メニュー
ゲストさん
H yVI[lbg
 

冬は「3首」を温めることが重要!風邪予防にもつながる温めるとよい箇所とは

冬は寒いもの。
身体が冷えてしまえば、免疫力が低下し、風邪を引きやすくなってしまいます。

風邪を予防するために普段からあたたかい飲み物を飲んだり、湯船に浸かったりという対策をとっている方も多いでしょう。
実はこれらの対策のほかに室内外で「3首」を温めることが重要のようです。
今回は「3首」についてご紹介いたします。

「3首」の部位は?どのようにあたためるの?

「3首」の部位は?どのようにあたためるの?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

寒さ対策を行う上で、3つの「首」をあたためるのが重要だといわれています。
3つの首とは、「首」「手首」「足首」のこと。

いずれの「首」も皮膚が薄く、太い動脈が皮膚に近いところにあるため、気温の影響が強い部位。
マフラー、手袋といったアイテムはなどはこうした部位をあたためるためのアイテムですよね。

3首が冷えてしまうと、冷たくなった血液が全身に流れてしまい、次第に身体全体が冷えてしまいます。
逆に、首をあたためることであたたかい血液を全身に送ることができるので、冷えを感じにくくなるのです。

それぞれの首について詳しく見ていきましょう。

心臓からも近くい「首」が冷えると寒さを感じやすくなるだけでなく、肩こり、首こりの原因にもなります。

特に首を通過する動脈は太いため、ここをあたためるだけで全身にあたたかい血を巡らせることができます。

また、首には寒さを感じる「冷点」が多いため、首をしっかりとあたためることは、寒さを感じにくくする、という観点でも有効な手段なのです。

寒い季節はしっかりとマフラーを着用して首回りをあたためると良いでしょう。

手首

手というと末端に相当し、よく冷えは手足の先から来たりします。

「末端冷え性」のヒトは手が冷たくなってしまいますよね。
これは寒さで血管が収縮し、血流が少なくなるためです。

ヒトの身体は、血液を送る優先順位を決めていて、内臓に血を集めようとします。
そのため、寒くなると末端である手には血液が行きにくくなるのです。

手首をあたためる対策としては、手袋の装着、アームウォーマーの装着などが有効。
これらを着用して、冷えを予防していきましょう。


足首

足つぼマッサージで身体の不調がわかる、なんてことも言われる足は「第二の心臓」と呼ばれています。
寒さ対策だけでなく、ストレッチやマッサージなどを行って足に血をしっかり巡らせておくことは重要です。

足をあたためる対策法としては靴下、レッグウォーマーがあげられます。
靴下は短いタイプよりはしっかりと足首をカバーしてくれる長いもので、できるだけ厚手のものが良いでしょう。

レッグウォーマーはふくらはぎから足にかけてあたためてくれるので、特に冷えを感じる方はぜひ着用を。

逆効果になることも

とはいえ、やりすぎて逆効果になることもあります。

代表的な例は靴下の重ね履きです。

確かに足首をあたためるのは重要ですが、靴下を重ね履きすると、靴下の圧迫で血流が阻害され、却って足の冷えが加速することも。
高齢になると筋肉量が低下し、血流が悪くなりがちなので、重ね履きは避けたいところ。

でも、どうしても重ね履きしないと寒すぎる、不安だ、というヒトは、一番下に5本指ソックスを着用するのがおすすめ。
5本指ソックスを着用すれば、足の指を自由に動かせるようになるので、血行の邪魔をしにくいそうです。
重ね履きする際も、5本指ソックスの上から柔らかい、あたたかい素材の靴下を1枚だけで充分。
これだけで足の寒さ対策はOKです。

また、首をあたためるマフラーも着用方法を誤れば効果がなくなってしまいます。

冷点すべてをカバーするためにも首全体をあたためる巻き方を心がけましょう。
マフラーを半分に折って、それを首にかけ、折り目の部分にできたわっかに端を通す、「ワンループ巻き」が手軽であたため効果が高いそうです。


このほか、寒い外にいて、顔や首が冷えると、内臓を守ろうと血液が身体の中心に集まります。
そのため、末端である手足が冷えるのです。
温度変化が大きければ大きいほど、血管は収縮しやすくなってしまうため、マフラーは外出する5分〜10分くらい前から装着しておくのがおすすめ。
そうすることで、外出しても首はあたたかいままキープすることができます。

身体をあたためる際にカイロを使用する方もいるでしょう。
カイロは手で持って手をあたためるよりも、腰やお腹に貼り付けるのがおすすめ。
臓器がたくさん集まり、太い血管が多い部分をあたためるのが効果的なので、貼り付ける際はぜひ参考にしてみてください。
カイロは直接貼ると低温やけどする恐れもあるので、必ず服の上から貼るようにしましょう。

3首温活に役立つファッションアイテムは?

