メニュー
ゲストさん
slownetV@\Љ
 

歳をとるとおしっこが我慢できない?漏れる前に教えてくれる「排尿デバイス」が登場!

年齢を重ねると膀胱が硬くなり、尿を溜めておけなくなったり、膀胱周りの筋力が弱くなり、トイレが近くなる人が多いですよね。
この傾向は男性よりも女性が顕著で、女性の場合は加齢によって尿失禁になりやすいようです。
一生おむつで生活しなければならないのかな? と不安を抱えている方も多いでしょう。

尿が膀胱ある程度溜まったときに自動的に教えてくれるデバイスが登場しました。

加齢に連れてトイレが近くなる原因は?頻尿は一日何回の排尿から?

加齢に連れてトイレが近くなる原因は?頻尿は一日何回の排尿から?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

加齢に伴ってトイレが近くなったり、尿漏れしてしまうことが増えたり、といった悩みを抱える人が多いそう。
こうした「排尿トラブル」の多くは、重大な病気ではありません。
しかし、生活の質(QOL)は大きく損なわれてしまいますよね。

血尿、糖尿といった尿は病気のサインでもあり、命に関わることもあります。
これらは注意しなければなりませんが、ただ「頻尿」だけだと病院にも行かず、「加齢だから仕方ない」と諦めている人も多いそう。

一般的に40歳を過ぎた頃から頻尿や尿漏れ(尿失禁)などの悩みを持つ人が増えるそうです。
これらは、膀胱が過敏になって急な尿意を覚える「過活動膀胱」や細菌などに感染したことを起因とする「膀胱炎」、骨盤の内部で内臓を支える「骨盤底筋のゆるみ」、また男性の場合は「前立腺肥大」も原因になります。
どれが原因であっても生活の質を大きく損なってしまうので、治療や改善ができるのであればなるべく早期に行いたいところ。

過活動膀胱に限定すると、40歳以上の日本人の12.4パーセントに見られる症状。
加齢とともにその割合は増えていき、80歳以上だと35パーセント以上の人が悩みを抱えているのだとか。
過活動膀胱の症状はがまんできないような1.尿意を感じる、2.夜間や日中の頻尿、3.排尿をがまんできず漏らしてしまうという3つの症状の内、1か2の症状があり、ほかの原因となる病気がない場合、診断されます。
過活動膀胱の症状があると、夜間頻尿で睡眠不足になったり、日中頻繁に排尿しなければならなかったりと生活の質が大きく低下してしまいます。

過活動膀胱の原因は自律神経系の機能が加齢によって衰えることだといわれています。
これは個人差が大きく、高齢になるほど発症の可能性が高くなってくるそう。
このほか、加齢とともに腎機能や筋力が低下するため、日中は腎臓に回る血液量が減り、尿量は減る傾向にありますが、安静にしている夜間に尿量が増える、というわけです。
また、動脈硬化で血流が悪くなると、日中の尿量減少が顕著になるため、排尿にまつわるトラブルを防止、予防するなら生活習慣病対策も欠かせません。

年齢を重ねるとさまざまな症状や状態が重なり合って、頻尿になってしまうというわけですね。

頻尿は一日何回の排尿を指す?

頻尿は一日何回の排尿だと定義されているのでしょうか?

そもそも頻尿は排尿回数が多い症状のことをいい、正常な排尿回数は1日7回以下といわれています。
つまり、コーヒーや緑茶といった利尿作用のあるものを飲んだりしていないのに、1日8回以上排尿している場合は頻尿だといえるでしょう。

また、1日7回以下であっても「昔よりも排尿回数が多くなった」と感じたら頻尿になるようです。

外出のときに困らない!尿が出る前にアプリでお知らせしてくれるデバイスが登場!介護には大きな助かり

外出のときに困らない!尿が出る前にアプリでお知らせしてくれるデバイスが登場!介護には大きな助かり

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

頻尿なら、まだトイレを我慢するだけで良いですが、我慢できないほどの尿意を感じ、失禁してしまう「尿失禁」は非常に困るもの。
尿漏れパットやおむつが欠かせない生活になってしまいます。
事前に尿が出ることを知らせてくれるデバイスが登場したのでご紹介します。

日本全国で200もの介護施設や病院で導入されてきた排尿予測デバイス「DFree(ディー・フリー)」。
同デバイスはトリプル・ダブリュー・ジャパンが提供しており、現在ではフランス、アメリカにも拠点を開設するほど。

このDFreeは排泄のタイミングを事前に予測し、排泄の悩みを解消するサポートをするデバイス。
「人としての尊厳を取り戻し、豊かな生活を送る」ことがテーマだそうです。

