メニュー
ゲストさん
 

電気代を節約するからってエアコンをつけなかったら倒れてもっとお金かかっちゃうかも!エアコンとの付き合い方

これから本格的に暑くなる夏、扇風機やエアコンなしでは生活できないと感じる方が多いと思いのではないでしょうか?
しかし、光熱費を削減したい、エアコンの冷たい空気が苦手で最低限だけエアコンを使う方も多いのはないでしょう。

しかし、エアコンをつけずに生活して知らぬ間に熱中症になった人も多いそうです。

本日は賢いエアコンとの付き合い方についてご紹介します。

すごく暑い日、エアコンをつけなかったら室内は何度まで上がる?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

今年も暑い夏が終わりましたが、エアコンはしっかりと活用しましたか?
夜はエアコンを消して、窓を開けただけで寝てみたけれど、寝汗がひどくてまともに寝られない!という体験をした方もいるのではないでしょうか?

日本の平均気温はここ100年で約1.2度上昇しているといわれています。
最近では40度を超えた地域も珍しくありませんよね。
昔の感覚で過ごしていると、思わぬ病気になってしまうかもしれません。

夏の環境はここ50年で見ても大きく変わってきています。
ヒートアイランド現象なんかもその代表例でしょう。

だからこそ「エアコン」は現代の日本の夏に欠かせないアイテム。
連日の猛暑のなか、エアコンは日本中で頑張ってくれています。

夏の室内、エアコンを使わないと温度は何度まで上がる?

住宅の条件などによっても異なりますが、外気温34度の日、1日中エアコンをつけないと40度近くまで室温が上がるそうです。
押し入れなどはさらに気温が上がることも少なくないそうなので、エアコンは欠かせないといえるでしょう。

環境省の資料(https://www.wbgt.env.go.jp/pdf/manual/heatillness_manual_3-1.pdf)には熱中症を避けるための知識が書かれています。

これらの資料によると、熱中症は温度と湿度の組み合わせがポイントだといいます。

例えば気温28度、湿度75パーセントという状況では、熱中症は厳重警戒といえるそう。
気温37度、湿度45パーセントでは、非常に危険な状態であるといいます。

湿度が高いと、汗をかいても蒸発しにくく、体温が上がってしまいます。
熱中症対策を行うときは、気温・室温はもちろんですが、湿度にも注意したいところです。

エアコンの設定温度はどのくらい?

環境省によると、室温目安は夏28度、冬20度が推奨されています。

ここで注意したいのは「設定温度を28度または20度にする」ということではない点。
あくまで「室温」を28度または20度にするのが快適なのです。

室温が28度を超えているのにもかかわらず、設定温度を28度のままにしておくのは非常に危険。
猛暑の日なら「暑い」と感じてしまう人も多いでしょう。
エアコンやサーキュレーターを活用し、室温を28度に保つよう工夫したいところです。

【おすすめのサーキュレーター】

室温を一定温度に保つためにはエアコンの「自動運転モード」を活用するのがおすすめです。
室内の温度が設定温度にまるまでは全力で稼働し、その後は弱運転や送風機能だけに切り替え、常に室温を一定に保ってくれます。

環境省が提唱する室温28度または20度を保つためには、エアコンの「自動運転モード」がオススメです。

それでも暑さを感じることもあるでしょう。
その場合、サーキュレーターなどを活用し、空気を室内で循環させることで解消されることもあります。
暖かい空気は室内の上方に溜まるもの。
対して、冷たい空気は下方に溜まります。
これらをサーキュレーターなどで循環させると、室温が快適な温度になります。
エアコンとサーキュレーターを併用した方が電気代が安くなる、という報告もあるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

除湿または加湿も有効な対策

アフリカよりも暑いと言われる日本。
気温だけで比較すると、アフリカの方が暑いことも多いですが、実際に体感としては日本の方が暑く感じるでしょう。

その答えは「湿度」の差にあります。

乾燥していれば汗が蒸発しやすく、体温が下がりやすくなるので、涼しく感じやすくなります。
反対に、気温が底まで高くなくとも湿度が高いと暑いと感じてしまう物です。

湿度が低ければ体感温度が下がります。

もしも室温が高いと感じる場合、除湿をしてみてはいかがでしょうか?
エアコンのドライモードでも構いませんが、くしゃくしゃにシワをつけた新聞紙を室内においても除湿は可能です。
常に除湿を心がけると、温度以上に快適な室内環境を作ることが出来るでしょう。

冬は反対に加湿を心がけましょう。
きっと暖かく感じるはずです。

温度だけではなく、湿度に気を配るのが快適な環境を作るポイント。
ぜひ今後は「除湿」「加湿」をして、室内温度を最適に保ちましょう。

【おすすめの除湿器の紹介】

温度計・湿度計は必須

温度計や湿度計は室内にありますか?

もしもない場合、安いもので構いませんので、ぜひ導入してみましょう。
室温28度の場合、湿度は50パーセント以下なら快適な環境になるはずです。

温度計・湿度計があれば目安を作ることが出来るので、ぜひ導入を。

【おすすめの温度計・湿度計の紹介】

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ エアコンの1時間当たりの電気代は?

ページ: 1 2 3

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2022年6月28日

健康・美容

今年の夏はサーキュレーターで涼しく過ごそう!扇風機との違いやおすすめのサーキュレーターを紹介します。

今年も夏は蒸し暑いことを見込み、早くから冷房対策を考えている方も多いのではないでしょうか? そこで最近注目されているのがサーキュレーターです。見た目は扇風機と似ていますが、涼しい...
2022年6月21日

健康・美容

暑いから手足を出したパジャマや裸で寝るのはよくない!夏に最適な寝間着を考える

暑い日の夜、みなさんは何を着て寝ますか? 暑すぎてほぼ裸でねたり、短い半そでや半ズボンで寝る方が多いと思います。 しかし、寝る間に身体が冷えてしまい、自律神経の乱れが起きる...
2022年6月3日

健康・美容

今年の梅雨入りは早い?遅い?2022年の梅雨入り予想時期とジメジメを健康に乗り越える方法

夏が近づいてくると、梅雨が心配になりますね。 今年の梅雨入りはいつで、梅雨時期はどんな対策が有効なのか。 本日は今年の梅雨入り予想時期とジメジメな梅雨の時期を元気の乗り越え...
2022年5月31日

健康・美容

睡眠中に熱中症になることもある!熱帯夜に気を付けて欲しい睡眠熱中症の予防方法とは?

熱帯夜の夜はエアコンをつけないと、なかなか眠れない人も多いのではないでしょうか。 エアコンは眠りにつく15分ほどだけつけてあとは自動で消えるようにして寝る人も多いと思います。 ...
2022年5月27日

健康・美容

今の季節、常温で食べ物を放置すると食中毒になる可能性がある?

最近は昼も夜も暖かく、過ごしやすい季節になりました。 そこで、気を付けて欲しいことが食中毒です。 食中毒は夏だけではありません。 本日は食中毒の原因や食中毒に気をつける方...
2022年5月17日

健康・美容

あなたは朝型人間?それとも夜型人間?朝と夜で活動できる範囲は?

学生時代、朝型あるいは夜型の方が勉強に集中しやすくて今もなお、それぞれの時間帯で出せるエネルギーが違うと感じる方も多いと思います。 本日は朝型人間と夜型人間はどのように決まる...