メニュー
ゲストさん
京都リカレントステイ
 

【骨粗鬆症】年齢とともに増加する骨粗しょう症。どんな習慣なら予防できるの?骨粗しょう症のガイドライン

年齢を重ねると仕方のないことですが、骨は弱くなっていきます。
若いときと比べると、ほんのわずかな段差でつまづき、転んだだけで簡単に太い骨が折れてしまったり、だんだん背中が丸くなったりなど、骨の健康に変化を感じる方も多くいらっしゃると思います。

骨粗しょう症は骨の量(骨量)が減って、骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気のこと。
日本には1,000万人もの患者がいると言われており、高齢化に伴い年々増加しているのだとか。

痛みはないからこそ怖い骨粗しょう症について、今回はご紹介いたします。

骨粗しょう症とはどのような症状?骨粗しょう症の原因とは

骨粗しょう症とはどのような症状?骨粗しょう症の原因とは

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

骨がもろくなって、骨折しやすくなる、という骨粗しょう症。
どのような症状なのか、ぼんやりとご存じの方も多いでしょう。

まずは骨粗しょう症について、どのような症状で、どのように進行していくのか。
そしてどのような病気なのかについて詳しくご紹介いたします。

骨粗しょう症は簡単にいうと骨の強度が低下し、骨折しやすくなる「骨の病気」のこと。
健康な人の骨はぎゅっと詰まっているのに対し、骨粗しょう症患者の骨は粗いスポンジのようにスカスカになっています。
骨粗しょう症によって骨がもろくなることで、転倒だけでなく、転びそうになって手をついただけでも骨折してしまうこともあるのです。

ガン、脳卒中、心疾患のように直接的に命を脅かす病気ではありませんが、骨折から寝たきりになって要介護状態に陥ることも少なくありません。
骨粗しょう症は痛みなどの自覚症状がないことも多いのが特徴。
定期的に骨密度検査を受けるなどして、日々骨の状態をチェックするしかないのです。

骨粗しょう症によって骨折しやすい部位は、背骨、足の付け根、手首、腕の付け根。
背骨が身体の重みで押しつぶされてしまう「圧迫骨折」は起こりやすい骨折のひとつ。
背中や腰が曲がる原因ともなり、圧迫骨折をしていても「腰痛だ」と見過ごしてしまったり、痛みを感じないこともあるなど、きちんと病気に対する知識がないと気がつけないのです。



1箇所骨折してしまうと、その分ほかの部位に負担がかかり、その部位も骨折してしまうこともあるので、早期発見・早期治療が求められます。

大腿骨付近の骨折は、歩行困難になって要介護状態に陥るリスクが非常に高いのが特徴。
大腿骨近位部骨折の85パーセントは転倒が原因となるので、骨粗しょう症予防はもちろん、転倒しないための習慣づけ(足をきちんと上げる)も重要。
転倒した際に手をつくと、手首の橈骨遠位端骨折や上腕骨近位部の骨折にもつながります。
日ごろから転倒予防もしっかりと行いましょう。

骨粗しょう症の原因とは

骨はとても硬いですよね。
そのため、一度作られ、成長期を終えてしまうと変化しないように感じます。

しかし、実際には骨も絶えず活発な新陳代謝を繰り返しているのです。
ほかの細胞と同様で、丈夫さだけでなく、しなやかさも保つためには、古い骨を壊し、新しい骨に作り替えていっているのです。
このことを骨代謝といいます。

しかし、骨のもとになるカルシウムの摂取が不足したり、老化して骨を作るためのホルモンが不足してくると、骨の創造よりも破壊のペースが上回り、結果として壊す骨の方が多くなってしまうのです。
この状態が続くと骨からカルシウムが徐々に減少していき、骨がスカスカになってしまいます。

骨には人体を支える柱としての役割とカルシウムの貯蔵庫としての役割があります。

血液中のカルシウム量は骨と比較するとごくごくわずか(人体のカルシウム量の約1パーセント)。
だからといって軽視はできなくて、血中のカルシウムは心臓や脳を正常に動かすために非常に重要なのです。
食事などで摂取するカルシウムの量が不足すると、不足分を骨から取り出してカルシウム量を一定に保とうとする働きが起こります。
常にカルシウム不足な人は、カルシウムを骨から取り出し続ける状態が続くので、骨量が減少し、骨粗しょう症になるのです。

どんな人が患いやすい?

年齢を重ねると誰しも骨量は減少します。
しかし、減少のスピードには差があるのです。

女性の場合、もともとの骨が細く、閉経によって骨を生成する女性ホルモンの分泌が減少することから、骨粗しょう症になる可能性が高いといえます。

このほか、「遺伝(閉経時期、痩せ型など)」「生活習慣(運動不足、アルコール・コーヒーの多飲など)」「病気(胃切除、糖尿病など)」によっても骨粗しょう症リスクは高くなります。

もちろん、避けたくても避けられない原因も存在しますが、生活習慣に関しては改善できるものがほとんど。
偏食、運動不足、アルコールの多飲、コーヒーの多飲、喫煙習慣、日光浴不足など気をつければ改善できるものもあるので、ぜひ生活を見直してみてくださいね。

骨粗しょう症の検査・治療方法とは。注射、薬などどのように行う?

