メニュー
ゲストさん
 

寝ている途中でいつも目が覚めてしまう「中途覚醒」を避けてぐっすり眠るためには?

寝ているときにふと目が醒めてしまって二度寝もなかなかできず、困った経験を持っている人もいるのではないでしょうか?
特に夢を見てもいないし、トイレにも行きたい気分じゃなかったのに突然目が覚めてしまうことを「中途覚醒」といいます。
中途覚醒はなぜ起きるのかご紹介します。

眠りの途中で目が覚めてしまう中途覚醒の原因は?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

睡眠の悩みは20代から始まり、年齢を重ねれば重ねるほど悩んでいる人が増えていくそうです。
全国11の総合病院で新患の患者を対象に調査を行ったところ、5人に1人、つまり20パーセントの人が睡眠について何らかの悩みを抱えていることがわかりました。
20パーセントの人が悩みを抱えている、というのは少なくない数字ですよね。

睡眠障害で代表的なのが不眠症。
不眠と一言で言っても、人によって症状はさまざま。
寝付きが悪くなる(入眠障害)、熟睡できない(熟眠障害)、何度も目が覚める(中途覚醒)、早朝に目を覚ましてしまう(早期覚醒)の4つのタイプに分けられます。
この中で、日本人に多いのが入眠障害だそうで、睡眠障害を抱える人の約60パーセントが入眠障害だといいます。
また、近年では「中途覚醒」で悩んでいる人も増えてきているそうです。

もしかすると上記のような症状に当てはまる方も多いのではないでしょうか?
20歳以上の全年代において、睡眠障害は深刻な悩みとして受け止められていますが、最近特に増えているのが高齢者の不眠症だそうです。
不眠は加齢とともに増える傾向にあり、特に女性は不眠症の人が多いことが分かっています
中高年女性に限定すると50パーセントの人が睡眠の悩みを抱えている、というデータもあるほどなのだとか。

高齢者の不眠は、日中の活動量が低いことが主な原因だそうです。
現役世代よりも1日の活動量が低いため、寝られない、というわけです。

また、生活習慣病などさまざまな基礎疾患を合併し、不眠につながるともいわれています。
一般的には生活習慣病は高齢者ほど多いので、これが不眠につながると考えられているのです。

高齢者の不眠には共通点もあるそう。
それは「眠れないことへの不安や焦りが極端に強いこと」。
年齢を重ねると睡眠時間が短くなっていくのは自然なこと。
体内時計が加齢によって変化することで、血圧、体温、ホルモン分泌など睡眠を支える生体機能リズムが変化するため、睡眠時間が短くなっていきます。

だから、若いときのように眠れないことは自然なことなのです。
若い頃と同じように眠れないからと言って不安を感じる必要はありません。
不安がさらに眠りを阻害する、という悪循環を生んでいるのでぜひ、自然なことだと受け入れて安心してください。

中途覚醒の原因とは

夜中に目が覚めてしまう中途覚醒。
その理由としてもっとも大きいのが加齢だそうです。

加齢に伴って眠りが浅くなることから夜中に目が醒めやすくなるのです。
これは特に高齢者に多い症状だといいます。

このほか、心配なことがある、ストレスを抱えている、翌日に楽しみが待っているといったことがストレスになり、眠りが浅くなって夜中に目が醒めやすくなることもあるそうですよ。
また、夜アルコールを摂取する寝酒も原因に。
確かにアルコールを摂取すると寝付きをよくしてくれますが、利尿作用があるため、夜中に尿意を感じて中途覚醒を引き起こしやすくなります。
アルコールを摂取してから肝臓で代謝されるため、通常3時間~4時間程度の時間が必要です。
なので、お酒を飲んで寝てから3時間~4時間後に中途覚醒してしまうのです。
これはアルコールだけでなく、コーヒーや紅茶、緑茶などにもいえること。
夜寝る前にこれらを飲んで、中途覚醒してしまうという方は、これらを控えることからはじめてみてはいかがでしょうか?

夜中に目が醒める中途覚醒。
上記のような原因がないのにも関わらず、中途覚醒を繰り返してしまう人はもしかすると病気が原因かもしれません。

うつ病や脳変性疾患、睡眠時無呼吸症候群などは中途覚醒を引き起こしやすい病気。
これらの病気の疑いがある場合、すぐに医療機関を受診しましょう。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ 歳を取るとともに眠りが浅くなる原因は?

ページ: 1 2 3

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2021年7月25日

健康・美容

日焼け止めに書いてあるSPFの区別方法、あなたは知っている?今年は正しく日焼け止め対策をしよう!

最近、昼間は日差しが強くなってきました。 強い日差しから肌を守るために日焼け止めを塗ったりしている方も多いのではないでしょうか? 皆さんはどのような日焼け止め対策を行ってい...
NEW!
2021年7月23日

健康・美容

エアコンつけっぱなしで夏の冷え性に。「冷房病(クーラー病)」には注意を!

昼間は熱くなり、エアコンをつけ始めた家庭も増えたのではないでしょうか? しかし、温度調節や長時間のつけぱなしは「冷房病」を招くリスクがあります。 現代病とも言える「冷房病」。ど...
2021年7月20日

健康・美容

ごはんの代わりにオートミール!最近人気のオートミールとは?コロナ太りを解消!

最近は外食を控えるようになり、自宅で食事を摂る機会が増えた方も多いでしょう。 しかし、外出自粛も相まって運動不足になり、少し太り始めた…なんて人も多いようです。 日本人は元...
2021年7月18日

健康・美容

ビタミンは何時に飲むのが一番良い?サプリメントをより賢く摂取するには飲む時間が重要!

日々の健康を維持するためにサプリメントを毎日飲まれる方も多いと思います。 朝に一気に一日分を飲む人もいれば、夜にまとめて飲む人もいるなど、サプリメントを飲む時間は人によってバラバ...
2021年7月11日

健康・美容

非常用で買っておいた薬や以前病院で処方された薬、使用期限ってあるの?時間が経ったけど使っていい?

夜遅く急に風邪気味になったり、前と同じ症状が急に現れたとき、いつ買ったか、あるいはいつ病院からもらったのか分からない薬をとりあえず飲む方も多いのではないでしょうか? しかし、薬に...
2021年7月9日

健康・美容

白髪を黒髪に回復する方法がある!?白髪になる原因と対策、失敗しない染め方も

黒に染めたばかりなのにいつの間にか白髪が生えてきてがっかりする方も多いのではないでしょうか。 最近は美容室に行くのもできるだけ避けている人も多く、家でセルフ染めをする人も多いでし...