3首温活に役立つファッションアイテムは?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

では、どのような服装が冬は望ましいのか見ていきましょう。

まず服全体で3首をカバーできるのが望ましいですね。
タートルネックのセーターなんかがトップスにはぴったりでしょう。
首周りもカバーしてくれますし、ぴちっとしたセーターなら、手首も守ってくれます。

足元もスニーカーなど浅い靴よりはブーツなどの深い靴がおすすめ。
足首まで靴でしっかりとカバーできるので冷えを未然に防ぐことができます。

このほか、首だけでなくお腹周りもあたためられる衣服があると良いですね。
カーディガンや腹巻きもよいでしょう。
最近ではずいぶんとカジュアルな腹巻きも登場しているので、インナーの上に腹巻きを巻いて、その上からセーターを着る、というスタイルもおすすめです。

いずれにしても、最近の衣服は昔よりも薄く、あたたかくなってきているので、さまざまな選択肢があります。
身体全体をあたためられる代表格が「ヒートテック」でしょう。

体全体をあたためることが重要!

体全体をあたためることが重要!

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

最近は発熱インナーが多数販売されています。
UNIQLOのヒートテックが代表的なアイテムでしょう。
このほか、イオンなどでも発熱インナーが販売されていますよね。

ヒートテックなどの発熱インナーは「吸湿発熱」という仕組みを用いたもの。
ヒトは何もしていなくても水分を放出しつづけています。

吸湿発熱という原理は、ヒトの細かな水分が繊維に付着し、水分の粒が繊維の間でこすれ、摩擦「熱」を発生させています。
羊毛セーターなどでも同様の現象は発生しますが、より高めたのがヒートテックなどの発熱インナー。

水分をより多く吸うことができれば、それだけ多く発熱することができます。
そこでUNIQLOはより薄く、よりあたたかい素材を東レと開発。
極細で、水分をたくさん吸える化学繊維を開発し、ほかの化学繊維を組み合わせてヒートテックは完成しました。

ただ、水分を吸うだけではいつか水があふれてしまいます。
そのためヒートテックは水分を外に逃がす仕組みも採用。
内側は暖かく、外側に水分だけを逃がす、という理想的な仕組みになっています。


とはいえ、ヒートテックは高機能発熱インナーと比較すると、水分放出には優れていません。
実際に登山メーカーなどの発熱インナーは30分ほどでカラカラに乾くほど、水分放出に優れています。
ただしお値段は5000円〜と高額ですけれどね。

もしもよりあたたかい素材を求めている、という方は登山メーカーの発熱インナーを試してみてはいかがでしょうか?
おすすめはmont-bellのジオラインというシリーズ。
薄く、軽く、すぐに乾くので毎日着られる一品です。

東京ならライトウェイトでも充分あたたかいので、ぜひ試してみてくださいね。

参考

mont-bell:ジオライン
https://webshop.montbell.jp/goods/list.php?category=71000

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2020年7月5日

健康・美容

ずっとマスクをしていると、耳の後ろが痛い!マスクの痛みを解決する方法は?

新型コロナウイルス感染症がいまだに収束せず、暑い夏なのにも関わらずマスクを着用しなければならない状況になっています。 マスクを着用して長時間外出する場合、だんだんと耳の裏が痛...
2020年6月26日

健康・美容

なかなか眠れなくなった!寝付けなくなった!もしかすると不眠症かも?不眠症を解決するためには?

最近はなかなか外出もできず、室内にいる時間が増え、夜はなかなか眠れない人も多いのではないでしょうか? いつ終わるか分からない新型コロナウイルス感染症拡大の不安でぐっすり眠れない人...
2020年6月23日

健康・美容

健康維持のために散歩を行うことは推奨されているものの、まだ不安はある…。散歩するときの注意点は?

不要不急の外出は控えることを進められている今、普段から人通り少ない道のちょっとした散歩は大丈夫といわれ、禁止はされていません。 しかし、本当に外に出て散歩をしても大丈夫なのか、心...
2020年6月19日

健康・美容

夏に向かって高くなっていく気温、そんな中でマスク着用は危ない?「マスク熱中症」を予防するためには?

まだ完全に新型コロナウイルス感染症が収束しないまま、夏を迎えました。 このままだと蒸し暑い日にも、外出のときはマスク着用をしなければならなくなりますね。 しかし、息がしづら...
2020年6月14日

健康・美容

コロナが流行る今、どうしても移動で電車やバスなど乗り物に乗らなければならないときの注意点は?

どうしても外せない用事があり、公共交通機関を使わないといけないときもあるでしょう。 しかし、さまざまなひとが利用するバスや地下鉄などを乗るのはやはり怖く感じる方も多いと思います。...
2020年6月10日

健康・美容

【コロナ太り】外出自粛で毎日の献立が悩ましい!そんなときに役立つレシピサイトをご紹介します

外出自粛で毎日3食は家で済ませざるをえない人も多いと思います。 しかし、毎日何を食べたらいいのか悩むもの。 毎日毎食自炊し続けると、次第にバリエーションが尽きてきて、毎日同じよ...