骨粗しょう症の検査・治療方法とは。注射、薬などどのように行う?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

骨粗しょう症に関してはまず医師の問診、その後骨密度検査、レントゲン検査、身長測定、血液・尿検査、を行い診断を確定させます。
主に骨密度と骨折の有無によって診断され、本人が自覚していない脆弱性骨折の場合もあるので、レントゲン撮影が必要なのです。

骨粗しょう症の治療法

では、骨粗しょう症の治療はどのように行っていくのでしょうか?

骨粗しょう症の治療は骨密度の低下を抑えて、骨折を予防することです。
そのため治療の中心は薬物治療をベースに食事、運動習慣など生活習慣の改善も行います。

薬物治療については骨粗しょう症の治療薬は続々登場しています。
「骨吸収を抑制する薬」「骨の形成を促進する薬」「カルシウム製剤」の3種類の薬を症状に合わせて処方するのが一般的。
しかし、1年後には患者の5割が処方通りの服用ができていないそう。
骨粗しょう症の薬物治療は1年、2年と長い年月をかけて行われ、ようやく効果が現れます。
自覚症状がなくなったからといって、薬の服用を自己判断で中止することなく、根気強く治療を行いましょう。

また薬によって服用するタイミングなど細かく指定されているものもあります。
医師、薬剤師の注意をよく聞いて行うようにしましょう。

骨粗しょう症予防!骨の健康に良い習慣とは?

骨粗しょう症予防!骨の健康に良い習慣とは?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

以前は骨密度が低下することで骨折しやすくなる病気と考えられており、骨密度を中心の予防法が考えられてきました。

しかし、骨密度は正常にもかかわらず、骨折リスクが高い患者がいることもわかってきています。
その理由は「骨質」。
人によって骨質が違うため、一概に骨密度だけで骨粗しょう症は判断できないのです。

現在では「骨『強度』が低下し、骨折しやすくなる病気」と改められています。



予防については生活習慣の改善が一番。
特に食事と運動については見直しを行いましょう。

食事についてはカルシウムとカルシウムの吸収を助ける「ビタミンD」を多く含む食品の摂取が大切です。
カルシウムは乳製品だけでなく、大豆製品、小魚、緑黄色野菜、海藻類に多く含まれています。
これらの食品と合わせて、ビタミンDを多く含む「干し椎茸」「きくらげ」「鮭」「ブリ」なども摂取すると良いでしょう。

ただし基本的にはバランス良くが大切。
糖質、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルをバランス良く摂取するようにしましょう。

運動については強度の高すぎる運動は不向きです。
ウォーキングなど軽く息が上がる程度の運動が最適。
ぜひ毎日の習慣にしてみてくださいね。

骨粗しょう症は生活習慣を改善することで、ある程度予防可能な病気でもあります。
ぜひ食事・運動を見直してみましょう。

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年11月14日

健康・美容

目の健康を守るために大事な成分とは?「ルテイン」の積極的摂取が有効!

早いと40代から始まる老眼。 手元のものがぼやけて見えたり、複数に見えたりなど、不便が生じますよね。 また、最近ではパソコンやスマートフォンを日常的に見る人も多くなっている...
NEW!
2019年11月13日

健康・美容

足の筋肉が「ピクピク」、寝るときい「つる」。もしかすると「マグネシウム不足」かもしれません

ちょっと歩いたり、立ったりしていただけで疲れてしまったり、足の筋肉が突然ピクピク動いたり、寝るときに腕や足がつるといった症状が起きる方。 原因は「マグネシウム不足」かもしれません...
NEW!
2019年11月12日

健康・美容

【予防接種】季節の変わり目、インフルエンザに引っかかる前に予防ワクチンを!

そろそろ流行の兆しが見えるインフルエンザ。 毎年重篤な症状となり、亡くなる方が多数いる大変恐ろしい病気です。 特に気をつけたいのが免疫力の弱い子どもや高齢者。 症状が重症...
NEW!
2019年11月11日

健康・美容

【低血圧】朝目覚めが悪い、なんだかだるさを感じる。その理由「低血圧」かもしれません

朝の目覚めが悪く、なんだか起きにくかったり、頻繁にめまいがしたり、日中立ち上がった拍子にふらついたり。 こんな症状はありませんか? こうした症状にはさまざまな理由がありますが、...
2019年11月9日

健康・美容

歳をとるとおしっこが我慢できない?漏れる前に教えてくれる「排尿デバイス」が登場!

年齢を重ねると膀胱が硬くなり、尿を溜めておけなくなったり、膀胱周りの筋力が弱くなり、トイレが近くなる人が多いですよね。 この傾向は男性よりも女性が顕著で、女性の場合は加齢によって...
2019年11月6日

健康・美容

【若さUP!】肌のハリ&弾力アップ!抜け毛予防にも最適!豆乳で若さを維持しましょう!

若々しさをキープするのに重要なのは、適度な運動や適切な食事です。 例えば1日20分のウォーキング、規則正しい生活、正しい栄養を摂取するといったことが重要だと言われています。 ...