メニュー
ゲストさん
 

春は意外とメンタル的に落ち込む季節!?メンタルの落ち込みを防ぐためには?

春のうつを予防するためには?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

季節性うつ病の予防や治療に有効なのが日光を浴びること。
午前中にきちんと起床し、太陽の光を浴びるような規則正しい生活を送ることで改善します。

日光を浴びるとセロトニンが作られます。セロトニンは脳から分泌されるメラトニンの原料になります。積極的に全身で太陽の光を浴びるよう、意識した生活を心がけましょう。

メラトニンは季節のリズム、睡眠・覚醒のリズム、ホルモン分泌リズムといった体内時計を調整する作用があります。メラトニンが不足すると体内時計が調整できなくなり、身体の調子が悪くなるのです。

季節性うつ病対策に有効な3つの方法

ひとつめは運動です。ウォーキング程度の軽い運動でもいいので、身体を動かすことを習慣化すると心身ともに良い影響があります。運動を行うとドーパミンが分泌されるので、気分が落ち込んでいたり、イライラしているときなど改善されるでしょう。できれば日光の下で、軽く息が上がる程度のスピードで早歩きすると効果抜群で、活動的な気分にもなれます。毎日決まった時間に運動するという習慣を身につけるだけでも、体内時計が整いやすくなるので、ぜひ取り入れてみましょう。

ふたつめは食事。セロトニン不足は脳の働きに不調が起きてしまいます。セロトニン分泌を助ける食事を摂ることで、セロトニンを生成しやすくできるでしょう。セロトニン生成にはタンパク質、ビタミン、ミネラルが重要です。肉、魚、大豆には必須アミノ酸「トリプトファン」が含まれているので、これらを積極的に摂取しましょう。

3つ目は部屋を明るくすること。
太陽光に多く当たると症状が改善される「季節性うつ」。とはいえ、春は暖かくなり、外出しやすい環境が整っています。
できるだけ日中散歩をするよう心がけましょう。散歩は太陽の光を浴びられますし、運動にも繋がります。
新型コロナウイルス感染症が心配であまり外出したくない、という方は自宅の照明などを明るいものに切り替え、明るい場所にいられるよう工夫することも有効です。
実際に季節性うつ病の治療には「高照度光療法」が用いられることが多いので、どうしても外出が難しい方は光療法の高照度照明で太陽の下にいるような環境を自宅内に作り出しましょう。

うつ病は一度発病するとなかなか治りにくいもの。早期発見がカギとなります。症状を知っておき、すぐに気がつけるように対策しておきましょう。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

ページ: 1 2 3

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2021年5月7日

健康・美容

ゴールデンウィーク終わりは「五月病」に注意を!五月病の原因は?

みなさんはゴールデンウィークは何をして過ごしましたか? 今年は昨年のゴールデンウィークと同じく、外出は自粛し、家で過ごした人も多くいると思います。 あるいは、感染対策をしっ...
2021年4月27日

健康・美容

朝起きたら喉がすごくいたい!寝てる間知らぬうちに「いびき」しているかもしれません!

朝起きた時に喉がすごく乾燥していたり、鼻と喉がつながっているところが痛かったりしていませんか? 夜寝ている間にいびきをしている証拠かもしれません。 本日はいびきの症状を改善...
2021年4月25日

健康・美容

暖かくなってからあくびがすごく出るのはなぜ?あくびにまつわるお話

暖かくなり、つい家にいるとき、昼寝をしてしまう人も多いのではないでしょうか?なんだか体もだるくてあくびも増えたと感じる人も多いでしょう。 ときにはずっと出るあくびがやっかいに感じ...
2021年4月16日

健康・美容

何かを握る力「握力」が重要な理由は?家で簡単にできる握力トレーニングをご紹介します!

以前と比べて物を落としたり、何かを書くときに手に力が入らなくて困ると感じる方も多いのではないでしょうか。 それ、老化により握力が弱くなった証拠かもしれません。 本日は握力の...
2021年4月13日

健康・美容

【コロナ太り】春は冬にため込んでいた脂肪をさよならして軽々とした体で迎えたい人必見!意外と太らない食べ物などを・・・

昼間は春めいた暖かい天気が続いています。 これから春を楽しもうと計画されている方も少なくないと思います。 しかし、気になるのはコロナの外出自粛と冬の寒さでおうち時間で増えた体重...
2021年3月28日

健康・美容

自分に合う枕で寝ることで睡眠の質がずいぶんと変わる?

寝ようとするときになかなか眠れなかったり、寝返りがひどかったり、起きたら肩こりや頭痛がある場合は枕が自分に合わない場合があります。 枕とは睡眠においてどのような役割を担っているの...