メニュー
ゲストさん
 

1日を幸せに過ごすために、小さな変化に注目することが重要

「今日は1日ちょっと幸せだったな~」と思うことはありますか?
新型コロナウイルス感染症がまだ収束していないなか、どちらかというと気持ちが沈むと感じる場面が増えた人も多いのではないでしょうか?

しかし、ポジティブに考えることが今はより重要かもしれません。
なんでもネガティブ思考は脳の老化を早めるという研究結果もあるのだとか。

本日は生活の中で幸せポイントを探す方法についてご紹介します。

ネガティブ思考は脳が老いるかもしれない!

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

「人生100年時代」と言われるように、日本人の平均寿命(余命)は伸び続けています。

2018年の日本人の平均寿命は女性が87.32歳、男性が81.25歳です。
いずれも過去最高で、女性は6年連続、男性は7年連続更新し続けています。

こうしたデータからも分かるとおり、日本はますます長寿社会に向かっているといえますよね。
ところが、しかし健康寿命を見てみると、男性は9年ほど、女性は12年ほど寿命と差があります。

寿命とともに最近では「健康寿命」という言葉を耳にするようになりました。
健康寿命という言葉は実は比較的新しい言葉。

2000(平成12)年に世界保健機関(WHO)が健康寿命を提唱したのがはじまりで、寿命をただ延ばすのではなく、健康的な生活をどのくらいの期間送ることができるのか、ということが重要だ、という考え方に基づいています。

健康寿命は厚生労働省の「e-ヘルスネット」で以下のように定義されています。

WHOが提唱した新しい指標で、平均寿命から寝たきりや認知症など介護状態の期間を差し引いた期間。

国連の世界保健機関(WHO)は健康寿命という新しい寿命の指標を取り入れました。これまでの平均寿命はいわゆる「寝たきり」や「認知症」といった介護を要する期間を含むため、生涯の健康な時期とに大きな開きがあることが指摘されておりました。

日本ではこの寝たきりの期間が欧米各国と比べても長く6年以上にわたります。
厚生労働省の掲げる「健康日本21」でもこの「健康寿命の延伸」を目的に種々の施策がなされています。

寿命が仮に80歳だとしても、健康寿命が70歳ならば、70歳から80歳までの約10年間は健康上の問題を抱え、日常生活が制限された状態で生きていかなければならない、といえるでしょう。
上でもお伝えしましたが、正確には男性9.13歳、女性12.68歳、平均寿命と健康寿命には開きがあります。
ただ100年長生きするのではなく、健康で長生きすることがとても重要なのです。

参考

厚生労働省:平均寿命と健康寿命をみる
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/dl/chiiki-gyousei_03_02.pdf

平均寿命

ご存じの方も多いかとは思いますが、改めて平均寿命についておさらいしておきましょう。

平均寿命は生まれた0歳の子どもが何歳まで生きられるかを統計的に予測した平均「余命」のこと。
言い換えれば0歳児の平均余命だといえるのです。

そのため、2018年に発表された平均寿命は、その年に生まれた子どもの平均余命であると言えます。

2018年の平均寿命は男性81.25歳、女性87.32歳なので、2018年現在に80歳だった人の平均寿命が残り1年(男性の場合)というわけではありません。

ちなみに2018年に80歳の人の平均余命は男性8.92歳、女性11.82歳だとされています。
つまり、男性は88.92歳、女性は91.82歳まで統計的には生きられる計算になります。

ほかの国はどのくらいの平均寿命なのでしょうか?

WHOが2018年に発表した統計によれば、平均寿命は男女ともに日本が1位。
合わせた平均は84.2歳でした。

2位以下は次のようになっています。

  • 2位 … スイス     83.3歳
  • 3位 … スペイン    83.1歳
  • 4位 … オーストラリア 82.9歳
    … フランス    82.9歳
    … シンガポール  82.9歳
  • 7位 … カナダ     82.8歳
    … イタリア    82.8歳

このランキングはWHO加盟国、194の国と地域を対象としたもので、平均寿命の統計は2016年時点のものとなっています。
それでもこのデータを見る限り、特にヨーロッパでは高齢化がかなり進行していることが分かりますよね。

では健康寿命はどうなっているのでしょうか?

世界の平均健康寿命は63.3歳。
これは前回行われた同調査よりも長くなっているそうです。
それでは各国の平均健康寿命を見てみましょう。

  1. シンガポール … 76.2歳
  2. 日本     … 74.8歳
  3. スペイン   … 73.8歳
  4. スイス    … 73.5歳
  5. フランス   … 73.4歳
  6. キプロス   … 73.3歳
  7. カナダ    … 73.2歳
    イタリア   … 73.2歳
  8. オーストラリア… 73.0歳
    アイスランド … 73.0歳
    ノルウェー  … 73.0歳
    韓国     … 73.0歳

シンガポールは平均寿命82.9歳、平均健康寿命76.2歳とこの調査ではもっとも差の少ない国であることがわかります。
注目したいのはキプロスですね。
平均寿命ではランク外でしたが、それでも男女の平均寿命は80.7歳と長寿の国。
キプロスもシンガポールと同様に、平均寿命と平均健康寿命の差が少ない国であると言えます。

【健康寿命に関する書籍の紹介】

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ ネガティブ思考は脳が衰える?

固定ページ: 1 2 3

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2022年12月2日

健康・美容

ダイエットに、健康に。もち麦を食べよう

ご飯に混ぜて炊くだけでダイエットにつながると評判の食材「もち麦」。低糖質ダイエットに興味があるもののご飯はどうしても食べたい人や、イベントが多くてついつい食べ過ぎてしまうこの時期に...
NEW!
2022年11月27日

健康・美容

「温活」で身体ポカポカ&不調を改善!すぐに始められる冷えとり習慣

今年も「冷え」が気になる季節がやってきました。靴下を何枚履いても足が冷える、体が冷えてよく眠れない……そんなお悩みを抱える方も多いのでは。東洋医学では、体の冷えは「万病のもと」。体...
2022年11月13日

健康・美容

11月14日は世界糖尿病デー。糖尿病患者は予備軍を含めると5人に1人

日本でも11月14日を含む1週間が全国糖尿病週間とされています。糖尿病の患者数は約950万人。日本人の5人に1人が糖尿病かその予備軍です。 糖尿病とは 糖尿病は、血液中...
2022年11月4日

健康・美容

自分の足、チェックしてますか? 下肢静脈瘤の基礎知識

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)は、ふくらはぎなどの表面の血管がボコボコと浮き出る病気です。患者数は1千万人にのぼり、立ち仕事が多い人、出産経験のある女性などに多く見られます。...
2022年10月28日

健康・美容

低カロリーでヘルシー! 秋のきのこ美味事典

秋はきのこの季節。店頭に並ぶさまざまな種類のきのこを選んだり、山に分け入りきのこ狩りをする楽しみも。ヘルシー食材として親しまれているきのこを存分に味わいませんか。 きのこの基...
2022年10月23日

健康・美容

いいことずくめ!たくさん食べたい旬の柿

ことわざで「柿が赤くなると医者が青くなる」といわれるほど、体によいとされる柿。実には栄養素が豊富で、アルコールの分解を促すので二日酔い対策にも。葉は健康茶として用いられるなど、捨て...