メニュー
ゲストさん
 

睡眠中に熱中症になることもある!熱帯夜に気を付けて欲しい睡眠熱中症の予防方法とは?

熱帯夜の夜はエアコンをつけないと、なかなか眠れない人も多いのではないでしょうか。
エアコンは眠りにつく15分ほどだけつけてあとは自動で消えるようにして寝る人も多いと思います。

気を付けたいのが睡眠中の熱中症。睡眠中の熱中症は十分に気をつけなければなりません。

本日は睡眠中の熱中症についてご紹介いたします。

朝起きたときに気持ち悪い!それ、睡眠中に熱中症になったのかも!

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

熱中症のサインはさまざまあります。まずは「この症状が出たら熱中症かもしれない」というサインをご紹介していきます。

めまいや顔のほてり

熱中症の代表的なサインのひとつが、めまいや立ちくらみ、顔がほてるなどの症状。なんでもない場面でこの症状が出たら、熱中症を疑いましょう。一時的に意識が遠のいてしまったり、腹痛などを併発する場合があります。

これらは普通の風邪のような症状ですが、熱中症の場合もあるので注意が必要です。

筋肉痛や筋肉のけいれん

いわゆる「こむら返り」と呼ばれる、手足の筋肉が釣るなどの症状が出る場合があります。筋肉がピクピクと痙攣したり、極端に筋肉が固くなる場合もあります。筋肉痛になる覚えがないのにもかかわらず筋肉痛になった場合は、熱中症を疑いましょう。

体のだるさや吐き気

なんだか体に力が入らない、ぐったりする、吐き気がある、実際に嘔吐してしまう、頭痛がするなどの症状は熱中症のサイン。見逃さずに、水分補給をして病院にいきましょう。

異常な量の汗・まったく汗をかかない

拭いても拭いても汗が止まらない、汗をまったくかかない、など汗のかきかたに以上がある場合、すでに熱中症かもしれません。

体温の急上昇、皮膚の赤み

発汗異常により、体温を下げられないため体温が急上昇したり、皮膚が赤く、乾いているといった症状は熱中症のサイン。皮膚の状況にも気を配りましょう。

真っすぐ歩けない、反応が遅れる

声をかけても反応しなかったり、返答がおかしかったりする場合は熱中症かも。また、体がガクガクとして力が入らなかったり、ひきつけを起こしたり、真っ直ぐ歩くことができない場合も熱中症かもしれません。

こうした症状が出ると、重度の熱中症が疑われます。
すぐに医療機関を受診しましょう。

水分補給ができない

自分で水分補給ができない場合はとても危険な状態が疑われます。ここまで悪化してしまった場合は、無理やり水分補給させるのではなく、すぐに医療機関を受診しましょう。

熱中症が盛んに騒がれていますが、熱中症はとてもコワイ病気。体は必ずサインを出すので、見逃さずにすぐに対応するようにしましょう。
それでは実際に熱中症になってしまった場合、どのような応急処置が必要なのでしょうか?

ここからは熱中症になったときの応急処置について、詳しく見ていきましょう。

日陰、エアコンの効いた室内など涼しい場所へ

熱中症が疑われる場合、まず大事なのは涼しい場所への移動。エアコンの効いた室内や、車のなかなどに速やかに移動しましょう。もし屋外で涼しい場所がない場合、風通しの良い場所や日陰に移動しましょう。

移動した先では安静に過ごし、無理に動いたりしないよう注意を。

体を冷やし、体温を下げる

熱中症が疑われる場合、体温が上がっている場合が多いです。そのため、熱中症かも? と疑ったら、体温を下げる応急処置が有効です。

衣服をゆるめ、体の熱を外に放出しましょう。氷枕や保冷剤で大きな血管周辺(首筋、脇、足の付根)を冷やすと、体温は下がりやすいです。

また、皮膚に直接水をかけてうちわや扇子などであおぐことでも体温は下がります。うちわなどがない場合、タオルを振るのも効果的。とにかく風を起こし、涼しく感じられるようにしましょう。

