メニュー
ゲストさん
 

暑い夏は食中毒に要注意!最近利用頻度が増えているデリバリー料理も気を付けよう!

梅雨が明け、暑い夏は特に食べ物に特に注意する必要があります。食べ物の中に潜んでいる菌の中では暑さで増え、料理を傷めてしまいます。
家で作る料理もそうですが、デリバリーで頼む料理は配達中に傷んでしまうことも。

本日は食中毒についてご紹介します。

食中毒は1種類ではない!症状によって把握できる?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

食中毒というと「夏」に発生するものというイメージをお持ちの方も多いでしょう。実際に過去の事例を見てみても、O-157やサルモネラ菌、カンピロバクター、黄色ブドウ球菌といった細菌を起因とする食中毒は夏に多く発生しています。

しかし、最近では食中毒の発生が少なかった冬でも、ノロウイルスをはじめとするウイルス性の食中毒が発生しています。こうしたことから、1年中食中毒対策を行うことが理想的なので、特に食中毒が発生しやすい梅雨から夏の間に食中毒対策の習慣を身につけておきましょう。

食中毒の種類

食中毒の原因は大きく分けて、「細菌性」「ウイルス性」「自然毒」「化学物質性」「寄生虫」に分けられます。
このなかでも多いのが「細菌」と「ウイルス」。両者ともなんとなく似たようなイメージがありますが、違いなどはあるのでしょうか?

細菌は糖などの栄養と水があって、条件が揃えば死んだ細菌であっても自分の力で増殖するという特徴があります。具体的には調理後の食品を食べて食中毒を起こすのが「細菌性」の食中毒の特徴です。細菌による食中毒(感染症)の多くは、抗生物質を投与することで症状を抑えることができるので、我慢せずにすぐ病院に行きましょう。
例外もありますが、ペニシリンなどの抗生物質は細菌の細胞膜の形成を阻害し、細菌を育たなくする働きがあります。そのため、基本的には細菌性食中毒に有効な手段です。



細菌性の食中毒はさらに「感染型」と「毒素型」のふたつに分けられます。

「感染型」は経口摂取した細菌が腸管内で増殖することで発症するか、食べ物のなかで細菌が増殖し、食べ物を食べたことで発症する食中毒のこと。サルモネラ、カンピロバクター、腸炎ビブリオ、病原性大腸菌などがこれに分類されます。
「毒素型」は摂取した細菌が腸管内で増殖し、生み出された毒素が原因となり食中毒症状を引き起こすもの。腸管出血性大腸菌やセレウス菌などがこれに該当します。
また、食品内で細菌が増殖し、産出された毒素が原因となるボツリヌス菌、黄色ブドウ球菌、セレウス菌なども毒素型に分類されます。
一口に食中毒、しかも最近型といってもかなり多くの種類があることがわかりますよね。

「ウイルス性」はその名前の通り、細胞を持たずタンパク質と核酸からなる粒子のこと。どれだけ周りに栄養があっても、単独で増殖はできず、生物の細胞に寄生し、複製することで増殖を行います。抗生物質は効果がなく、治療が難しいのがウイルス性の食中毒。予防にはワクチンが効果的で、無毒化または弱毒化したワクチンを体内に入れ、免疫力を高めることで急激な増殖を予防するというのが一般的な対策法です。こちらに関しては食べてしまった時点で、もうどうしようもありませんよね。

ウイルス性の食中毒で代表的なのがノロウイルスで、ウイルス性食中毒の大部分がノロウイルスです。ノロウイルスは遺伝子型がいくつもあり、どんどん変異していくため、過去にノロウイルスに感染していたとしても、何度でも繰り返し感染し、発症してしまうやっかいないもの。現在のところノロウイルスに有効なワクチンはないので、治療方法は対症療法となってしまいます。

ノロウイルスというと一般的に冬季が多いイメージですが、一年中存在しています。確かに冬季にノロウイルス感染症の事例がもっとも多くなりますが、次いで多いのが夏季です。夏は暑さによって人の体力が消耗するため、身体の免疫力が低下し、感染症にかかりやすい状態になりやすいというのが原因の一つようです。さらに夏はノロウイルス対策もおろそかになりがちになるため、予防対策が不十分となり、冬を越え、生き残ったノロウイルスに感染してしまう人が多いようです。
より詳しくノロウイルスの感染経路や予防について知りたい方には下の書籍がおすすめです。

食中毒はうつる?