世界では5億人もの人々が排泄になんらかの悩みを抱えて生活をしているそう。
日本においても2013年、大人用おむつが赤ちゃん用おむつの売り上げを上回りました。

特に高齢者のなかには自立排泄が困難で、誰かの手を借りなければならない人が多数存在します。
障がいによってひとりでトイレを使うのが難しい、障がいを持つ子どものトイレトレーニングで悩んでいる、という人々は非常に多いのです。

DFreeはこうした人たちに光を照らすようなデバイス。
超音波センサーが膀胱の膨らみを捉え、尿がどのくらい溜まっているのかを表示。
そして排泄のタイミングを予測するという仕組みで、尿が溜まり、そろそろ排泄するというタイミングでスマートフォンアプリに通知を行ってくれるというもの。

価格は5万4,868円で、パッドは交換しながら使います。
少々価格は高く感じるかも知れませんが、今後おむつを買い続けるコストを考えるとかなり安価だといえるのではないでしょうか?

公式ホームページには過活動膀胱で悩んでいる人も、安心して外出できるようになった、というクチコミが寄せられており、気持ちの面でも楽にさせてくれる商品であることがわかります。
返品保証もあるので、悩んでいる方、なかなか改善しない方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

DFree
https://dfree.biz/

おむつは違和感があるししたくない!普段から頻尿を予防するためにできること

おむつは違和感があるししたくない!普段から頻尿を予防するためにできること

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

おむつは最後の砦と考えている方も多いでしょう。
なんとなく大人になってからおむつをすることは尊厳が失われるような気がして忌避する人が多いもの。
しかし、排尿という悩みは切実で、特に尿失禁を抱えている場合、おむつをし続けないと不安で生活できない、という方も多いでしょう。

尿失禁、頻尿、尿漏れを防ぐためにできることはあるのでしょうか?
これから寒い季節は特に尿漏れなどを起こしやすくなります。
できれば今から予防していきましょう。

膀胱の容量を増やす

まずは柔軟な膀胱を作るということ。
年齢を重ね、柔軟性を失った膀胱は尿を多く溜めておけず、必然的に頻尿になってしまいます。

軽度の尿の悩みであれば、お腹を温めれば解決することもありますが、それでも解決しない場合、以下の運動を行いましょう。

  1. 5秒間お尻の穴を締めた後、ゆっくりと緩める
  2. 1を1日合計20回行う

たったこれだけの運動ですが、毎日続けることで効果が現れるそう。
4週間で多くの人が効果を実感し、3ヶ月で症状の改善が期待できるそうです。
とても簡単に行える運動なので、ぜひ実践してみてくださいね。

尿に関する悩みはなかなか人にも言いにくく、病院にも行きにくいもの。
しかし、通院することで劇的に改善することも多いので、あまりにひどい、不安で生活が困難、という方はお近くの泌尿器科を受診するのも良いでしょう。

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2020年2月20日

健康・美容

冷えたからだをぽかぽか長く保つのに最も良い意外な飲み物は?

寒い冬は冷えた身体を温めるためについついあたたかい飲み物を口にしませんか? あたたかい日が増えてきたとはいえ、まだまだ寒い日も多いこの季節。 できるだけ長く体温を高く維持す...
NEW!
2020年2月17日

健康・美容

「人生100年時代」健康寿命を延ばすためにできること

日本人の平均寿命はどんどん延びており、2018年の日本人の平均寿命は女性が87.32歳、男性が81.25歳です。 いずれも過去最高となっており、女性は6年連続、男性は7年連続更新...
2020年2月12日

健康・美容

冬はなぜか髪の毛がすぐ抜ける?季節によって抜け毛の量は変わるのか!?薄毛対策は冬が肝心

ほかの季節より秋から冬にかけて髪の毛が抜けやすくなったと感じる方、多いのではないでしょうか? まだ完全に解明されたわけではありませんが、実際に秋冬は抜け毛が3倍に増える、というデ...
2020年2月11日

健康・美容

断食で体質が変わる?最近はやりのプチ断食は本当に効果的?

最近老若男女を問わずちょっとしたブームになっているのが「プチ断食」。 短期間断食をすることで内臓を休めることができて、体内の美容と健康を促進する、といわれています。 このプ...
2020年2月8日

健康・美容

冬は「3首」を温めることが重要!風邪予防にもつながる温めるとよい箇所とは

冬は寒いもの。 身体が冷えてしまえば、免疫力が低下し、風邪を引きやすくなってしまいます。 風邪を予防するために普段からあたたかい飲み物を飲んだり、湯船に浸かったりという対策...
2020年2月6日

健康・美容

甘いモノばかり食べたくなる冬、少しでも健康になるおすすめの「冬おやつ」は?

冬はなんだかほかの季節より甘いモノが食べたくなってついついスイーツを求めてる人も多いのではないでしょうか? 食べたいものを我慢しすぎるのも、反対に食べ過ぎるのもよくないですが...