メニュー
ゲストさん
 

朝起きたら喉がすごくいたい!寝てる間知らぬうちに「いびき」しているかもしれません!

朝起きた時に喉がすごく乾燥していたり、鼻と喉がつながっているところが痛かったりしていませんか?
夜寝ている間にいびきをしている証拠かもしれません。

本日はいびきの症状を改善する方法についてご紹介します。

自分がいびきをしているかどうか確認する方法は?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

睡眠時のことですから、自分自身がいびきをかいているかどうかはなかなかわからないもの。
セルフチェックできる方法はアルのでしょうか?

海外の報告によると、音量が50デシベル以上の場合は寝息であってもいびきだそうです。
50デシベルというとわかりにくいですが、これはささやき声での会話くらいの音量。思ったよりも小さな音でいびきだと判断されてしまいます。

自分がいびきをかいているかどうかをチェックするには、スマートフォンアプリやICレコーダーを使ってみましょう。

スマートフォンアプリなら、いびきをかいているその瞬間だけを録音してくれます。
使い方はアプリによって異なりますが、多くは枕から30センチほど離してそのまま寝るだけ。
とても簡単に録音することができます。

【いびきが録音できる睡眠アプリ】

<iphone>
いびきラボ – いびき対策アプリ (SnoreLab‪)
<Android>
いびきラボ – いびき対策アプリ (SnoreLab)

いびきの原因は?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

いびきはやかましいですが、その裏には病気リスクが潜んでいることもあります。
いびきの原因は大きくわけてふたつ。

単純性のいびきと、睡眠の際に無呼吸をともなういびきがあります。

病気の心配が少ないのは単純性のいびき。飲酒時や疲労が溜まっているとき、風邪が起因のいびきで、原因が改善したときになくなります。
気をつけなければならないのは常にいびきがあり、耳をふさぐほどの騒音の場合です。放置してしまうと徐々に症状が悪化し、日中に眠くて仕方なくなってしまったり、睡眠の際に無呼吸をともなういびきは、寿命に直結するいびきだと言えます。

いびきの途中で呼吸が止まったり(無呼吸)、低呼吸状態が睡眠時にたびたび繰り返す状態は、睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome=SAS)と呼び、呼吸が止まっている状態や、呼吸が止まりかけている状態が1時間に5回以上認められる場合は睡眠時無呼吸症候群の疑いが強いでしょう。

睡眠時無呼吸症候群の特徴は呼吸が浅くなったり、止まったりするたびに、脳が覚醒してしまうこと。
脳が覚醒するために眠りが浅くなり、起床時に頭が痛い、日中の強い眠気、取れない疲労、集中力の低下、記憶力の低下といった症状を引き起こします。



SASの原因の多くは肥満による首周りの脂肪だったり、扁桃腺肥大やアデノイド、気道に舌が落ち込む(入り込む)、舌が大きい、鼻が曲がっているといったもの。
欧米人では肥満者の多くがなりますが、日本では痩せ型の人でも患うことがあります。
日本人は欧米人と比較し顎が小さいため、骨格の影響によって引き起こしてしまうそうです。

睡眠時無呼吸症候群は重症化すると、死亡率が4倍跳ね上がると言われています。
その理由として挙げられるのが高血圧や動脈硬化。睡眠時に呼吸が止まってしまうと、血中の酸素が不足するため、動脈硬化や不整脈を引き起こしやすくなります。
動脈硬化が進行すると、心筋梗塞や脳梗塞の原因にもつながってしまうので注意が必要です。
また、新陳代謝異常を起こし、太りやすくなる傾向もあり、生活習慣病を患う可能性も上昇。

SAS患者のなかには、高血圧、心臓病、脳卒中、糖尿病などありとあらゆる病気を合併している場合も多いそうです。
このほか、無呼吸を伴わないいびきでも治療を必要とする病気が潜んでいることも。

鼻の中の仕切りが極端に曲がっている(大人であれば少し曲がっています)鼻中隔湾曲症や鼻炎、副鼻腔炎、習慣性扁桃炎等の場合は、医療機関を受診を。
治療せずに放置すると、SASの原因にもなります。病気を治療すれば多くの場合改善が期待できるので、いびきを指摘されたことがある場合はいちど耳鼻咽喉科を受診すると良いでしょう。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ いびきを改善するためには?

ページ: 1 2

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2021年5月7日

健康・美容

ゴールデンウィーク終わりは「五月病」に注意を!五月病の原因は?

みなさんはゴールデンウィークは何をして過ごしましたか? 今年は昨年のゴールデンウィークと同じく、外出は自粛し、家で過ごした人も多くいると思います。 あるいは、感染対策をしっ...
2021年4月25日

健康・美容

暖かくなってからあくびがすごく出るのはなぜ?あくびにまつわるお話

暖かくなり、つい家にいるとき、昼寝をしてしまう人も多いのではないでしょうか?なんだか体もだるくてあくびも増えたと感じる人も多いでしょう。 ときにはずっと出るあくびがやっかいに感じ...
2021年4月16日

健康・美容

何かを握る力「握力」が重要な理由は?家で簡単にできる握力トレーニングをご紹介します!

以前と比べて物を落としたり、何かを書くときに手に力が入らなくて困ると感じる方も多いのではないでしょうか。 それ、老化により握力が弱くなった証拠かもしれません。 本日は握力の...
2021年4月13日

健康・美容

【コロナ太り】春は冬にため込んでいた脂肪をさよならして軽々とした体で迎えたい人必見!意外と太らない食べ物などを・・・

昼間は春めいた暖かい天気が続いています。 これから春を楽しもうと計画されている方も少なくないと思います。 しかし、気になるのはコロナの外出自粛と冬の寒さでおうち時間で増えた体重...
2021年4月6日

健康・美容

春は意外とメンタル的に落ち込む季節!?メンタルの落ち込みを防ぐためには?

暖かい春は意外とうつになりやすい季節であること、ご存じでしたか? 4月は新生活を踏み出し人が多く、新しい環境での不安からうつになることも多いですが、春は寒の戻りなど寒暖差が大きく...
2021年3月28日

健康・美容

自分に合う枕で寝ることで睡眠の質がずいぶんと変わる?

寝ようとするときになかなか眠れなかったり、寝返りがひどかったり、起きたら肩こりや頭痛がある場合は枕が自分に合わない場合があります。 枕とは睡眠においてどのような役割を担っているの...