通常食中毒は人から人に移ることはありません。しかし、腸管出血性大腸菌O-157や赤痢菌、ノロウイルスは非常に感染力が強いため、人から人へ感染することも少なくありません。もしも突然の腹痛、下痢、発熱といった異常がある場合は必ず医師の診察を受けましょう。

食中毒の潜伏期間

食べてからすぐに発症するのではなく、ある程度の潜伏期間を経て発症する食中毒がほとんどです。
原因菌によって潜伏期間は大きく異なるので、ここでは一例をご紹介します。

・腸炎ビブリオ菌 … 10時間~20時間
・カンピロバクター … 1日~7日
・腸管出血性大腸菌 … 3日~9日
・セレウス菌 … 30分~6時間
・黄色ブドウ球菌 … 2時間~4時間
・ボツリヌス菌 … 4時間~36時間

感染型の場合は菌の種類によって潜伏期間に幅があります。しかし毒素型の場合は細菌型よりも早く発症する傾向が見られます。原因となる食べ物は存在するはずなので、忘れずに覚えておきましょう。

ノロウイルスは潜伏期間が1日〜2日ほど、症状は強烈な吐き気、嘔吐、下痢などがあり、人によっては腹痛だけでなく、頭痛、発熱、悪寒、咽頭痛、倦怠感といったものがあります。発症している人の吐瀉物や便として大量のウイルスが排出され、症状が治まった後も、便からはウイルスが排出されるため、特に注意しなければなりません。
食中毒についてより詳しく知りたい方には下の書籍もおすすめです。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ 最近利用頻度が上がっているデリバリー食品も食中毒になるリスクが!

ページ: 1 2 3

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2021年7月25日

健康・美容

日焼け止めに書いてあるSPFの区別方法、あなたは知っている?今年は正しく日焼け止め対策をしよう!

最近、昼間は日差しが強くなってきました。 強い日差しから肌を守るために日焼け止めを塗ったりしている方も多いのではないでしょうか? 皆さんはどのような日焼け止め対策を行ってい...
2021年7月23日

健康・美容

エアコンつけっぱなしで夏の冷え性に。「冷房病(クーラー病)」には注意を!

昼間は熱くなり、エアコンをつけ始めた家庭も増えたのではないでしょうか? しかし、温度調節や長時間のつけぱなしは「冷房病」を招くリスクがあります。 現代病とも言える「冷房病」。ど...
2021年7月20日

健康・美容

ごはんの代わりにオートミール!最近人気のオートミールとは?コロナ太りを解消!

最近は外食を控えるようになり、自宅で食事を摂る機会が増えた方も多いでしょう。 しかし、外出自粛も相まって運動不足になり、少し太り始めた…なんて人も多いようです。 日本人は元...
2021年7月18日

健康・美容

ビタミンは何時に飲むのが一番良い?サプリメントをより賢く摂取するには飲む時間が重要!

日々の健康を維持するためにサプリメントを毎日飲まれる方も多いと思います。 朝に一気に一日分を飲む人もいれば、夜にまとめて飲む人もいるなど、サプリメントを飲む時間は人によってバラバ...
2021年7月11日

健康・美容

非常用で買っておいた薬や以前病院で処方された薬、使用期限ってあるの?時間が経ったけど使っていい?

夜遅く急に風邪気味になったり、前と同じ症状が急に現れたとき、いつ買ったか、あるいはいつ病院からもらったのか分からない薬をとりあえず飲む方も多いのではないでしょうか? しかし、薬に...
2021年7月9日

健康・美容

白髪を黒髪に回復する方法がある!?白髪になる原因と対策、失敗しない染め方も

黒に染めたばかりなのにいつの間にか白髪が生えてきてがっかりする方も多いのではないでしょうか。 最近は美容室に行くのもできるだけ避けている人も多く、家でセルフ染めをする人も多いでし...