塩分・水分補給を

ポカリなどスポーツ飲料のほか、OS-1など経口補水液などで水分補給しましょう。以前はドラッグストアなどでの販売でしたが、最近ではコンビニエンスストアなどでも販売されていますよね。
水だけの補給では、塩分が不足するため、体の中が塩分不足になってしまいます。汗などで体の塩分も外に放出されてしまうので、必ず塩分をセットで摂取しましょう。

梅干しと麦茶のセットが特にオススメで、塩分とミネラルを同時に摂取できます。

おう吐の症状や意識混濁などの症状が出ている場合、無理に水分摂取をさせる必要はありません。無理に水分補給をしたことで、気道に水分が入る危険性があります。無理に飲ませることはやめましょう。

熱中症対策には水分補給と涼しい環境が必須。また、熱中症予防も同様です。正しい知識を持って、適切な水分補給をしましょう。

睡眠時にも熱中症リスクがある

日中に上記の様な症状が起こる熱中症。しかし、実際には夜間や睡眠中に発症することも少なくありません。特に高齢者ほど熱中症のリスクが高いので、十分に気をつけましょう。

夜間の室温は建物の建材だったり、部屋の向きなどの影響を大きく受けます。住宅の断熱性が高くない場合、日中の日差しでベランダや壁に熱が蓄えられ、その熱が徐々に室内に伝わることで、室温が高温になることがあります。

暑い時間にエアコンを使っていなかったり、そもそも寝室にエアコンが無い場合は、熱中症が起こりやすいのです。

また、防犯のため、窓を閉め切っている場合、風通しがないため室温が下がりにくく、熱中症の原因になります。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ 眠るときに熱中症になる原因は?

ページ: 1 2 3

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2022年6月28日

健康・美容

今年の夏はサーキュレーターで涼しく過ごそう!扇風機との違いやおすすめのサーキュレーターを紹介します。

今年も夏は蒸し暑いことを見込み、早くから冷房対策を考えている方も多いのではないでしょうか? そこで最近注目されているのがサーキュレーターです。見た目は扇風機と似ていますが、涼しい...
2022年6月21日

健康・美容

暑いから手足を出したパジャマや裸で寝るのはよくない!夏に最適な寝間着を考える

暑い日の夜、みなさんは何を着て寝ますか? 暑すぎてほぼ裸でねたり、短い半そでや半ズボンで寝る方が多いと思います。 しかし、寝る間に身体が冷えてしまい、自律神経の乱れが起きる...
2022年6月14日

健康・美容

電気代を節約するからってエアコンをつけなかったら倒れてもっとお金かかっちゃうかも!エアコンとの付き合い方

これから本格的に暑くなる夏、扇風機やエアコンなしでは生活できないと感じる方が多いと思いのではないでしょうか? しかし、光熱費を削減したい、エアコンの冷たい空気が苦手で最低限だけエ...
2022年6月3日

健康・美容

今年の梅雨入りは早い?遅い?2022年の梅雨入り予想時期とジメジメを健康に乗り越える方法

夏が近づいてくると、梅雨が心配になりますね。 今年の梅雨入りはいつで、梅雨時期はどんな対策が有効なのか。 本日は今年の梅雨入り予想時期とジメジメな梅雨の時期を元気の乗り越え...
2022年5月27日

健康・美容

今の季節、常温で食べ物を放置すると食中毒になる可能性がある?

最近は昼も夜も暖かく、過ごしやすい季節になりました。 そこで、気を付けて欲しいことが食中毒です。 食中毒は夏だけではありません。 本日は食中毒の原因や食中毒に気をつける方...
2022年5月17日

健康・美容

あなたは朝型人間?それとも夜型人間?朝と夜で活動できる範囲は?

学生時代、朝型あるいは夜型の方が勉強に集中しやすくて今もなお、それぞれの時間帯で出せるエネルギーが違うと感じる方も多いと思います。 本日は朝型人間と夜型人間はどのように決まる...