクなどを飲むとシャキッとした気持ちになるものです。しかし、カフェインの摂取しすぎには注意が必要です。 ...
2019年6月10日

健康・美容

「尿失禁」に悩んでいませんか?意外と多い「尿漏れ」に悩む人々。尿失禁の原因と予防策とは

日常生活のなかで、ちょっと下腹部に力が入るだけで尿漏れしてしまう、トイレのことを考えただけなのに失禁してしまう、という症状がある方はもしかすると「尿失禁」かもしれません。 尿...
2019年6月7日

健康・美容

「脳」と「腸」の健康には「甘酒」がぴったり!定期的に甘酒を飲むことで得られる健康効果とは?

夏になると冷たい「甘酒」、寒い季節には温かい「甘酒」など、季節を問わず多くの人が飲んでいる「甘酒」。 この甘酒は「飲む点滴」と言われるほど、健康に良いことで近年特に注目されていま...
2019年6月5日

健康・美容

【女性はもちろん男性も】日差しに肌がさらさられる「夏」がやってくる!暑い季節を前にきちんと肌対策をしよう

沖縄も梅雨入りし、いよいよあと少しで暑い「夏」がやってきます。 動かなくてもジワッと汗が染み出すような夏は、ベタベタとして不快になったり、イヤなニオイを発したりと「不快」の一...
2019年6月3日

健康・美容

これが最強の食べ合わせ!一緒に食べると効果が倍増する食べ物の組み合わせをご紹介

昔からうなぎと梅干しを一緒に食べると良くないと言われています。 実際にこの食べ合わせを避けている人も多いのではないでしょうか? もともとは贅沢を戒めるためだったり、食中毒の予防...
2019年5月31日

健康・美容

動脈硬化にもつながるコレステロール値を下げる方法は?コレステロール値が高くなる原因やオススメの成分をご紹介

コレステロールは脂質の一種で、コレステロールが含まれる食品を摂取する場合と、体内で作られるものの2種類あります。 敵視されるコレステロールですが、私達の身体にはなくてはならな...