メニュー
ゲストさん
 

ぶつぶつ独り言を辞めたい!人と会う機会が減ってから独り言がひどくなる人が多い!

人と会う機会も少なく、1日中ひとりで家にいる方の中で、気がつかないうちに独り言が増えた!と感じた方もいるのではないでしょうか? 
また、人に会うときに独り言がうっかり漏れてしまい、どうするか悩み、独り言をやめたいと考えていませんか?

これだけでなく、身の回りにも独り言が多い人っていますよね。
本日は独り言について考えていきます。

独り言の原因は?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

まずは独り言の原因について見ていきましょう。

気がつくと独り言をしゃべっている。もしかすると病気かもしれない。そう考える方もいることでしょう。実際に病的に独り言が多い方もいますし、ぶつぶつと独り言が止まらない人を見ると心配にもなるものです。

そもそも独り言とはどのようなものなのでしょうか?
一説によると、一人で過ごす時間が長くなると、孤独感が起こり、次第に強くなり、考え事をする時間が増えるといいます。その際、無意識に考えていることが口をついて出るのが「独り言」です。

私たち人間は、独り言をつぶやき、自らの声を聞くことで、不安や寂しさといった心理的なストレスを解消するそうです。その結果、独り言は心身のバランスを図ろうとする無意識な行動だそうです。



さらに独り言には考えをまとめる、といった作用もあります。特にホワイトカラーのデスクワーク、エンジニアなどに独り言は多く見られるそうで、考えていることを声に出すことで頭を整理し、答えを導き出そうとするのだとか。

これらの独り言は病気ではありませんので、心配する必要はありません。同様に、テレビを見ていて思わず突っ込んでしまったり、買い物を終えた後に「あ!買い忘れがあった」程度であれば、心配する必要はありません。

しかし、突然怒り出したり、誰かと会話しているかのような独り言、急に笑い出す、といった場合は、病気が疑われるかもしれません。

独り言で疑われる病気

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

独り言が増加している場合、うつ病や統合失調症、発達障がいといった病気が疑われます。これらはいずれも、本人はなかなか自覚しにくいため、周囲の人が気がつく必要があります。いずれも精神科、心療内科、メンタルクリニックなどの受診を勧めましょう。

うつ病が疑われる場合、態度を変えず、今まで通り、変わらず接しましょう。うつ病の場合、無理に励ますと逆効果になるので、変わらない態度で接するようにしましょう。うつ病の場合、ストレスとなる原因を探り、しっかりと休むことが大切。周りのサポートの大切なので、通院し、原因や治療方法など、早期に明らかにすることが重要です。

統合失調症

統合失調症は心や考えがまとまりづらくなる病気です。気分や行動、人間関係などに影響を及ぼしてしまいます。

統合失調症は健康なときにはなかった状態が現れる陽性症状と、健康なときにあったものが失われる陰性症状があります。
典型的な陽性症状は幻覚と妄想が代表例。幻覚のなかでも、周りの人には聞こえない声が帰庫会える幻聴が多く見られるそうです。
陰性症状は意欲低下や感情表現が少なくなるといった症状が現れます。



症状の見分け方としては、独り言をつぶやきつづける、悪口・陰口をいわれているなどの被害を訴える、話がまとまらず支離滅裂になる、ひとりでいることが多いといったサインがあります。
いずれも早期治療が大切なので、専門機関への相談を促しましょう。

発症の原因はいまだわかっていませんが、統合失調症になりやすい要因をいくつかもっている人が、仕事や人間関係のストレスや環境の変化などをきっかけに、発症するのではないかと考えられています。

決して少ない病気では無く、日本の統合失調症の患者数は約80万人と言われています。世界で見てみると、生涯の内に統合失調症を発症する人は全人口の0.7パーセントもいるのだとか。これは約100人の1人の割合となります。知らないだけで、身近な人が統合失調症を患っている可能性があります。
統合失調症について詳しく知りたい方は下の書籍をご参考ください。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ 独り言をやめたいけど、なかなかやめられない理由は?

ページ: 1 2

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2022年1月18日

健康・美容

最近の美容家電がすごい!中高年にとくにオススメの美容家電をご紹介します

最近は男女、年齢にかかわらず、セルフケアを大事にする傾向が強まっています。 この傾向と合わせるように、気軽に簡単に美容ケアができる美容家電も増え続けています。 美容家電は市...
2022年1月14日

健康・美容

温湿布、冷湿布あなたはどっち派?症状に合う湿布を選ぶ方法は?

関節痛や肩こりなど、急な痛みや慢性的な痛みに湿布を愛用する人は多いのではないでしょうか? 最近の湿布はいろんな種類があり、何を選べばいいのか悩むのも珍しくないと思います。 ...
2022年1月7日

健康・美容

もうあなたも「ネット依存症」?依存症のサインとは?

みなさんは1日何時間、ネットを利用されてますか? コロナ禍になってから人と話す機会も少なくなり、一人の時間の大部分をネットで費やす人も増えたのではないでしょうか? 若い人も...
2021年12月31日

健康・美容

脳トレゲームで楽しく健康な脳を維持しよう!中高年の方々におすすめの脳トレゲームは?

最近は家にいる時間も長くなり、人と会ってお話したり、アクティブな活動をする時間も著しく減った人が多いと思います。 体力もそうですが、このような時こそ気を使わなければいけないのが「...
2021年12月17日

健康・美容

サウナが心地よい季節到来!中高年層がサウナするときに注意すべきことは?

寒くなると思いだす文化のひとつがサウナではないでしょうか? 身体が一気に温まり、汗をかくと気持ちがいいサウナ。心地よいサウナにはどのような効果があるのでしょうか? 本日はサ...
2021年12月10日

健康・美容

ナッツ類は栄養が豊富!中高年に特におすすめのナッツ類は?

冬は寒くて運動する機会も少なくなり、太ることを防止するためにおやつに悩む方も多いのではないでしょうか? ダイエットをする人たちのなかで、おすすめのおやつとして登場するのがナッ...